1. >
  2. >
  3. >
  4. ねんね期のあそび

ねんね期のあそび

ねんね期のあそびのタイトル画像

生後1カ月たつと、ようやく授乳に慣れ、夜中のミルクのリズムもつかめてくる頃。そこから首がすわり、寝返りをする頃までがねんね期です。そんな多忙で初めてだらけのこの時期にも、簡単にできるスキンシップあそびがあります。無理なく始められるねんね赤ちゃんのあそびを紹介します。

出典:http://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/06/19/02/18/cute-371993_640.jpg

スキンシップあそびのタイミング

■お目目パッチリはご機嫌サイン

外の世界に慣れようとしている赤ちゃんは、ちょっとの刺激で泣き出すこともあります。スキンシップ遊びは赤ちゃんの機嫌のよさそうなときを狙いましょう。まだ視力も弱く、人の顔もあまり見えていない時期。優しくほっぺをつんつんとしてみると反射的に笑顔が見れることもあるかもしれません。



■お世話のついでにちょっとあそびを

おむつ替えの後や沐浴の後など、くすぐるように顔や体に息を吹きかけるあそびも、ねんね期の赤ちゃんは大好きです。初めての育児では特に疲れてしんどい時期なので、無理して遊ばなくても大丈夫。ゆったりムードでいきましょう。

ねんね期のあそびの画像1

体、手足のスキンシップあそび

■あんよのあそび

ねんねのまま、足を優しく歩かせるように曲げ伸ばしすると将来の歩行につながる運動あそびに。



■おててのあそび

手を胸の前で合わせたり開いたりするといった簡単なものも、上半身の運動あそびになります。優しくパチパチさせたりしてあげてください。



■一緒にゴロゴロ

細い手足を動かすのが怖いなという慎重派ママさんには、一緒に横に寝転がって赤ちゃんの気持ちになるのもいいですね。普段ベビーベッドを使っている人にちょっとオススメです。



だんだんふっくらしてくるねんね赤ちゃんとのスキンシップあそびはママにとっても癒しに。この時期は特別なおもちゃがなくても、ママがいればそれで充足できるもの。手を握ったり体をなでたりするスキンシップが楽しい頃です。



必ず気を付けるのは、関節に負担を掛けないよう、どの動きもゆっくりとし伸ばし過ぎたり曲げすぎたりしないことです。ねんねで遊ぶ前にはおむつも確認してください。隣に寝そべるときは、ついうとうとして腕などが赤ちゃんにぶつからないように気を付けましょう。

ねんね期のあそびの画像2

ねんね赤ちゃんに優しいマザリーズ

■高めの声がマザリーズ

赤ちゃんに語りかけるときにはちょっと高めの声が出てしまうという人も多いように、赤ちゃんは高めの声が大好き。ちょっと高めの声で語りかけるマザリーズは、とても簡単なふれあい遊びです。簡単な絵を一緒に見たり、自分の知っている好きな歌を歌ったり、自然にできる内容で大丈夫。



■マザリーズでコミュニケーションの基礎作り

赤ちゃんの発するなん語を繰り返すのも、言語習得に役立つあそびかた。ねんね期ではまだ「ウックー」など短いものが多いのですが、同じように返すことでコミュニケーションの第一歩になります。



ねんね期は色々なものを握っては数秒で落とすなど、一人ではまだうまく遊べません。赤ちゃんのためにどんな素敵なおもちゃを用意しても、お母さんの声より気軽で身近な楽しいおもちゃはないと言われます。マザリーズ、ちょっと試してみてはいかがでしょう。

お互いが無理なくゆっくりと遊べる環境がこの時期は大切。肩に力を入れずに、触れ合いが遊びと思い、お世話する中でそんな時間を見つけていければいいですね。ねんね期の赤ちゃんとの遊びは、ゆったりとして距離の近いものがオススメです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ねんね期のあそび