1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コウノドリ第7話『入院を拒む妊婦』を終えて、視聴者の感想は?

コウノドリ第7話『入院を拒む妊婦』を終えて、視聴者の感想は?

 コウノドリ第7話『入院を拒む妊婦』を終えて、視聴者の感想は?のタイトル画像

大人気のドラマ『コウノドリ』第7話をご覧になられたみなさま、感想はいかがでしたか?テーマは入院を拒む妊婦。綿密なバースプランの上、自然分娩を希望する妊婦が中心に描かれていました。

助産院での自然分娩が一番!?

毎週心待ちにしているコウノドリ。

冒頭で描かれているのは、助産院での自然分娩を切望し、バースプランもしっかりと練って出産に向けて準備している妊婦でした。

バランスのいい食生活に、適度な運動。
妊婦としては、とても“意識が高い”方といえるでしょう。

しかし、そんな妊婦さんは、自然分娩を望むあまり、病院のことを毛嫌いする一面も。

通院している助産院のベテラン助産師には、理想の出産についてあつく語る様子が見られますが、義務づけられている病院での検診では、担当医の鴻鳥先生と目も合わせず、帝王切開は絶対に嫌だ!と主張するシーンも描かれていました。


妊婦:帝王切開なんて絶対に考えられません。

助産院で自然に産んであげるのが、赤ちゃんにとって絶対幸せなんです!
自然に赤ちゃんを産むのを決めてるんです。


こんな病院で産むなんて絶対に嫌。
あたしはちゃんと産みたいの。

痛みに耐えたからお産でしょ。そうじゃないと母さんみたいな立派な母親になれない

産科医のいない助産院での出産に否定的な四宮先生

一般的に、病院に勤める助産師は、妊婦さんに十分な時間寄り添ってあげることが叶わないそうです。

助産師の小松先生は、初産で不安がいっぱいな妊婦にもっと寄り添ってあげたいとの思いもあり、助産院を開業した同期からの引き抜きがあることをボソッと漏らします。

そんな小松先生に対して、産科医のいない助産院での出産に否定的な四宮先生。
小松先生と四宮先生が言い争うシーンも描かれました。


小松:助産院は、助産師が妊婦一人に関わる時間も長いしね。その分きめ細かいケアができるのよ

四宮:きめ細かいケアなんてこと助産師が言うから、サービスうんちゃらいう妊婦や、自然に産みたいなんて言う妊婦が増えるんですよ。母子ともに、無事にお産を終えること、それ以上のケアはないでしょう。

今どき、産科医のいない助産師だけの助産院で、出産ができること自体、おかしいと思いますけどね


小松:あんたら産科医の中には、妊婦のこと見ないでモニターばっか見てるやつ多いんだよ。うちら助産院の意見も聞かないですぐ帝王切開だとか言って腹切りすぎだしさあ

四宮:それのどこが悪いんですか?出産する5人に一人は帝王切開が必要なんです。母体死亡率を下げ、新生児救命率を上げるを上げてきたのは今の周産期医療なんです。助産師だけの出産なら1940年代とほとんど変わらない。

助産師小松先生が抱える、助産院への特別な思い

漫画にも描かれているストーリーですが、小松先生の家庭は助産院でした。

常に妊婦さんが家にいて、お産のシーンも目にしてきました。

しかしとあるケースで、赤ちゃんが死亡してしまいます。
その一件を機に、その助産院は近所の人から張り紙をされるなどの嫌がらせを受け、風評も広まり、とうとう助産院を閉めることになってしまったのです。

そういった経緯もあり、小松先生には助産院でのお産に特別な思いをいただきつつ、病院との密な連携がどれほど大切なのか、身に沁みて実感していたのでした。

何より大切なもの、それは赤ちゃんの命。

結局その妊婦は、助産院で出産を試みたものの、状態が悪くなり病院に搬送され、緊急帝王切開に・・・
赤ちゃんは無事でしたが、その妊婦は、「下から産んであげられなかったこと」を悔やんでいる様子でした。

その妊婦さんに対して、鴻鳥先生は

「帝王切開も、お母さんが病気を治すわけではなく怪我を治すわけでもないのに、自分から手術台に登る、立派なお産なんですよ」

と声をかけます。

一番大切なのは、生まれてくる赤ちゃんの命。

そんなことに改めて気づかせてくれた感動の回でした。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

みなみ

兵庫県在住、アラフォーです。
子どもの寝顔を見ているときと、編み物をしている時が一番シアワセな時間。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コウノドリ第7話『入院を拒む妊婦』を終えて、視聴者の感想は?