1. >
  2. >
  3. >
  4. 定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?

定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?

定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?のタイトル画像

百日せきの恐ろしい名前は、その症状に由来するものです。乳幼児がかかるものと思われがちですが、大人でも百日せきにかかり、赤ちゃんにうつす感染源となることがあります。百日せきの原因や症状、治療法について、まとめてみました。

百日せきの原因と症状

百日せきの原因となるのは百日せき菌。これに飛沫感染することによって、百日せきの症状が引き起こされます。
潜伏期間は7日から10日。季節を問わず、かかる可能性があります。百日せきという名前の通り、せきが長く続き、体力のない子どもはつらい思いをします。

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママから免疫をもらっていますが、百日せきの抗体は十分に持っていません。乳幼児が罹患すると、肺炎、脳症となり、重症化する場合があるので、注意が必要です。
予防接種が有効ですが、まだワクチン接種していない乳幼児、またワクチン接種の効力が薄くなっている大人も感染することがあります。

症状としては、風邪と同じような鼻水や咳から始まります。初期の段階では、風邪や副鼻腔炎と混同され、診断の難しい病気です。

従来は、1才未満乳児に多く見られましたが、年長児や大人の百日咳も増えています。

長く続くせきの期間、その経過

典型的な百日せきの特徴は、発作性けいれん性咳そうと呼ばれる独特のせきです。

こんこんと連続してせきをした後、ひゅーという音をさせながら息を吸い込みます。せきと息を吸い込む発作を繰り返し、時には嘔吐することもあります。この特徴的なせきが見られれば、百日せきとわかりやすいのですが、初期の段階ではこの咳は見られません。

定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?の画像1

百日せきにかかった時の経過は、その症状の違いから3期に分けられています。
潜伏期間を過ぎた初期「カタル期」の症状は、普通の風邪とあまりかわりません。次第に咳が強くなっていきます。

1、2週間が過ぎ、「痙咳期」となると、百日せき特有のせきが見られるようになります。夜間にせきこむことが多く、体力も消耗するので、しんどい時期です。これが2、3週間続きます。

その後「回復期」に入り、発作性けいれん性咳そうは軽くなっていきます。咳はしばらくおさまらず、2、3ヶ月ほど続きます。

治療法と注意すべき点

百日せきには、エリスロマイシンという抗生物質が有効です。初期の段階で服用を始めることができれば、病気を軽くすませることができますが、初期に百日せきの診断をすることは困難です。
また、百日せき独特のせきは、気管支の発達していない乳児では見られません。そのため、突然、チアノーゼや無呼吸となる危険性があるのです。

年長児や大人が百日せきとなった場合、軽いせきだけの症状でおさまっていくこともあります。この時、知らぬまま感染源となる可能性があるので、家族に乳児がいる環境では気をつけたいものです。

家庭では、薬の服用のほか、水分補給や室温に注意するなどの対症療法が中心となります。
乳幼児期の百日せきは四種混合ワクチンを受けることで、予防が可能です。生後3ヶ月を過ぎたら、早めに予防接種を受けましょう。

四混で予防することが最善です。現在、四混は、乳幼児期に4回接種されており、十分な免疫を獲得することができます。

定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?の画像2

体力の少ない乳幼児にとって、発作的なせきの続く百日せきはつらい病気です。

乳児では、病名を認識しないまま重症化することがあるので、適切な時期にぜひ予防接種を受けるようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 健康管理 病院 予防接種

この記事を書いた人

yumiK

2人の男の子の母。おむつはずしの日々もおねしょに悩んだことも、笑って話せる思い出になってきました!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 定期接種で予防しよう!?赤ちゃんがかかると怖い「百日せき」独特な咳とその治療法は?