1. >
  2. >
  3. >
  4. ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?

ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?

ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?のタイトル画像

ママになって思うのは、全然「自分の時間がない」ということ!赤ちゃんがいれば、自分ではなかなか時間のコントロールできないもの。それって、感じる「時間の質」の変化が理由なんです!

ママになると、“時間がない”!?

ママになる前、「本当に時間がないの!!」というママの話を聞いて、「そんなに時間ない?携帯を見る時間さえ??」と思っていたのですが…実際に自分がママになると、思いの他、というより思っているより全然、自分の時間というものがありません。

子どもを産んですぐのころは赤ちゃんが寝ている時間が唯一の自分の時間かもしれませんが、
それもまとまって寝てくれれば、という赤ちゃん次第。
自分ではなかなかコントロールしきれません。

おそらく大半の方はそうじゃないかと思いますが、赤ちゃんが産まれる前は妊娠中も含めて、自分の時間をなんだかんだとたっぷり持って生活していると思いますので、そのギャップたるや・・!
いつでも好きなだけ仕事をしたり、好きな時に、好きな人とご飯を食べたり…

それが、赤ちゃんが産まれたとたんに、赤ちゃんが寝ている隙に立ち食いするくらいの勢いです。

なかなか、産後以降、そのギャップに適応するのが難しいのではないかと思います。

ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?の画像1

大好きだったお酒を飲む時間も…

例えば、趣味(?)だってそうなのですが、妊娠して一番つらかったのは、大好きだったお酒が飲めなかったこと!

そして、出産すれば飲めるのかと思いきや、それがまたそんなこともなく、飲めない時期はかなり長く続きます。妊娠中から数えるとそれこそ、3年以上くらいは、思う存分お酒を飲むということができませんでした。

以前は二日酔いになっても大丈夫だったり(仕事に支障がでる二日酔いは大丈夫じゃないですが・・・)多少飲んでも翌日カバーできていたのですが、子どもがまだ小さい年齢だと、育児はまだまだ体力仕事。

私が飲み過ぎると翌日の育児に響きます。なので、飲んでいる時間も、常に翌日のことが頭をちらつき、セーブしながら飲んでいますし、二日酔いになるほど飲むということはもちろん、皆無です。

ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?の画像2

また、我が家は送りがパパ、お迎えが私という分担。

そのため、夜に仕事の打ち合わせがある、または飲み会がある時などは、事前にパパに調整して「いいよ」って言ってもらえないと、夜、出かけることはできません。

お迎え担当が私である以上、私が勝手に夜出かけることはできないのです。

我が家の家事・育児の分担はうまくいっている?

こういうことを言うと、「朝と夜でやってる育児・家事の分量は同じじゃない?」とよくパパには言われます。

でも、私としては、時間に対する自由度は圧倒的に違う、と感じるのです。

お迎え担当の私は、パパに言わせると “朝の時間が自由に使える”ということかと思うのですが、そうは言っても、ほぼ自由度はありません。
せいぜい朝、早起きして歩く。早起きして仕事する。くらいでしょうか(笑)。

仕事の前に飲みに行くことはありませんし、仕事の前にお買い物ができるわけでもありません。
しかも、朝ご飯、お弁当、夕ご飯、とすべてのご飯を朝に作るのですから、朝に自由な時間などできるわけもありません。

一方で、朝の送り担当のパパは “夜の時間が自由に使える”ということ。

それは、私からみるとかなり自由度が高いように思います。誰にも事前に調整を入れずともいつでも飲みにもいけますし、会社帰りに本屋さんに寄ることだってできます。

少し疲れたなーと30分だけカフェに入ってお茶して帰ることだってできちゃいそう。

これって、ママは不自由だということ?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

村岡 弘子 [Conobie編集部]

Conobie編集部の村岡です。前職DeNAでモバオク・モバゲーのなど数多くのWebサービスのマーケティング・編集の統括を経験、フリーランスを経て、2014年1...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ママは不自由?子どもが産まれると「毎日時間がない」と感じるのはなぜだろう?