1. >
  2. >
  3. >
  4. 危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方

危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方

危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方のタイトル画像

子どもたちの集まる場所に行くと子どもたちに『危ないからやめて』『危ない!!』ってよく言っているお母さんを見かけます。その『危ない』は本当に危ないことなのでしょうか?

ど~も~でっかいおっさんです。
今日はちょっと真面目な話をしたいと思います。

おっさんたち保育士や子どもを預かる仕事をしている人たちは、子どもの怪我に敏感です。

最近ではかすり傷ひとつで クレームがきたりするので 保育士によってはその度に、謝罪する保育士もいます。
お母さんたちは特に“危険、危険”と子どもたちに注意をし怪我をしないように しないようにしていますが・・・・・

子どもは本当に怪我をさせてはいけない存在なのでしょうか?

おっさんの答えはノーです。怪我はさせてなんぼです。

もちろん 後遺症の残る怪我、大きな骨折 なんてのは別です。
でもかすり傷や切り傷、毛虫にさされるくらい 子どもの成長に必要なもの!そんなおっさんの気持ちを分かりやすく説明してくださる人が現れました。

保育園に遊具などを販売しているアネビーさんにお話を聞いてみました。

アネビーのホームページ

まず、子どもの遊びの環境の中にはリスクハザードが存在します。
日本人はリスクもハザードも「危険」と和訳しますが、実は少し違うようです。


リスクとは

リスクは、遊びの楽しみの要素で冒険や挑戦の対象となり、子どもの発達にとって必要な危険性は、「遊びの価値」の一つです。
子どもは小さなリスクへの対応を学ぶことで経験的に危険を予測し、事故を回避できるようになります。

また、子どもが危険を予測し、どのように対処すればよいか判断可能な危険性もリスクであり子どもが危険と分かっていて行うことは、リスクへの挑戦といえ、遊びの価値として尊重されるべきものです。

危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方の画像1

上の絵はリスクです。これは挑戦させるべきものです。

つぎに、ハザードについて説明します。

ハザードとは

ハザードは、遊びが本来もっている「冒険」や「挑戦」といった遊びの価値とは関係のないところで、事故を発生させるおそれのある危険性のことを言います。また、子どもが予測できず、どのように判断すればよいのか判断不可能な危険性もハザードであり、子どもが危険を分からずに行うことは、リスクへの挑戦とはなりません。

危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方の画像2

上の絵は、前に角のある台が置いてあり子どもはそれを危険だと認知できていないのでハザードです。
この場合は保育士や保護者が下のように守ってあげることで、子どもたちはリスクへの挑戦ができるようになるのです。

危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方の画像3

リスクに挑戦させてあげ多少の怪我をすることは、子どもたちの危険予知能力、危険回避能力を高めるのです。

この能力が育っていると、子どもが自分自身で大きな怪我を回避できるようになりたくましい子どもが育ちます。

世の中のお母さんたちもぜひ、この「リスク」と「ハザード」を意識し、
これはしてもいい怪我、ここは大きな怪我につながりそうだから私が保護、見ておこう、という判断をする選球眼をつけてくださいね♪

以上、でっかいおっさんでした。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

でっかいおっさん

ど~も~でっかいおっさんです。
笑いの聖地関西で保育士を10年ほどしております。
自身も子どもを4人授かり、毎日子育てに奮闘しながら
子育てって難しいなぁ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 危ない!って言い過ぎじゃない?「リスクとハザード」の見分け方