1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの「目やに」が気になる!大量の目やに、その原因と対処法とは?

赤ちゃんの「目やに」が気になる!大量の目やに、その原因と対処法とは?

赤ちゃんの「目やに」が気になる!大量の目やに、その原因と対処法とは?のタイトル画像

朝起きて赤ちゃんを見ると、目も開けられないほどの大量の目やにが!・・・という経験があるママも多いのではないでしょうか。気になる目やにの原因や対処法をご紹介します。たかが目やにでもあなどることなかれ。その陰に病気が潜んでいる可能性もありますよ!

赤ちゃんの目やにの原因は?

目やには、目の中に何か異物が入り込んだときに、その異物を排除するために発生します。

①目の中にゴミや花粉が入ったとき
お散歩から帰ってくると目やにが出ている場合は、車の排気ガスや花粉、ホコリなどが目の中に入ってしまったときです。また、掃除していない部屋の中で過ごしているときも、ゴミが目に入り目やにが出ます。

②風邪を引いているとき
赤ちゃんが風邪を引いているときも目やにが出やすいです。目と鼻は繋がっているので鼻水が出ていると、そこから目にウイルスが行きついてしまい、ウイルスを排除しようとして目やにが出ます。

③家族が風邪を引いているとき
ママが風邪を引いていて、赤ちゃんの近くでくしゃみをすると、ウイルスが赤ちゃんの目の中に入りこむため、目やにが増える場合もあります。

目やにが出ないような対策をする

赤ちゃんの目やには、見ていてかわいそうなものです。目やにが出ないようにするためにも、周りがきちんと対策を行うことが大切です。
例えば、家族が風邪を引いている場合はマスクをして赤ちゃんのお世話をしたり、外から帰ってきたら必ず石けんで手を洗ったり、赤ちゃんにウイルスを巻き散らかさないような対策を行いましょう。空気清浄機を使用するのも効果的です。

来客があってお客様が赤ちゃんに触れる場合は、手を洗ってもらうようにさりげなく促してください。除菌ジェルを使ってもらうのも良いでしょう。

目やにの種類と病気の関係

目やにの色や粘度から、ある程度の病気が分かります。
どんな種類の症状か?を良く見て、判断していくと良いと思います。

①黄色っぽい(緑っぽい)目やに
鼻水も同じですが、黄色や緑といった色のついた目やにはウイルスに感染している場合があります。結膜炎に感染しているかもしれませんので、早めに眼科や小児科を受診してください。

②粘度が高い目やに
目やにをとる際に、粘り気があり伸びるようなときも、ウイルスに感染している可能性があります。このような目やにが出た場合も、眼科や小児科を受診しましょう。

③白っぽい目やに
白っぽい目やには、特に問題が無い場合が多いです。目頭に多く出る傾向があり、時間がたつと粉をふいたようになるのが特徴です。

④涙と目やにがひどい
赤ちゃんが泣いてもいないのに、目が涙でうるうるしていたり、目の周りに目やにがびっしりついていたりする場合は「鼻涙管閉塞」という病気が疑われます。先天性と後天性のものがありますので、眼科できちんと調べてもらいましょう。

通常4ヶ月を過ぎると常に泣いている生活も卒業していきます。しかし、鼻涙管閉塞になると空腹やおむつ交換などが満たされているのに涙目や目やにが止まりません。

目やにの対処法

目やにはそのまま放っておかずに、細目にしたガーゼやティッシュで拭いてあげましょう。目やにが乾燥しているときは、ガーゼを水やぬるま湯で湿らせてから拭いてあげると取りやすいです。

ガーゼの面積が広くて使いにくい場合は、綿棒を使ってみてください。目頭についた取れにくい目やには、綿棒を湿らせて拭き取ると比較的簡単に取れるでしょう。
間違って赤ちゃんの目に入らないように気を付け、赤ちゃんを動かないように押さえながら行ってください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気 赤ちゃんのお世話 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

なべみ

30代主婦。1歳と3歳の2人の子育て真っ最中です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの「目やに」が気になる!大量の目やに、その原因と対処法とは?