1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊婦の虫歯治療は胎児に影響する?レントゲン・麻酔・抜歯・薬の影響まとめ

妊婦の虫歯治療は胎児に影響する?レントゲン・麻酔・抜歯・薬の影響まとめ

妊婦の虫歯治療は胎児に影響する?レントゲン・麻酔・抜歯・薬の影響まとめのタイトル画像

妊娠中に虫歯治療ってしてもいいのでしょうか?レントゲンを撮ったり、麻酔をしたりするのはおなかの赤ちゃんに影響があるのではないかと、心配になりますね。でも、抜歯が必要なほど虫歯が悪化してしまった妊婦さんもいるかと思います。そんな妊婦さんたちへ妊娠中の歯科治療についてまとめました

目次 妊婦の虫歯治療!歯の痛み止め薬は胎児に影響する?
妊娠初期に抜歯をしても問題ない?
妊婦のレントゲン撮影は胎児に影響する?
妊婦の麻酔は胎児に影響する?
歯医者さんに事前に相談し、悩みを解消することが大切
痛みは我慢しすぎないようにしましょう

妊婦の虫歯治療!歯の痛み止め薬は胎児に影響する?

妊娠中の虫歯治療は大丈夫なのか、心配になりますね。妊娠中は体調が不安定なこともあり、歯医者さんに行くのも負担がかかります。でも、虫歯や歯周病をそのままにしておくと悪化してしまい、出産中や出産後に強い痛みがあってもなかなか治療に行けず、困ることもあります。

妊娠期間中どの時期でも虫歯の治療ができないということはありません。虫歯が気になるならば、妊娠中期に体調が安定したらきちんと治療をしておきましょう。

治療の際に薬を処方される場合があると思いますが、飲んでも大丈夫なのか、これも心配になりますね。治療中は、なるべく妊婦さんには薬を処方されないのですが、処方されてもほとんどが妊娠中や授乳中に飲んでも問題のない薬です。

では痛み止めは大丈夫なのでしょうか?強い炎症が予想される時に処方されるのはかなり強めの鎮痛剤です。その薬はやはりおなかの赤ちゃんには良くないと言われています。

でもそのような薬を処方しなければならない様な治療は妊娠中は避けるよう歯医者でも配慮します。妊娠中であることがわかっていれば、その時にできる最適な治療をしますのでいろいろ心配して治療を先延ばしにするのはよくないですね。

治療をすれば、万全の態勢で出産にも望めますよ。

痛みがひどい場合は、我慢することがストレスとなり、おなかの赤ちゃんにも悪影響を及ぼすこともあるそうなので、
安全な薬であることを確認し、薬を飲んだ方がいいと思います。

心配ならば、産婦人科の医師に相談してみましょう。

妊娠初期に抜歯をしても問題ない?

先に述べたように、妊娠期間中どの時期でも歯科治療ができないという事はありません。治療で抜歯が必要ならば、抜歯をしても問題はありません

ただし、治療はあくまでも安定期に入ってからにしましょう。

妊娠初期はおなかの赤ちゃんが一番活発に細胞分裂を行っている時期です。しかも、つわりで体調が不安定なこともあり、治療に行くことがとても負担な時期です。また、続けて治療に通えないことも考えられますし、薬を処方されても妊娠初期には飲まない方が良いので、妊娠初期に抜歯をするのは避けた方がよいでしょう。

もし、妊娠初期にどうしても抜歯しなければならない治療をする場合は、歯医者さんと相談し、軽い応急処置にとどめ、妊娠中期に入って体調が安定したら治療を再開し、きちんと直しておきましよう。

もう一つ、親知らずの抜歯についてです。親知らずは妊娠前に抜いておくのが一番です。でも残っていて妊娠中に痛みだした場合は抜歯してもいいのか、さらに悩みますね。

親知らずを抜歯した場合、虫歯の治療で抜歯するよりも痛みが強い場合があるのでそうなると長期間薬を飲まなければなりません。薬は妊娠に影響が少ない薬でも100%の安全はありません。出産後に抜歯するのがよいと思います。

いずれにしても、応急処置でしばらく虫歯の進行を抑えることができるのか、痛みを押さえることができるのか、今すぐに治療で抜歯をした方がよいのかなどは歯の状況により異なります。

抜歯した方がよいかどうかは歯医者さんに相談しましょう。

妊婦のレントゲン撮影は胎児に影響する?

