1. >
  2. >
  3. >
  4. 自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!のタイトル画像

小さな子どもは自宅でカットする事も多いですよね。でも…ハサミでバツン!切りすぎちゃった〜!自然な仕上がりにしたかったのに…というアナタにぴったりな、レザーをご紹介。

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像1

自宅で子どものヘアカット。ハサミで超失敗!!なアナタに…。

自宅で前髪を切ったら失敗、ぱっつんおかっぱになってしまった・・・という経験、ありませんか?

そんな方におすすめ!
ヘアカット用カミソリ「レザー」をご紹介します!


こちらは美容師さんも使う形とそっくり同じ(?)な、レザーというものです。
私は美容専門学校に通っていたため、たまたま所持していました(笑)

刃の部分に波形の安全設計がされており、指が当たっても切れたりしません。
安全でないカミソリは使わないようにしましょう。

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像2

上記リンクでAmazonさんへ飛びますが、私が持っているものと全く同一かどうかはわかりませんので
これからの記事を読んでいただき、ご自身の判断でご購入くださいませ。

ハサミはパッツン。レザーだったら少しずつ削る事ができる!

ハサミで自然なふんわりカットが出来るのは美容師さんだけ!
レザーも美容師さんが使う物ですが、ちょっとずつ削りながらカットが出来るので初心者さんにも安心です。

特に、男の子の無造作ヘアが実現可能なのです!
あまりパッツンとは切れない物なので、ザクザク前髪や自然な襟足などもやりやすくなります。

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像3

お風呂で裸になったら、さあ、ヘアカットスタート!

じっと座っていてくれない息子(1歳)でも、何とか切らせてもらっています。

まずはお風呂へGO!はだかんぼでカットを始めます。
寒ければ子どもに当たらないようにシャワーも出してください。
(ただし風圧で髪があちこちふっとびます。)

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像4

空いている手で切りたい髪を少し持ちます。
切りたい長さの目安になる部分を持ちましょう。

自分の指めがけて、髪をとかすようにシュッシュッとカットします。
重なった髪の毛が表面から順に切れてくるので、理想の「薄さ」&「長さ」になるまで削ぎましょう。

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像5

レザーは髪をカリカリと撫でながらカットするものなので
一本一本引っ張られるようで痛がる時もあります。

その時は、自分の手のひらに水をつけてから撫でる…などして湿らせてください。
霧吹きが理想ですが、髪用には用意してないことも多いですよね。

あまりびしょびしょになると、髪の毛自体がほんの少し伸びてしまい
乾かした時に「思ってたより短くなっちゃった!」となります。
(髪は濡れると伸びる性質がありまして。)

なので、濡らし過ぎにご注意ください!

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像6

頭頂部なども髪をつまんで軽くひっぱり、毛先に向かって削いでいきます。
頭に対して髪を垂直に持つとやりやすいと思います。

掴んだ毛先だけはなるべく離さないように頑張ってください!

でもサクサクと削ぐタイプのカットなので、あまり失敗が目立ちませんので
気負わずに「この辺長いな、重たく見えるな」と思ったところに刃を入れてみましょう。

慣れてくるとザクザク切れるようになりますよ。
ちょっと失敗したなあ…と思っても、自然にみえることが多いのでバレません!!

自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!の画像7

ハサミ程のバツン!と行く切れ味ではありませんが、
やはり刃物なので毛に対して垂直に入れると思いのほかバツンと切れてしまいます。

自然にソフトにカットしたいのであれば、
やはり毛先に向かって撫でるように、クシでとかすようにカットしましょう。

また、前髪をハサミでパッツン→レザーで自然に…というのも良いと思います。
スキバサミも案外うまくしないとパツンと後が残りますが、レザーはまっすぐな後が残りにくいからです。

私が持っているレザー以外にも色々商品があると思いますので、
ご興味がある方は試してみてください☆

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

キッズ用品 子育て・育児

この記事を書いた人

Topeko

生まれも育ちも北海道。1歳の息子&4歳の娘がおります。
美容師免許を取得後、CGデザイナーとして7年ほど会社勤務。出産育児を機にフリーのイラストレーターを始...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 自宅で子どものヘアカット☆コレを使えば失敗しない!