1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方とおすすめ3選

フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方とおすすめ3選

フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方とおすすめ3選のタイトル画像

生後9ヶ月頃になると、そろそろフォローアップミルクを飲ませようかなと思われる方もいらっしゃることでしょう。この記事では、ミルクとフォローアップミルクの違いや特徴、いつからいつまで飲ませたらよいかなどについてまとめました。おすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 フォローアップミルクとは?
フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませる?
フォローアップミルクの量と飲ませ方
おすすめフォローアップミルク3選!
まとめ

フォローアップミルクとは?

フォローアップミルクとは、粉ミルクの一種で、離乳食では足りない栄養分を補うために用いられます。ここでは、ミルクとフォローアップの違いや、どのような赤ちゃんに必要なのかについてご紹介します。

ミルクとフォローアップミルクとの栄養面の違いは?

ミルクは、授乳期の赤ちゃんの成長に必要な栄養素がほとんど含まれているため、母乳の代わりとして飲ませることができるものです。それに対してフォローアップミルクは、離乳食に対する補助的な役割を担って、不足しがちな栄養素を補うためのものです。ミルクとフォローアップミルクの栄養面には、以下のような違いがあります。


■ミルクに含まれる栄養素:
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ラクトフェリン、乳糖、ガラクトオリゴ糖など


■フォローアップミルクに含まれる栄養素:
鉄分、ビタミンC、ミネラル、カルシウム、たんぱく質、炭水化物など

フォローアップミルクって必要なの?

赤ちゃんは、生後5~6ヶ月頃までは母乳やミルクからの栄養で成長しますが、離乳食を始めることによって、少しずつ食事からの栄養補給に移行していきます。最終的には離乳食だけですべての栄養を摂れることが目標となりますが、食べる量が少なかったり、好き嫌いが激しかったりすると、「必要な栄養が不足しているかも?」と心配になってしまいますよね。


そこで、離乳食でまかないきれない栄養を補うために、フォローアップミルクを飲ませてあげます。離乳食が大好きでたくさん食べられる赤ちゃんであれば、無理に飲ませる必要はありません。以下のような点を目安にして、フォローアップミルクを飲ませるかどうか判断してください。


・離乳食をあまり食べないので、フォローアップミルクで栄養を補いたい
・離乳食の好き嫌いが激しいので、フォローアップミルクで栄養を補いたい
・母乳をあげていたが、卒乳に向けて少しずつ「離乳食+フォローアップミルク」に移行していきたい
・これまで「離乳食+ミルク」だったが、離乳食が進んできたので「離乳食+フォローアップミルク」に切り替えたい
・卒乳に向けて母乳やミルク以外のものを飲ませたいが、まだ牛乳をあげられないので、まずはフォローアップミルクに切り替えたい

フォローアップミルクとは? 雪印メグミルク

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませる?

フォローアップミルクはいつから飲ませる?

フォローアップミルクは、離乳食が3回食になり、しっかりと慣れてきたころから飲ませてあげると良いでしょう。離乳食の進み具合にもよりますが、生後9ヶ月頃がひとつの目安となります。離乳食開始前~離乳食初期の赤ちゃんの場合は、消化に負担がかかるため適していません。

フォローアップミルクはいつまで飲ませる?

「3歳くらいまで飲ませることができる」と記載されたフォローアップミルクが多いですが、実際にはもっと早くに終了するママが多いようです。フォローアップミルクは、あくまでも離乳食の補助的な役割として飲ませるものですので、3回の食事から必要な栄養素が摂れるようになれば、終了しても良いでしょう。

No.21 もっと知りたい”フォローアップミルク” 和光堂

フォローアップミルクの量と飲ませ方

フォローアップミルクを飲ませる量

1日あたりのフォローアップミルクの量は、600mlが目安です。ただし、あくまでも離乳食の補助的な位置付けなので、なるべく離乳食を優先する形で量を調整するようにしましょう。

フォローアップミルクの飲ませ方

フォローアップミルクは、ミルクと同じように哺乳瓶で飲ませてあげたり、ストローマグやコップであげたりしてください。ホットケーキに混ぜたり、シチューに入れたりして、料理に使うこともおすすめです。優しいミルクの味で、赤ちゃんが食べやすいだけでなく、しっかりと栄養補給をすることができます。

おすすめフォローアップミルク3選!

アイクレオ フォローアップミルク 820g

味や色、香りへのこだわりから、DHAそのものを入れず、DHAの基になるエゴマ油を配合しているフォローアップミルクです。母乳に含まれる乳糖を使用しているため、母乳に近いあっさりした甘さが特徴です。


・価格:2,333円
・内容量:820g

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん 830g

離乳食で不足しがちな「カルシウム」、牛乳では摂りにくい「鉄」や「DHA」など、様々な栄養素をバランスよく補うことができるフォローアップミルクです。


・価格:1,780円
・内容量:830g

明治 ステップ らくらくキューブ 28g×16袋入り

ミルクを計量する手間を省いたキューブタイプのフォローアップミルクです。外出時にも持参しやすいのがうれしいですね。


価格:1,508円
内容量:28g×16袋

まとめ

フォローアップミルクを離乳食と組み合わせることで、鉄分やビタミンなどの栄養素をバランスよく摂ることができます。赤ちゃんの離乳食の進み具合などをみながら、必要に応じて取り入れてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ちーかま

 二十丸高?アラウンド40新米ママです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方とおすすめ3選