1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?

病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?

病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?のタイトル画像

赤ちゃんの具合が悪くなった時、どこまでだったら自宅で様子をみていていいのか、あるいはどうなったら病院へ連れて行かなければいけないのか、判断に迷う時があると思います。困った時の判断の仕方をご紹介します!

熱が高くて下がらない時は?

赤ちゃんの熱、どう判断すればいいのか?迷うこともあるかと思います。
一般的に、乳幼児の熱が出たとされる基準の体温は37.5度と言われています。

人間は午前中よりも午後、夕方から夜にかけての方が体温が高くなる傾向にありますので、そのくらいの時間に37.5度を少し超えるくらいでしたら様子を見ても大丈夫です。
例えば38.0度以上の熱が続くような場合は病院を受診しましょう。生後半年以内の、まだママの免疫が残っているような赤ちゃんの発熱の場合は、重症化しやすいのですぐに受診した方が良いでしょう。

通院の際には、平熱は何度でいつから熱が上がっているのか、そのほかにどんな症状があるのか、子どもの体調の変化をメモし、正確にお医者さんに伝えることが大切です。元気なときに同じ時間帯に熱を測っておき、平熱を知っておくことが重要です。

鼻水の色や量が気になる時

鼻水が透明でスーッと垂れるような場合は自宅で様子を見ていて大丈夫ですが、鼻水の色が緑や黄色になってきた場合は注意が必要です。この場合は何らかのウイルスに感染している場合があるからです。

緑と黄色の鼻水はウイルスと戦って、その死骸が含まれることが多いのですが、3日以上症状が続く場合は病院を受診した方が良いでしょう。鼻水を綿棒で取って検査してもらうことで、原因となるウイルスが分かりそれに合わせて薬を処方してもらえます。

ひどい鼻水や鼻づまりはRSウイルスの場合もあります。鼻づまりのせいで、おっぱいが飲めなかったり、吐いてしまったりすると、脱水症状に陥りやすくなりますので、早めに受診してください。RSウイルスは生後6ヶ月以内の赤ちゃんは重症化しやすく、入院となるケースもありますので判断が遅れないようにしなければいけません。

赤ちゃんや小さい子どもは自分で鼻水をかむことができないので、そのままにしておくと中耳炎を引き起こす可能性もあります。心配なときは小児科ではなく耳鼻科へ連れて行き、耳の様子を見てもらったり、鼻水を吸ってもらうと安心です。

病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?の画像1

便やおしっこの様子がいつもと違う時

下痢の症状が3日以上続いたり、便の色が白い、赤い、黒い場合や、便秘の症状が何日も続く場合は病院へ連れて行きましょう。特に便の色はロタウイルスに感染している場合や、腸からの出血の場合もあるため、迅速な行動が必要です。

おしっこの回数にも注意が必要です。いつもより明らかに回数や量が減り、ぐったりしている場合は脱水症状が起きているかもしれません。毎回のオムツ交換で、赤ちゃんのお腹の状態をきちんと確かめましょう!

その他の気をつける症状は?

何かを誤飲してしまった場合や、高いところから転落してしまった場合は大事をとって病院へ連れて行ったほうが賢明です。また、いつもとは明らかに様子の異なる激しいぐずりの場合なども病院を受診しましょう。

赤ちゃんの時期は気持ち悪さを言葉で伝えることができないので、それがぐずりとなって現れるからです。意識がないなどの場合は救急車を呼んだ方が良いでしょう。
病院で様子を聞かれますので、必ず子どもの様子や時間をメモしておくようにしてください。

病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 風邪・発熱 病院

この記事を書いた人

なべみ

30代主婦。1歳と3歳の2人の子育て真っ最中です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 病院に連れてく?家で見るべき?乳幼児を病院に連れて行く時の判断基準とは?