1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 「エコーを見る先生の表情が険しくなった」死産を迎えた、一人の天使ママの体験談

「エコーを見る先生の表情が険しくなった」死産を迎えた、一人の天使ママの体験談(2ページ目)

「エコーを見る先生の表情が険しくなった」死産を迎えた、一人の天使ママの体験談のタイトル画像

これまで、自身の看護師の目線からいろいろご紹介させていただきましたが、今回は一人の母親、天使ママとして感じたことをお伝えしたいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272005163

赤ちゃんとお別れした後、ボロボロになってしまった私

火葬が終わり、お骨と家に帰ってきた時、半分冷静に、客観的に『悲しみの受容のプロセスは・・・。』とか『きてくれてありがとう。感謝している。』とか、一通り教科書に書いてあるようなことを考えたりしました。

しかし、からっぽになったお腹と、それなのに思うように動かない身体と、どうにも追いつかない心、
我が子はもういない現実と向き合うことは、時間が経って徐々に現実だと分かってくると、そこからが大変でした。

時を同じくして、東日本大震災も起き、命が奪われることの悲痛さ、何もできない無力さ、何をしても戻ってこない存在に、どう受け止めればいいのか全く分からず、自暴自棄にもなりましたし、旦那と不仲にもなりました。

頑張ってきた仕事も、離れることになりました。

子どものいる友人とは話もしたくなくなったし、妊娠した同僚に心からのおめでとうが言いたくても言えないし、そんな自分に嫌気がさして自己嫌悪になり、本当にボロボロになりました。

「私には、何もない」

この想いだけが、私のすべてを覆い尽くしてしまいました。

悲しみの表現の仕方や感じ方は人それぞれなのですが、一番分かってくれるはずのパートナーと感情を共感できずに、すれ違っていってしまうことは、病気のこどもを持つ両親や、こどもを亡くした親御さんにはよくあることです。

決して、パパが悲しんでいないわけでは無いのですが、表現や受け止め方が違うだけで、当時は「なんで同じ親なのに」と思わずにはいられなかったのです。

私の場合は3年以上不仲が続きましたが、奇跡的に仲直りをして今も一緒にいます。

仲直りをしてからようやく、希空(そら)への思いをお互い打ち明けられるようになり、私も素直に悲しむことができるようになったのです。

赤ちゃんは、ママにメッセージを届けに来てくれた

流産・死産は、一部の経験者同士で語られることはあっても、なかなか表に出てこないので、なかなか世間に理解されません。
とはいえ、延べ人数でみると約6割の女性が経験していることでもあり、語られないだけで経験している人は決して少なくありません。

今回この話を書くことも、少し勇気が必要でした。

感じ方は人それぞれなので、どう受け止めるかは同じような経験をしていても違っていることもあります。

周りに経験された方がいらっしゃらないとしても、ほんの少し、こんなこともあるのだと知ってもらえたら。そして、思っている以上に子どものことで心を痛めている人もいるということを、少しだけでも知っておいてくれたらと思います。

お腹の中にいる命も一つの命です。

一つの命として尊重してもらいたい。

長く生きられなくても、生きて生まれてこられなくても。


そんな風に、感じてもらえたらいいなと思い書きました。

流産や死産を経験し、次のお子さんを授かり産むということも、元気に生まれてくるその時まで安心できない日々を過ごす方がほとんどです。

そして、私が知る限り、誰一人、お腹に宿った命を“なかったことにするママ”はいません。何十年経っても、旦那さんとお誕生日にお祝いしている方もいました。お骨を自分のそばに置いている方もたくさんいます。心の中で想っている人もたくさんいます。

お腹に宿したすべての命は、生きて産まれてきても、たとえ空に還ったとしても、ママへのメッセージを持ってやってくるのだと私は信じています。

私の赤ちゃんの場合は「もっと自分を大切にして」というメッセージだったのではないかと思っています。

毎日毎日、朝から晩まで仕事に明け暮れ、それはそれで楽しかったけれど、体のことも、心のことも、人生や大切な家族のことも置き去りだったのかなと思いました。

そして、私は赤ちゃんのことがあったことで、「日本中のお母さんに自分をもっと大切にしてほしい」と感じるようになり、現在のママと赤ちゃんのための産後ケアや相談の活動を始めることにしたのです。

あなたのお子さんは、どんなメッセージをあなたに届けに来たのでしょうか。

そんなことも、感じるきっかけになってもらえたらいいなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
*あかちゃん看護師❤︎みなみ*の画像
*あかちゃん看護師❤︎みなみ*

こそだてって大変!!
よりも
子育てって楽しいなぁー
あかちゃんってすごいなぁ、
かわいいなぁー
みんなでこそだてするって面白い
と思える時間が
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 「エコーを見る先生の表情が険しくなった」死産を迎えた、一人の天使ママの体験談