1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?

吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?

吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?のタイトル画像

吸引分娩など特殊な分娩方法には保険は適応されるのでしょうか。妊娠が発覚して喜びの反面、費用面での悩みはつきものですよね。特に出産費用に対しての不安を感じる方は多いのではないでしょうか。昔と比べれば、地域や保険組合により検診費用や出産費用を負担してもらえるようにはなりましたが、吸引分娩ではどうでしょうか。疑問を解決するお話をご紹介します。

目次 吸引分娩の場合、健康保険は適用される?
医療保険は適用される?
吸引分娩をした場合の出産費用はいくらになる?
吸引分娩はどんなときにおこなう?リスクはある?
いつまでに保険に加入すればいいの?
異常分娩は高額な出産費用になることも。保険を活用して費用を抑えよう!
早めに情報収集しましょう

吸引分娩の場合、健康保険は適用される?

吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?の画像1

現在では国民保険に加入している方や健康保険に加入されている方、旦那さんの被扶養者になっている方が出産する際に、出産育児一時金と言う補助制度を利用することができます。この出産育児一時金の制度は普通分娩はもちろん、帝王切開での出産だけではなく、吸引分娩の場合でも健康保険の適用となっています。

吸引分娩は、分娩の際に「通常分娩では危険」と医師が判断した際に行われる為、保険の適用となります。吸引分娩で伴う、会陰切開やその際の会陰縫合術も保険の適用となりますのでご安心を。

ただ、ご注意していただきたいのが普通分娩より、帝王切開と同様に費用が高くなってしまいます。病院によって様々ですが、平均的には出産一時金の補助内でまかなえますが、帝王切開や吸引分娩は異常分娩の対象となり、自己負担する費用が必要となるのです。ここ近年の吸引分娩の出産費用として、50万〜60万円前後と言われています。そのうち、出産一時金の補助が適用されますので残りの8万〜18万前後が自己負担額になります。

ですが規定の自己負担額が超えると、高額医療制度が適用される場合がありますので、実質のところ自己負担しなくても大丈夫なケースもあります。この高額医療制度に関しては後ほどご紹介したいと思います。出産後に悩まれるのがこの出産費用のお話ですが、出産後は精神的にも体力的にも疲れきっています。なので、できる限り旦那さんに先生からの出産費用のお話や会計などは任せるようにしましょう。

医療保険は適用される?

保険会社によって様々ですが、大半の保険会社では手術給付金入院給付金として保険がおりるので、妊娠前から民間の医療保険に加入している方はその給付金を受け取る事ができます。

ですが、その対象とされるのが、吸引分娩や帝王切開といった出産時に緊急で異常分娩された方のみとなります。そのため普通分娩の場合は医療保険の対象外となってしまいます。また、同じ吸引分娩でも医療保険の対象外になるケースもありますので、退院時に確認をとっておきましょう。

給付金をもらうにあたって、保険会社によっては診断書が必要となる場合があります。事前に加入している保険会社に確認をとっておきましょう。その際に、診断書が診断書料として病院側から請求されます。この診断書料は保険会社によっては返還してもらえる場合もあります。

また、出産後は育児や家事でバタバタして、保険に加入しているのに給付金の請求を忘れていたと言うママもいらっしゃると思います。そんなママも安心して下さいね。保険会社では数年分は過去に遡って請求する事が可能です。出産から何年か経過していた場合でも、請求する事ができるのです。加入されている保険会社に確認してみましょう。

最近では、女性対象の医療保険が手厚くなっています。保険会社によっては、異常分娩時の手術給付金や入院給付金以外の給付金がもらえる場合もあります。まだ医療保険に加入されていない方は一度、それぞれの保険会社を見比べてみてはいかがでしょうか。また、妊娠後でも保険会社によっては加入できる所ももありますので、気になる方は保険会社にご相談されてみてはいかがでしょうか。

吸引分娩をした場合の出産費用はいくらになる?

通常の分娩の場合、地域や病院によって様々ですが約40万〜50万円前後となっています。総合病院より、個人医院の方がやや高めの出産費用が必要となります。

吸引分娩のような異常分娩の場合は、少し高めの出産費用となります。こちらも地域や病院によって様々ですが、普通分娩の費用に約2万〜3万円程上乗せした金額が吸引分娩の費用です。

吸引分娩の場合、健康保険が適用されますので実質的には自己負担は6千円〜約1万円程となります。また、吸引分娩の手術費も健康保険の適用対象となるので金額が変わってきます。(この保険適用の場合の出産費に関しては後ほど、詳しくご説明させていただきますね。)

また、総合病院の場合は大部屋と個室がありますが個室の場合、別途で1日数千円かかります。その他にも病院によって、術中の会陰縫合代などが加算されるケースも。予想していた金額よりも高くなる場合もありますので、事前に確認される事をオススメします。

吸引分娩での出産は、会陰切開される方が多いと言われています。出産後、会陰切開の痛みで歩く事が難しいママもいます。そんな方は無理をせず、出産費についてはご家族の方に会計はお任せしましょう。

吸引分娩はどんなときにおこなう?リスクはある?

吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?の画像2

妊娠したママは一度は聞いた事のある、吸引分娩。この吸引分娩はどんな時の場合に行われるのか、いくつかのケースをご紹介します。

■微弱陣痛ばかりで、出産に進まない場合

■子宮口が全開になったのにも関わらず、2時間以上経過した場合

■赤ちゃんの心音が胎盤機能不全の原因で低下した場合

■いきむ事で、異常をきたす場合

■医師が普通分娩での出産ができないと判断した場合

その他にも様々な要因で吸引分娩になるケースがあります。また、吸引分娩で出産できない場合は、鉗子分娩に切り替わります。ですがそれでも出産できない場合、最終的に、帝王切開での出産となります。ですが近年では鉗子分娩の出産が減少しています。その為、吸引分娩からすぐに帝王切開に切り替わる場合もあります。

お産は未知の世界ですので、出産時にどうなるのかは事前にはわかりません。その為、出産時は怖さや焦りが出てくると思いますが、医師が最善な判断で行いますのでご安心して下さい。

吸引分娩のリスクに関しては、ママの場合は産道や膀胱、会陰などが裂けたりする事があります。医師の判断によっては裂傷を抑える為に事前に切開しておく場合もあります。

赤ちゃんの場合は、吸引される為、少し頭の形が変わります。また、血腫ができる場合もあります。この時、不安になられるママがいますが自然と赤ちゃんの頭の形は元に戻りや血腫もなくなります。

いつまでに保険に加入すればいいの?

吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?の画像3

妊娠してから医療保険に新規加入をしようと思い、いざ保険会社に相談してみると妊娠してからは厳しいと断られたり、様々な条件をだされたりする事があります。ですが保険会社によっては妊娠してから加入できる医療保険もあります。また、妊婦さんの既往歴(過去に異常分娩の経験があるかどうかなど)によっても条件が変わったりします。

まず加入できるかどうかの条件として、妊娠してからの保険加入は認めてもらえない場合があります。また先程お話しましたが妊娠していても、妊娠27週までの加入を認めてもらえる保険会社もありますので諦めず、色々な保険会社に相談されてみてはいかがでしょうか。(保険会社によっては定められた妊娠週数が異なる場合もありますのでご注意を)このような事から、できるだけ医療保険の加入は妊娠される前にすることをオススメします。

またその他にも、吸引分娩での出産で後日になって給付金をもらえたママもいれば、同じ様に吸引分娩で出産したのにも関わらず給付金の対象ではなく、もらえなかったといったケースもあります。この場合は保険会社によって条件が異なる為、給付金をもらえた、もらえなかったと人によってバラバラなのです。

吸引分娩になるかどうかは直前にならないとわかりません。心配だと思う方は、医療保険加入前に確認しておきましょう。

異常分娩は高額な出産費用になることも。保険を活用して費用を抑えよう!

記事内でもご紹介したと思いますが普通分娩の場合、地域や病院によって異なりますが大体、約40万円〜50万円前後と言われています。ですが実質、健康保険に加入されている場合は出産育児一時金として現在は42万円を受け取る事ができるので自己負担額は0円〜8万前後となります。その内のベッド代やレントゲン代などいくつかのものに関しては保険適用外になりますのでご注意を。

では普通分娩とは異なる出産、異常分娩の場合はどの位かかるのか、保険適用の場合は自己負担額はどのくらいなのか詳しくご紹介したいと思います。

異常分娩とは帝王切開や吸引分娩などの事を言います。異常分娩の場合は高額医療費の対象となる為、自己負担額が場合によっては普通分娩よりも少なくなるケースがあります。

人によっては黒字になり、お金がもらえるといった場合もあります。吸引分娩の場合も同様です。ただ、確認していただきたいのが病院側から異常分娩として出産を行ったかどうか、またその際の自己負担額が80,100円を超える金額なのかどうかです。高額医療制度は自己負担額が80,100円を超えないと対象にはなりません。退院される前に一度、病院の会計の方にご相談されてみてはいかがでしょうか。

早めに情報収集しましょう

いかがでしたでしょうか。出産時の保険に関しては人によって赤字になったり、黒字になったりと様々なケースがありますが、育児をしていく上で経済面からとても気になりますよね。

実は私も入院中に疲労状態だったにも関わらず、出産後に保険について調べたりしていました。私の場合は、赤ちゃんが下まで降りてこなくて、緊急の帝王切開になりました。その為、健康保険の対象、また、高額医療制度の対象となり、おかげで黒字になってお金が戻ってきました。ですが黒字になって嬉しい反面、疲労しきった身体で寝ずに保険に関して調べ過ぎて寝不足になり、体調を崩してしまいました。これから出産予定のママにはそんなことにならない様に事前に保険を調べておくことをオススメしますね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事に関するキーワード

マネー・保険 保険 生命保険・医療保険

この記事を書いた人

マシュマロママ

初めまして!現在8ヶ月の男の子の子育てで奮闘中ですが毎日楽しく生活しています!
妊娠や育児でお悩みの方の為になる事をお伝えしたいと思います♪
よろしくお願い...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 吸引分娩の出産費用はいくら?保険は適応されるの?