1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃん育児で手の腱鞘炎!?産後に起きやすい「ドケルバン病」とは

赤ちゃん育児で手の腱鞘炎!?産後に起きやすい「ドケルバン病」とは

赤ちゃん育児で手の腱鞘炎!?産後に起きやすい「ドケルバン病」とはのタイトル画像

赤ちゃんを抱っこしたり、おむつを替えたり頭を支えながら授乳したり、産後のお母さんは手を酷使することが多くなります。そのためドケルバン病という腱鞘炎の一種になってしまうことがあります。産後に起きやすいドケルバン病の症状や予防方法、治療方法をご紹介します。

ドケルバン病の症状とは?

産後のお母さんはやることがたくさんあり、体力的にも精神的にも疲労してしまいがちです。特に、首の座っていない赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、おむつ替えや授乳とその準備、赤ちゃんの衣類の洗濯など手を使う作業をたくさんしなければなりません。そのため、ドケルバン病という腱鞘炎の一種になってしまうことがあります。

ドケルバン病は狭窄性腱鞘炎とも呼ばれ、手首や指の筋が酷使により炎症し、痛みが出る症状です。特に親指を動かしたり、広げたりすると手首の親指側の少し上の部分が痛み、腫れてきます。なぜこの部分に症状が出るのかというと、この部分に通っている2本の腱は親指の動きを支えており、ともに腱鞘というトンネルの中を通っています。手を使ってここを酷使することにより痛みや腫れが発生するからです。

結局手首は「ドケルバン病」という、腱鞘炎の一種でした(´-ι_-`) リハビリに通って欲しいけど、赤ちゃん連れだと難しいでしょうから飲み薬でさっさと治しましょうとのことでした。産前産後とか更年期はなりやすいんだってさー。

赤ちゃん育児で手の腱鞘炎!?産後に起きやすい「ドケルバン病」とはの画像1

ドケルバン病を予防するためにできること

ドケルバン病を予防するのに一番良いのは、安直に思えますが、手首を使わないようにすることです。

ですが、忙しいママにはそれは無理でしょう。極力手を酷使しないようにするためには、固定できるサポーターやテーピングを活用します。

他には、赤ちゃんを抱っこする時に気をつけるべきポイントがあります。赤ちゃんを手のひらに乗せると重さが直接親指や手首にかかってしまいますが、お尻を腕に乗せるようにして、手は赤ちゃんの体を支えるだけにすると負担がかかりにくくなります。

また、片肘をついたり、座った時に後ろ側に手を置き体を支えるような動作は避けましょう。育児や家事に疲れ、テーブルに突っ伏して寝てしまうこともあるかもしれませんが、腕をクロスして頭を乗せるのもよくありません。

その他にも、手が疲労したと思ったら手首をストレッチしたり振ったりしてほぐすのも効果が期待できます。適度に冷たい水道水で30秒ほど冷やすのもいいですよ。

ドケルバン病の治療方法

症状がひどくなってしまった時は、医師に整形外科で治療しなければなりません。

まず最初にする治療は、一般的にはステロイド注射です。ただ、授乳中のお母さんには母乳への影響が心配されます。この点については医師の意見が分かれており、母乳へのステロイドの移行は微量なので心配はないとする医師も、念には念をということで授乳中の母親にはステロイド注射はしないという医師もいます。

最終手段としては腱鞘を切開する手術を行います。手術後は回復するまで、手を使えなくなり日常生活に支障が出てしまいます。ひどくなる前に医師に相談するのが良いでしょう。

整形外科へ行った。ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)だった(ーー;)治療方は①安静で刺激を与えない(湿布or固定)②ステロイド注射③手術。

ドケルバン病一度なってしまうと日常生活に支障をきたし、ただでさえストレスの多い乳児の世話がさらに大変になってしまいます。

ゆっくり手や手首を休めたり、ストレッチしたりして予防したいですね。

また、自分一人で全てやろうとせず、家族や周囲の人を頼ることも、予防になりうると思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ririyo

やんちゃボーイとおませガール!楽しく子育てしています。
毎日見ていても子どもの成長にびっくり!子どもの頃だからこそできる体験をさせてあげたい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃん育児で手の腱鞘炎!?産後に起きやすい「ドケルバン病」とは