1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?

赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?

赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?のタイトル画像

これまですくすくと育ってきた赤ちゃんに初めて熱が出ると、お母さんは慌ててしまいがちです。赤ちゃんが初めて熱を出す場合が多い病気、突発性発疹とはどのようなものなのでしょうか。その原因や症状、治療法について見ていきましょう。

突発性発疹の原因は?

赤ちゃんが生まれたばかりの頃は、お母さんからもらった免疫力が有効です。その免疫力も次第に減少していき、感染症にかかりやすくなるのが6ヶ月頃。突発性発疹にかかることが多いのも、生後6ヶ月を過ぎた時期から2歳までとされています。

原因となるのはヒトヘルペスウイルス6、またはヒトヘルペスウイルス7です。お母さんからもらった抗体が持続する期間が異なるため、ヒトヘルペスウイルス7の方が後の時期にかかると言われています。それぞれ別の時期に感染し、2度突発性発疹にかかる赤ちゃんもいます。

感染経路については、唾液を通じて口から、または気道からと考えられていますが、はっきりとはしていません。感染した場合の潜伏期間は、約10日です。

感染力はあまり強くないので、大流行することはありませんが、同じような月齢の赤ちゃんがいる保育園へ通っている場合などは注意が必要です。

赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?の画像1

突発性発疹の症状は?

乳児期に発症するのを特徴とする熱性発疹性疾患である。38度以上の発熱が3日間ほど続いた後、解熱とともに鮮紅色の斑丘疹が体幹を中心に顔面、四肢に 数日間出現する。

いつもと違う赤ちゃんの様子で、まず気がつくのが発熱です。三日熱発疹症とも呼ばれているように、突然38~39度の高熱を出し、それが3~4日間続きます。

熱がおさまる頃に発疹が現れ、お腹から全身に赤いブツブツが広がっていきます。その発疹も3日ほどで消え、これで回復に向かうことがほとんどです。

その経過を診て診断が下されることが多く、発熱の段階では、風邪などと見分けをつけて断定することは難しい病気です。発熱しても機嫌のよい赤ちゃん、また、感染しても症状が表れない赤ちゃんもいると言われています。

2歳以降に突発性発疹にかかることはほぼありません。

突発性発疹の合併症

発疹の出る頃に、胃腸炎から下痢の症状を起こす場合があります。

注意すべき点は、発熱時に熱性けいれんを合併する場合があるということ。多くは数分でおさまるもので、後遺症の心配もありません。赤ちゃんのけいれんを見ると慌てがちですが、落ち着いて時間を計っておき、小児科を受診します。

時間の長いけいれんや片側だけのけいれん、赤ちゃんの意識がないなど、様子がおかしければ、早急に医療機関に行く必要があります。また、まれではありますが、脳炎や肝炎を合併することもあります。

突発性発疹の治療は?

通常、予後良好のため、対症療法にて経過観察するのみであり、特に予防が問題となることもない。

ヒトヘルペスウィルス6、また7に直接効く治療薬はなく、症状に応じての対症療法を行います。病院を受診した場合でも、高熱が出ている段階では診断がつかないことが多いので、解熱剤を使用しながら様子を見ることになります。下痢をともなっている場合は整腸剤なども使われます。

家庭では、一般的な熱の症状と同じように、脱水症状とならないよう、水分補給をこまめにしましょう。必要に応じて熱さましのシートや濡れタオルで、おでこやワキ下を冷やします。

お風呂は控え、汗をかいていれば着替えをさせて、体温調節に気をつけます。安静にして、睡眠を十分にとっていれば、回復していくことがほとんどです。

赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 突発性発疹

この記事を書いた人

yumiK

2人の男の子の母。おむつはずしの日々もおねしょに悩んだことも、笑って話せる思い出になってきました!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんが初めて熱を出す!?突発性発疹の症状や対処法は?