妊娠中は虫歯の治療はできますが、レントゲンの影響はあるのでしょうか。できれば避けたいと思いますよね。

でも、我慢できないほど虫歯が痛む場合はどうすればいいでしょう。歯医者に行ったらレントゲンをとられるのではないかと思い、
レントゲンの被爆の影響が怖いからといって、放置しておくとどんどん虫歯が進みます。治療をしようと思ったときには治療が大変になっていることもよくあります。

また、虫歯や歯周病はうつりますので、そのままにしておくことは赤ちゃんにとってもよくないことばかりです。

では治療のためにレントゲンをとる必要があると言われたらどうしましょうか。

レントゲンをとるとどのような影響があると思われますか?赤ちゃんが奇形になってしまう、とか精神発達が遅れた子供ができるのではないか、流産してしまうのでは?死亡するのでは?という心配がありますね。

でもそのような影響が出るのはかなり多量の放射線を被爆した場合とされています。
歯医者さんでのレントゲンは小さなフィルムで撮りますので、放射線量もごくわずかです。1~2枚レントゲンをとったからといっておなかの赤ちゃんに影響があることは考えられません。

歯医者さんに妊娠中であることを伝えれば、エックス線除けの鉛のエプロンを着用するよう配慮をしてもらえます。歯はおなかから離れていますし、鉛のエプロンをすればおなかの赤ちゃんが被曝する量は限りなく0に近いと言われています。すなわち赤ちゃんには影響はないと言えます。

治療が必要な場合は、歯医者さんに妊娠中であることをきちんと伝えて治療を受けましょう。

妊婦の麻酔は胎児に影響する?

歯医者さんでの治療のうち、麻酔も不安だと思います。妊娠中に歯の治療をしていて麻酔を打たれたら、おなかの赤ちゃんに何か影響があるのでしょうか?

歯医者さんで使用している麻酔の成分はおなかの赤ちゃんに影響するものではないと言われています。無痛分娩の時に使用される麻酔と同じものになりますので、体内で分解され尿と一緒に出てきます。心配はいりません。

また、歯茎に打つ局所麻酔なので、麻酔を打った歯の周辺にのみ麻酔薬が停滞します。歯科治療で麻酔を打つとしびれたように感覚がなくなるのは口の中だけですね。という事はその他の体への影響は考えにくいという事です。

麻酔薬の量もごく少量なので、おなかの赤ちゃんへの影響はほとんどありません。胎盤や母乳を通して麻酔薬が赤ちゃんに届いてしまう、なんていう事もありません。

勝手な思い込みで赤ちゃんへ悪影響があると思って麻酔を断ると、治療が辛くなり母体にも負担がかかります。痛みを我慢しての治療は難しいですし、痛みは子宮を収縮させる作用もあるので、痛みは我慢しないようにしましょう。

麻酔の影響よりも、おなかの赤ちゃんへの影響を気にしすぎたり、それがストレスになる事の方がおなかの赤ちゃんへ影響を与えてしまうそうです。歯医者さんはおなかの赤ちゃんや妊娠への影響を十分に考えて治療をしますので、麻酔が必要なら麻酔注射をして治療を済ませた方がより妊婦さんにも赤ちゃんにも安全という事です。

歯医者さんに事前に相談し、悩みを解消することが大切

妊娠中に歯科治療を受けようとするとレントゲンや麻酔、痛み止めなど気になる事がたくさん出てきます。

レントゲンや麻酔は、母体やおなかの赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われていますが、安心して治療を受けるためには、自分が妊娠中であること、現在の週数などをきちんと伝えることが一番大切です。

おなかが大きくなれば妊娠していることはわかりますが、妊娠初期や妊娠中期は外見では妊娠しているかは判断できないことも多いです。きちんと伝えていないとおなかの赤ちゃんへの配慮が足りず、流産などの危険にさらすことになってしまうので、予約時、診療時にスタッフや歯医者さんにはっきり伝えましょう。そうすれば、治療中は治療椅子を倒しすぎない姿勢を配慮して治療をしてもらえますし、途中でトイレに行きたくなっても、言いやすくなります。

また、妊娠が安定するまでは体調が不安定なので、体調が悪くなったら無理をしないで治療の日程やスケジュールなどを変更してもらいましょう。事前に妊娠していることを伝えてあれば快く対応してくれることでしょう。

痛みは我慢しすぎないようにしましょう

妊娠中に歯が痛くなってしまうといろいろ気になる事も多く、どうしたらよいのか迷いますね。歯が痛いと早く治療したいと思う一方で、おなかの赤ちゃんへの影響を考えて治療を躊躇してしまう方も多いと思います。

妊娠中は女性ホルモンが増えるため、歯周病の原因菌が増え、口の中の炎症がおこりやすくなります。また、唾液の分泌量が減るため虫歯になりやすくなっているのにつわりなどで歯磨きができない時期もあり、虫歯や歯周病が進みやすくなっています。

歯周病や虫歯は感染症の一種なので、放置すると口の中の炎症性の物質が血液を通って全身に広がります。すると、子宮を収縮する物質の分泌も促され、早産のリスクも高くなります。

産まれてくる赤ちゃんにも虫歯をうつすことになりますので、早めに治療を受けることをおススメします。妊娠中期以降であればたいていの治療はできます。そして妊娠中期には痛みや自覚症状がなくても歯科検診を受けるようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活 妊娠中の病気・症状

この記事を書いた人

じゅんこママ

はじめまして。
じゅんこママと申します。
中学生の女の子と幼稚園児の男の子のママです。
仕事も子育ても全力投球です!

好きなことはガーデニングとサイ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊婦の虫歯治療は胎児に影響する?レントゲン・麻酔・抜歯・薬の影響まとめ