1. >
  2. >
  3. 子どもとの時間を大切にしたくなる本〜「ありがとう」がエンドレス〜

子どもとの時間を大切にしたくなる本〜「ありがとう」がエンドレス〜

子どもとの時間を大切にしたくなる本〜「ありがとう」がエンドレス〜のタイトル画像

この本は、作家の田口ランディさんが、一人暮らしをはじめる娘のために語った言葉をまとめた本です。子どもがいつか巣立つその日まで、日々子どもたちにどんな言葉の種を蒔いていくかを考えさせられる本です。

Akiのアイコン Aki

作家、田口ランディさんとは?

田口ランディさんは、作家でありエッセイストです。人間の心の問題をテーマに幅広く執筆活動を展開しています。彼女自身も、親や家族との様々な困難を経験してきました。現在では、発達障害や精神病の方々との交流や、福島の子どもたちとの交流も行っています。

「ありがとう」がエンドレス

この、ありがとうがエンドレスという本には、春から一人暮らしをする娘に贈った言葉が綴られています。田中ランディさんが、母から娘に渡す”しあわせになる言葉の贈り物”は、親として子どものことをどう想っていくかについて、とても考えさせられます。

そして私たち親も、昔は娘あるいは息子でした。いろいろな視点から心に響く本です。

twitterにも彼女の言葉の一部が載っているので、ご紹介させていただきます。

気が合った人と友だちでいればいい

人間関係って、大人になっても難しいものですよね。無理して付き合うよりも、今いる周りの人を大事にしようと思いました。

このことは、ママ友関係にも通ずるものがあるのではないでしょうか!?

社交術というものの大切さが沁みる言葉です。

若い時は「社交やおべっかなんて」と思っていましたが、大人になるにつれて身につけなければいけないものです。田口ランディさんは社交のことを、「人間関係の交通ルール」といっています。

譲り合うことが安全なこともあります。

私はこの言葉に目からウロコ状態でした。確かに、嫌だなぁと思うことのほとんどが人間関係かもしれません。石などの人以外のものが自分に嫌な気持ちにさせることは滅多にありません。

そのことを胸に一つ置いておくだけで、生きやすくなるかもしれません。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 その他の人間関係 夫婦・家族

この記事を書いた人

Aki

小学生と保育園の二児のママです(*^_^*)

農家の嫁となり、上の子の小学校入学と同時に意を決して住み慣れた場所を離れ、主人の実家のある田舎へ引っ越し、主...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 子どもとの時間を大切にしたくなる本〜「ありがとう」がエンドレス〜