1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?のタイトル画像

妊娠中に注意した方が良い飲食物の中で、チョコレートはそれほど有名ではないのではないでしょうか。私も妊娠中のバレンタインにようやく、そういえば、と調べた覚えがあります。どんな注意をした方が良いのか、リスクや影響のほか、妊婦ならではの意外なメリットもまとめました。

目次 妊娠中は、チョコレート摂取を控えた方がいい?
妊娠中にチョコレートを控えた方がいい理由は?
妊娠後期のチョコレート摂取は妊娠高血圧症候群の予防になる?
チョコレートを食べる妊婦さんの赤ちゃんはよく笑うって本当?
妊娠中のチョコレートは食べ過ぎに注意
まとめ

妊娠中は、チョコレート摂取を控えた方がいい?

妊娠中は、アルコールやカフェイン摂取を控えた方が良いことは有名ですよね。妊婦さんは通常、禁酒し、珈琲・紅茶・緑茶等を控え、麦茶などのカフェインレス飲料に切り替えます。
食べ物にも、生ものや高カロリーなものなど控えた方が良いとされるものがありますね。
でも、ストレスや集中力低下、お酒断ちの辛さ?などから、甘い物はつい食べたくなりがちです。


私も妊婦時代、甘い物の摂取量が急増。バレンタインが近づいたときも、例年通り、自分も食べたい物を選択基準に、夫のチョコレートを買う予定でした。そんな中何気なく見たtwitterのタイムラインに、妊婦仲間達のチョコレートを気にする発言が。カフェイン飲料や食べ物には気を付けていたのに、チョコレートにもカフェインが含まれることに、ようやく気付いたのです(遅!)。珈琲ほどではないにしろ、カフェインが含まれているものは意外と幅広く、チョコレートも注意が必要な物の一つなのです。

海外では、カフェインの警告表示を義務付けている国もあり、チョコレートもそれに含まれています。

フィンランド:妊婦、子供、カフェイン感受性の高い消費者を対象に高カフェイン含有飲料
(150mg/L超)、菓子、ガム、チョコレートバー、健康食品に警告表示を義務付けている。

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?の画像1

妊娠中にチョコレートを控えた方がいい理由は?

■カフェイン
第一に、原料となるカカオ豆にカフェインが含まれているためです。カフェインには、中枢神経の興奮作用や利尿作用、脈を早める作用など様々な働きがあります。これらのおかげで、眠気防止や集中力向上、むくみ防止のような効果もありますが、過剰な摂取は健康への悪影響があるといわれています。妊婦や子どもは特に注意が必要です。

妊娠後期は、カフェインを分解・廃絶するのに時間がかかり、通常より長い間体内に留まることになります。さらに胎盤を素通りして赤ちゃんの体内にも入り、肝臓機能の未熟な赤ちゃんには分解できず、蓄積されてしまいます。

体内に高濃度のカフェインが留まってしまうことは、発育の遅れに影響するという報告がいくつかあるようです。また、毎日コーヒーを8杯以上飲んでいる方の死産リスクが高まるという報告もあるのです。

赤ちゃんの発育遅延、死産のほか、流産リスクも高まるという報告もあります。カルシウムの排出促進や鉄分の吸収を阻害する作用もあるので、不足している場合は注意した方が良いでしょう。

■体重増加
チョコレートは糖分や脂肪分が多いため、食べすぎると当然体重増加に繋がります。体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や難産リスクも上がるので、その面での注意も必要です。

チョコレートには脂質が25 ~ 40%程度、糖質が50 ~60%含まれている

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?の画像2

妊娠後期のチョコレート摂取は妊娠高血圧症候群の予防になる?

一方で、妊娠中のチョコレート摂取は良いという報告もあります。
妊娠中、特に後期のチョコレート摂取が、妊娠高血圧症候群(旧「妊娠中毒症」)の発症を防ぐ可能性があるというものです。米国エール大学のElizabeth W.Triche博士らが、1996年〜2000年に出産した2291人の女性について、妊娠中のチョコレート接種量と、赤ちゃんの臍帯血中のテオブロミン濃度を調べた以下の結果に基づいています。

臍帯血の中のテオブロミンのレベルで女性を 4 つのグループに分けて比較したとき、最も高いレベルの女性は、最も低い女性より、妊娠中毒症の発症が 69 パーセント少なくなりました。

