1. >
  2. >
  3. >
  4. 臨月の便秘!いきむのは大丈夫?便秘になる理由と解消法7選

臨月の便秘!いきむのは大丈夫?便秘になる理由と解消法7選

臨月の便秘!いきむのは大丈夫?便秘になる理由と解消法7選のタイトル画像

妊娠初期から悩まされる便秘。特に臨月の時期は便秘になりやすいです。この時期には便秘を陣痛と勘違いしてしまった方もいると思います。いきんでもいいのか、薬を飲んでもいいのかなど気になる方も多いと思います。ここでは、臨月に便秘になりやすい原因と解消法をまとめてみました。

目次 臨月には誰でも便秘になりやすい!その理由は?
1.子宮が大きくなる
2.ホルモンバランス
3.運動不足
臨月の便秘を解消する方法7選
1.食物繊維をとる
2.乳酸菌を摂取
3.水分補給
4.お風呂
5.ホットな飲み物
6.軽い運動
7.トイレの時間を固定する
臨月の便秘、いきむのはダメなの?
解消されない場合には病院へ
臨月の便秘は誰でもある!
習慣づけることを心がけましょう

臨月には誰でも便秘になりやすい!その理由は?

臨月の便秘!いきむのは大丈夫?便秘になる理由と解消法7選の画像1

臨月にもなると、いつ赤ちゃんが生まれてくるか気になって、いきんで赤ちゃんが生まれてしまわないかと不安に思い、便秘になるママもたくさんいるようです。それ以外にも、臨月の妊婦だからこそ便秘になってしまう3つの理由がありました。

1.子宮が大きくなる

赤ちゃんの成長と共に大きくなる子宮。臨月は妊娠37週から始まります。この頃の子宮底長は平均で32~34cmほど。赤ちゃんが大きく成長してくれるほど、腸は圧迫されていきます。腸の圧迫が便秘を引き起こしてしまう原因になってしまうのです。

2.ホルモンバランス

臨月になると黄体ホルモンが最大限に分泌されます。黄体ホルモンは胎盤からも分泌されます。このホルモンは赤ちゃんを流産させない様に支給をコントロールする大切なホルモン。しかし、水分の吸収を促進する、大腸の運動を抑えるなどの働きがあります。それに伴い、便の水分が減り固い便を作ってしまうのです。

3.運動不足

臨月になるとお腹も大きくなり、歩きにくくなってきます。すぐに疲れてしまうので家で過ごす時間も次第に多くなる場合も。しかし、運動不足は身体の血行が悪くなり、それが便秘の原因となります。

臨月の便秘を解消する方法7選

便秘はちょっとした生活習慣で解消できます。まずは、これから紹介する7つの方法で今までの生活を見直し、便が出るように促していきましょう。

1.食物繊維をとる

便を出すためには食物繊維は欠かせません。サプリメントもありますが、食事からも簡単に摂取できます。食物繊維を多く含む食べ物である、海藻類、豆類、芋類を意識的に食事に取り入れましょう。さらに、主食を食物繊維たっぷりの玄米に置き換えるのがおすすめ。

2.乳酸菌を摂取

乳酸菌は腸の調子を整えてくれます。ヨーグルトだけではなく、味噌やチーズにも含まれています。乳酸菌はずっと体内にいるわけではありません。そのため、毎日摂取し続けると効果がみられます。

3.水分補給

黄体ホルモンによって水分が吸収されているので、しっかり水分を補給しましょう。1日2リットルほどの摂取が理想。1回に多くの水分を摂取すると尿に出てしまう場合が多く、こまめに時間をおいて摂取すると効果的。

4.お風呂

お風呂は血の巡りを良くするだけでなく、リラックス効果も。便秘の原因にはストレスもあります。リラックスできる空間をつくって身体を温めると気分も穏やかになるはず。

5.ホットな飲み物

身体を温めるためにも温かい飲み物は大切。日常に摂取する水分もさ湯など温かいものがベスト。妊娠中はカフェインを多く摂取できませんが、ごぼう茶や生姜茶、タンポポコーヒーなどノンカフェインの飲み物もあります。

6.軽い運動

適度な運動は便秘解消にはとても効果的。臨月になると過度な運動は危険。そこで、ちょっと近所を散歩したり、スクワットをするなど軽い運動がおすすめ。

7.トイレの時間を固定する

便意がなくても、まずトイレには行く習慣をつけます。実は、便意を感じやすくなるのが朝食後20分くらい。朝食後は毎日トイレに行ってみましょう。

臨月の便秘、いきむのはダメなの?

便秘になると長時間トイレでいきむこともありますよね。しかし、トイレでいきんで破水しないか心配になってしまう人も多いでしょう。一般的にはトイレでいきんでも問題はありません。

しかし、長時間トイレに籠っていきみ続けたりすると、痔になってしまったり血圧が上昇してしまったりするので注意は必要です。基本的には便意を催すためにいきむ程度で破水することはまずありませんが、どうしても心配である場合は担当医師に相談して便秘薬を処方してもらうのもよいでしょう。

解消されない場合には病院へ

とはいえ、様々な方法を試しても解消できない場合もあります。臨月の便秘は多くの人が悩まされるだけあって、解消できない悩みも少なくはありません。もしも、腹痛や何日も便秘が続くような状態が続くのであれば病院を受診してみましょう。もちろん、普段通っている産婦人科でOKです。

便秘薬は一般的な薬局でも購入できます。しかし、産婦人科であれば妊婦のための薬を処方してもらえるので安心です。便秘が続くと腹痛や不快感の他にも、ストレスを感じてしまいます。妊婦が便秘で悩むことは珍しくはありませんので、我慢せず先生に相談してみるのも大切です。

臨月の便秘は誰でもある!

多くの妊婦が便秘を体験しているのですから、便秘になって不安になりすぎる必要はありません。妊娠するとホルモンの変化が起こります。ホルモンの変化で妊娠前の体質とは驚くほど変わります。つわり、涙もろくなる、お腹が大きくなるといった変化と同じく便秘も挙げられます。

快便だったと言い切れる人の方が少ないのですから、「私の生活習慣が悪かったから便秘になってしまったんだ…」と自分を責めることはありません。だって、先輩ママの多くは便秘になっているのですから。臨月の便秘は自然現象だと思って出産までの時間を過ごしましょう。

便秘がちでトイレでいきむことがすごく不安なのですが?(レディスクリニック石黒)

習慣づけることを心がけましょう

妊娠すると、身体に様々な変化が訪れます。妊娠初期、中期、後期とそれぞれ悩むことが変わってきますよね。臨月に入ると、赤ちゃんを迎えるための準備で忙しくなりますが、自分の身体の体調管理も忘れてはいけません。便秘は日々、意識を変えれば少しは解消できるはず。ストレスの感じない程度にゆっくり便秘をなおしていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

いちまる

1歳になる娘を育てるシングルマザーのいちまると申します。
妊娠、出産、育児を経験し様々な喜びと苦しみを味わいました。
初めての育児は誰もが初心者。だから、わ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 臨月の便秘!いきむのは大丈夫?便秘になる理由と解消法7選