1. >
  2. >
  3. >
  4. 「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~のタイトル画像

認知症の父との一日をどうすごすか?頭では分かっているのに、ついイライラしてしまう…そんな時、小さな協力者がいたことを忘れていました。

認知症の父とどう過ごしていくか

父は母と暮らしているのですが、母が出かける時は私も父の様子を見に行きます。
また、基本的には子どもを連れて、毎週会いに行っています。

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像1

毎週会っているものの、相変わらず、「初めまして」になる父。

でも、私の父に変わりありませんし、
チキやツキにとっても大事なじぃじには変わりありませんので。

父に合わせて「話」を進めます。

しかし…

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像2

なにかと「探し物」をする父。

もちろん、探し物がある場所を教えてあげれば、それで解決します。

ところが、数分後…

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像3
「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像4

何故か、「免許証」だけを何度も探す父。

見つけては安心して、そしてまた数分後に探し出す…

「免許証はどこだ?」
「タンスの中だよ」

これを、ずっと繰り返しているのです。

そんな父の様子を見ていると何かと気になり、そちらに注意がいってしまうと…

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像5

赤ちゃんが泣き出してしまうことも。

それに対して父は、

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像6

怒り始めるのです。

私も頭ではわかっていながら、赤ちゃんが泣いている状況と、父が怒っている状況…
そして父の「帰れ」の一言に、ついカチンと来てしまい

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像7

つい、私も父と口論となってしまいました。

もちろん、父が悪いわけではありません。

でも育児をしながらの私にとっては、あまりに自由な父を見ていると、どこか「うらやましい」「ずるい」という感情が。

そして、何度も繰り返し同じことをされると「イライラ」などの気持ちが出て、冷静ではいられなくなってしまいます…

そんな時!

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像8
「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像9
「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像10

それは、父の頭の中の混乱を、そして私の気持ちを、一気に引き戻してくれた幼い言葉でした。

お互いの大きな大きな混乱の波がスーッと静まり、
また父は、免許証を探し出しました。

その言葉はどうして出てきたの?

大人が口論をしていると、子どもはどうしても怖がってしまうものです。

私が「どうしてあの時、あの言葉を言ったの?」と息子に尋ねると

息子は…

「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~の画像11

と答えてくれました。

息子の中で、「じいじが大事なものだから」と、その時考えてくれた言葉。
ダブルケアの最中、小さな協力者を頼もしく感じた瞬間でした。

         
最後まで読んでくださりありがとうございました。
次回は「育児と介護の不安と安心」をお送りします。 

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

栗きんとん

子供の日々の生活を絵日記にして私もどうあるべきか考えながら
過ごしている漫画大好き小心者の主婦です。
2005年に産まれた息子と2010年に産まれた娘がいま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「息子の一言に救われた」認知症の父と口論していた私 ~親BAKA日記第20回~