1. >
  2. >
  3. >
  4. うちの子もしかして「でべそ…?」それって、臍(さい)ヘルニアかもしれません

うちの子もしかして「でべそ…?」それって、臍(さい)ヘルニアかもしれません

うちの子もしかして「でべそ…?」それって、臍(さい)ヘルニアかもしれませんのタイトル画像

生まれたばかりの我が子を見て、出べそが気になった方もいるのではないでしょうか。もしかすると臍ヘルニアという病気かもしれません。どのような病気かを知ることで、早めの治療が可能です。原因や症状、治療法について紹介していきます。

臍(さい)ヘルニアってどんな病気?

臍(さい)ヘルニアは、小児特有の病気です。へその緒が取れてから、へそがとび出てきてしまった状態のことです。この臍(さい)ヘルニアは、新生児5~10人に1人発症するといわれています。

見た目はでべそと似ていますが、そのしくみは異なり、でべそと違って健康保険を適用して治療することが可能です。
また、乳児期には臍ヘルニアであっても、腹筋が発達してくる1歳頃までには、ほとんどの子が自然に治癒するといわれています。1~2歳を過ぎても治らない場合や、治ったけれどヘルニアによって皮膚がゆるくなり、へそが出た状態になっている場合には、小児科を受診する必要があります。

単なる出べそというのは、へその奥からポコっと固い結合組織の固まりが出ているだけのもので、出べその大部分を占めます。

特徴としては、出べその中心を指で押しても形が変わらないことや、立った状態でも仰向けに寝た状態でも形が変わらないことです。

一方へそヘルニアというのは見た目は単なる出べそとほとんど変わらないのですが、お腹の中と交通して繋がっているのが特徴です。通常はへその下の腹筋は固く閉じていますが、へそヘルニアの人はへその下の腹筋に小さな穴が開いており(ヘルニア門といいます)、その穴からへその出っ張っている部分に腹水(お腹の中を流れている水)や腸が入り込んで膨らんでいます。

へそヘルニアの特徴としては、出べその中心を指で押さえると引っ込み、指を離すとまだ出てくることや、立った状態だと出べそで、仰向けに寝ると引っ込むといったことです。

うちの子もしかして「でべそ…?」それって、臍(さい)ヘルニアかもしれませんの画像1

臍(さい)ヘルニアの症状とは?

臍ヘルニアの主な症状は、へそのまわりの膨らみや腫れで、赤ちゃんが笑ったり泣いたり、排便しようとしたりとお腹に力を入れた時に見ることができます。そのため、リラックスした状態では見ることができません。

へその膨らみの大きさは個人差があり、直径が大きかったり、高さが高かったりと様々です。へそが飛び出している部分には腸が入っているため、触ってみると柔らかくて押すとお腹の中に押し戻すことができます。ジュクジュクした感触が特徴といえるでしょう。

生後3ヶ月くらいまでは膨らみが大きくなっていきますが、お座りやハイハイをするようになると腹筋が鍛えられ、筋肉によって臍ヘルニアが改善され、約95%の子が1歳までに自然と治るそうです。

臍(さい)ヘルニアの原因は?

臍ヘルニアの原因は、へその筋肉にあります。

赤ちゃんはお腹の中にいる時、ママの胎盤と赤ちゃんのへそがへその緒でつながっています。そのため、皮膚を通りお腹の中までへその緒が貫通しており、産まれるとすぐにへその緒は切断されてしまいます。しばらくの間は赤ちゃんのへそにへその緒がくっついていますが、その後乾燥して取れてしまいます。

へその緒がとれた後には、お腹の中でへその緒が貫通していた穴は、筋肉や皮膚によって閉じていきます。この穴が閉じないことによって、臍ヘルニアが発生するのです。穴が閉じない理由はまだはっきりと分かっていませんが、へその緒の切り方やへそのケアに問題があったわけではありません。

臍(さい)ヘルニアの治療法は?

1歳半~2歳くらいまでは、経過観察でいいといわれています。中には、綿や綿球をへそに詰めて圧迫する圧迫療法を行う施設もあります。気になるようであれば、専門機関を受診し、検討してみるとよいでしょう。

2歳を超えると、自然に治癒することはないため、手術での治療が必要となります。ヘルニアの穴を塞ぐことを目的とした手術で、へその中にのみ傷が収まる「臍内法」とへその外にまで傷が残る「臍外法」があり、「臍内法」で行う病院が多いようです。

赤ちゃんのへそがとび出ていると、心配になってしまうかもしれませんが、慌てる必要はありません。様子を観察し、必要に応じて医療機関を受診するようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気

この記事を書いた人

R&Oママ

女の子と男の子の2人のママです。
大変なことも多いけれど、子どもたちと一緒に過ごせる毎日を育休の間満喫しています♪産後のダイエットに励んでいますが、なかなか体...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. うちの子もしかして「でべそ…?」それって、臍(さい)ヘルニアかもしれません