1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 小2の長男の積極的不登校。親・学校側の対応は?

小2の長男の積極的不登校。親・学校側の対応は?

小2の長男の積極的不登校。親・学校側の対応は?のタイトル画像

長男が「学校に行かない」と宣言してから私達夫婦を含め、彼を取り巻く大人達は彼の不登校と向き合うために試行錯誤を繰り返しました。

積極的不登校になった長男のことを先日の記事で少しお話させていただきましたが、長男が「学校に行かない」と宣言してから私達夫婦を含め、彼を取り巻く大人達は彼の不登校と向き合うために試行錯誤を繰り返しました。

まだ小学2年生の少年の不登校宣言は、周囲の大人達の間で論争が起きる程の一大事となり、私も母としてたくさんの方にアドバイスをいただきました。

積極的不登校は是か非か

友人知人含め学校の先生から仕事関係者まで本当に多くの方のご意見をいただきましたが、大人たちの意見も大きく割れて、積極的不登校そのものについての是非を問うもの、また学校に通う意味そのものについての是非を問うものが多かった気がします。

普通の不登校とは少し違う積極的不登校についてはネガティヴな意見や、それを受け入れた私達親の育児のあり方に疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。学校に通う子どもたちの中でも少数派である不登校。そこからさらに少数派の積極的不登校。

そしてそれを受け入れる親は、奇異な目で見られることにもつながるのだなと実感しています。

ある方からは、学校に通う意味は、友人との関わり合いを学ぶことであり、団体の中で生きていくことを学ぶことでもある。規則や制限を学ぶことで社会で生きていくことはそういうことだと学ぶことにもつながる。それらを放棄して好きなように生きることはろくな大人に育たない。親が不登校を許すなんて…と不登校を許容したことを責められることもありました。

逆に彼の不登校を肯定し応援してくれる方も多く、「当たり前のことに疑問を持って行動したこと」を認めてあげてとことん考えさせてあげればいいというアドバイスもいただきました。

子どもが考えて悩みもがく過程に、正解も不正解もない

教育評論家でも何でもない私には、何が正しいかを見極める能力はありませんが、彼の不登校を通して至った結論として、学校に行くことへ疑問を持ち不登校を選んだことに是も非もないと思いました。子どもが考えて悩みもがく過程に正解も不正解もないのではないかと思ったのです。

大切なことは、ここで小学2年生の彼が「結論」を出さないことではないかと考えました。私たち親も彼と一緒に「学校に行くこと」の意味を考えてみることにしました。

彼の考えを受け入れ静観する姿勢をとりながらも、「学ぶとは?」「学校とは?」「人生とは?」と何度も対話を重ねました。

学校も、彼にはとにかく選択肢を与えてみることに協力してくださいました。今回は、学校の対応について少しご紹介できればいいなと思います。

小2の長男の積極的不登校。親・学校側の対応は?の画像1

学校はいつでも帰ってこれる場所に

彼の通う学校は、どちらかというと積極的不登校に対しては否定せずに受け止めてくれる姿勢でした。担任の先生とも管理職の先生とも話し合い、彼の行動を受け止めて少し時間はかかっても思いきり挑戦させてみようということになりました。

ただ学校としては不登校からいつでも帰ってこれる場所として色々な手を打ってあげたいということで、ちょうど運動会シーズンだったので運動会の練習日程だけを長男に教えてくれました。学校への批判は多い彼ですが、意外と友達を大切にするので運動会の練習には参加してくれるのではないかと学校側も考えてくれたようでした。

それ以外にも、決して不登校を責めずに、いつでも登校が再開出来るように自然な対応を徹底してくれました。経験豊富な管理職の先生がこういった生徒への対応を熟知していたのかもしれません。

ありがたかった、息子の友だちの自然な声かけ

また担任の先生はクラスの子達へ長男の不登校は通達せずに「ご両親の仕事の都合で休みをとっている」としてくれました。

彼の友だちも長い休みを責めることもなく、また不思議に思うこともなく「明日は来るのー?」「お前がいないとつまんないから来て!お願い!」なんて純粋な声をかけてくれる子もいて、とてもありがたいなと感じました。

後は私たち親が不登校で家にいる彼をどうサポートするかが問われます。

不登校の子どもとの生活はもちろん初めてのことで、私も主人も色々と試行錯誤しました。彼が家でどのように過ごしたか、私たち夫婦が声かけしたこと、また学校や親以外のサポートなどもまたご紹介します。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育 不登校 子育ての悩み 子育て・育児

この記事を書いた人

Takako Kitamoto

13歳長女と、8歳長男と、5歳次女の3人の育児中。
ラナンキュラス株式会社のCEO &Founderとして、子育てをしながら仕事に明け暮れるごちゃごちゃな毎日...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 小2の長男の積極的不登校。親・学校側の対応は?