妊娠期間の最後の 3 カ月間に、週に 5 回以上のチョコレートを食べた女性は、週に 1 回未満の女性より、妊娠中毒症の発症が 40 パーセント低下しました。

妊娠期間の最初の3ヶ月間の場合も同様に、19%低下したそうです。

テオブロミンはチョコレート成分のカカオ豆に含まれる物質で、利尿作用、強心作用、血管の拡張作用などがある。<中略>
このほかにもチョコレートには、血圧を下げるマグネシウムや抗酸化物質のフラボノイドなど、健康に良いとされる成分を含んでいる。

これら成分の含有率が高いビターチョコレートが望ましいそうなので、妊娠中のチョコ選びの参考になりますね。

チョコレートを食べる妊婦さんの赤ちゃんはよく笑うって本当?

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?の画像3

妊娠中のチョコレート摂取が、赤ちゃんを幸せにするという報告もあります。フィンランドのヘルシンキ大学にて、出産半年後の300人以上の女性に、赤ちゃんの振る舞いと妊娠中のチョコレート摂取量を調査したところ、関連があったといいます。

妊娠中に毎日チョコレートを食べていたママの赤ちゃんは、より活発で、笑顔が多くよく笑いました。また、ストレスのあるママのうち、チョコレートを定期的に食べていたママの赤ちゃんの方が、控えたママの赤ちゃんよりも、新しい状況を恐れませんでした。

他の要因と関連する可能性も除去できないものの、チョコレート内の科学成分が関連してポジティブな気分になり、それが子宮の赤ちゃんにも伝わっていたのではないかと推測しています。

国内でも、チョコレートが心の健康に効果的という報告があります。それが赤ちゃんにも伝わるということなのかもしれませんね。

愛知県で平成26年に行われた、347人の男女に対する実証研究で、毎日チョコレートを食べた1ヶ月間、いつでも活力に溢れ、落ち着いていて、楽しく、穏やかな気分だった、というものです。

チョコレートには精神的に活動的になる効果が期待できることがわかりました。

妊娠中のチョコレートは食べ過ぎに注意

メリットもあるとはいえ、リスクも伴う妊娠中のチョコレート。食べ過ぎないことが重要です。とはいえ、どれくらいが「食べ過ぎ」になるのでしょうか?

食品のリスク評価(食品健康影響評価)を行う内閣府の食品安全委員会は、現段階では、日本人の摂取状況に基づいたカフェイン摂取のリスク評価をしていませんが、海外では、悪影響のない最大摂取量を提示している国や国際機関も複数あります。

【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?の画像4
【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?の画像5

ただし、これはチョコレート1枚55g、カフェイン量は平均の61mg/100gで計算された目安量です。商品によって、内容量もカフェイン量も異なります。カフェインは、一般的に、ホワイトチョコレートには少なく、高カカオチョコレート(ダークチョコレート)には多く含まれます。高カカオチョコレートの場合は、テオブロミンもそうですが、カフェインも脂質も多いため、摂取量はより少なめにしておいた方が安心でしょう。

高カカオチョコレートに含まれるカフェイン量は、同量のコーヒー(浸出液)とほぼ同じ(60mg/100g)~2倍程度である。<中略>100g摂取したとすると、ほとんどの銘柄がそれだけで30~49歳女性の総脂質の1日当たりの摂取目標量を摂ってしまうことになる。

まとめ

つまり、妊娠中のチョコレート摂取は、食べ過ぎなければ、むしろママや赤ちゃんにとって良い結果を招くかも!というわけです。妊娠中は、控える飲食物がたくさんあってゲンナリすることも多いので、罪悪感なく甘い物が食べられるなんて嬉しい情報ですね!

でも食べる量を厳密に気を付けようとすると、チョコレートのパッケージを見て、カフェイン等の含有量や内容量を調べ、摂取目安量上限と見比べて、適正量を探ることになります。面倒ですね…。見ても含有量が分からない物も多いでしょう。そんな時は、下記の国民生活センターによる高カカオチョコレートの調査結果を見てみましょう。市販のミルクチョコレートやダークチョコレートの各値が複数掲載されているので、この中から選べば手軽ですよ。

チョコレートが快適な妊婦生活の手助けになれば良いですね。

高カカオをうたったチョコレート(結果報告) 国民生活センター

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

にじいろ

一歳の息子がいるアラフォーママです。
興味あるイベントを見付けてはよく息子連れで出掛けている外出好き。イベント情報などの情報収集も大好きです。
息子は、どこ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠後期】妊娠中の妊婦はチョコレートを食べていい?リスク・影響は?