1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠してから肌質が変わった!?それって妊娠中のマイナートラブルかも?肌荒れの原因と対処法

妊娠してから肌質が変わった!?それって妊娠中のマイナートラブルかも?肌荒れの原因と対処法

妊娠してから肌質が変わった!?それって妊娠中のマイナートラブルかも?肌荒れの原因と対処法のタイトル画像

妊娠中は妊娠前と比べて肌質が変わったり、敏感になったりしたりして何かとマイナートラブルを引き起こしがちです。肌荒れの原因と対処法をまとめてみたので参考にしてみてください。

妊娠すると肌質が変わる?

妊娠中は何かと体質が変わりがちです。例えばそれまで食べられていたものが急に食べられなくなったり、むくみやすくなったり、冷え性になったり。もちろんお肌に変化が現れる人も少なくありません。健康でトラブル知らずのお肌だったのに、妊娠してから敏感肌や乾燥肌、逆に脂性肌になる人もいます。

妊娠をきっかけに体の中のホルモンバランスが変わってきて、お肌の潤いや油分のバランスも変化してしまうんですね。特に肌荒れができやすい時期は妊娠初期から中期にかけて。でもそれ以降でもシミや日焼けによるトラブルも続くので、お肌の状態には気を付けなければいけません。

妊娠中は体質が変わりやすいとよく言いますが、私の場合それがお肌に顕著に表れました。
それまでお肌は弱い方ではなく、お手入れに特別気を使うこともなく生活してきましたが、妊娠初期にアレ?なんかおかしい?と思うことが出てきて、中期には湿疹や乾燥からくる痒みが体中に出るようになってしまいました。

妊娠中に起こりやすい肌荒れ

妊娠中に起こりやすい肌荒れは、お肌のカサつき、かゆみ、かぶれ、ニキビや吹き出物などができるといった症状です。どれも病気とまでは言えませんが、妊娠前には起こらなかったお肌のマイナートラブルたちですね。

また肌荒れとは言えないかもしれませんが、シミができやすくなる傾向もあります。いつも使っている化粧水がヒリヒリと刺激に感じたり、肌に合わなくなったりすることも起こります。

妊娠中の肌荒れの原因は?

妊娠中の肌荒れの原因は、体内のホルモンバランスの変化です。
妊娠すると特にプロゲステロンという黄体ホルモンが増加し、体の中にあらゆる変化を引き起こします。プロゲステロンの大きな役割に子宮を赤ちゃんのために整える働きがありますが、その影響で肌にも変化が引き起こされるのです。

プロゲステロンは生理前に増えるホルモンとして有名ですが、生理前になるとニキビが増えたり、肌のコンディションが悪くなった経験がある方も多いのではないでしょうか?それは、体の中のホルモンバランスが乱れて、肌の代謝や水分と油分のバランスが崩れたりと言った悪影響が出ているためです。

また妊娠中のシミやそばかすの増加は、赤ちゃんにおっぱいの場所を知らせるためにメラニン色素を作る働きが活発になっていることが主な原因です。授乳のためなので出産まで、あるいは産後も続く肌トラブルの一つです。

妊娠中の肌荒れ対処法

妊娠中に起こった肌荒れは、多くの場合ホルモンバランスの安定と共に落ち着いていきます。しかし、出産後も肌質が変わったままの場合もありますから、肌の変化に気づいたら早めに対策を取るのが大切です。

カサカサとした乾燥や、乾燥に伴う敏感肌の場合は、第一に保湿を徹底しましょう。今まで使っていた基礎化粧品よりも一段階保湿力の高いものを使用したり、保湿アイテムをプラスしても良いですね。敏感肌に傾いた人は、低刺激性の化粧品に変えたり、妊婦向けの化粧品を利用してみたりするのも効果が期待できます。逆に脂性肌に傾いた人は、さっぱりタイプの化粧品を使用してみましょう。

変化する肌に対処していくのが基本的な方法ですが、どちらも肌に合わない場合は使用を中止して、元々使っていた化粧品にするなどの対応をしてください。

変化する肌に敏感に対応して

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状 妊娠中の生活

この記事を書いた人

hanzou

都心近郊に住む専業主婦です。特別子供好きではなかったのですが、子供を産んでから周りにいる小さい子供たちがかわいくてしょうがなくなりました。初めての育児はわかない...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠してから肌質が変わった!?それって妊娠中のマイナートラブルかも?肌荒れの原因と対処法