1. >
  2. >
  3. >
  4. 【金曜10時コウノドリ】不妊治療の末に授かった命、だが妊娠高血圧症候群にかかって・・・

【金曜10時コウノドリ】不妊治療の末に授かった命、だが妊娠高血圧症候群にかかって・・・

【金曜10時コウノドリ】不妊治療の末に授かった命、だが妊娠高血圧症候群にかかって・・・のタイトル画像

毎週この時間を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今話題のドラマ『コウノドリ』、6回目のテーマは「高齢出産と妊娠高血圧症候群」。第2話にも出演していた小栗旬も登場します!

第6話のテーマは、高齢出産と妊娠高血圧症候群

今最も話題のドラマのひとつ、コウノドリ。
前回のテーマ「若年妊娠」では、中学2年生で妊娠・出産した女学生と、そういった若年妊娠で産まれる赤ちゃんの特別養子縁組について描かれていました。

女学生役を演じた山口まゆさんの体当たりで本格的な演技も話題となり、注目を集めましたね。


さて、第6話のテーマは、高齢出産と妊娠高血圧症候群。

冒頭では、43歳、不妊治療の末授かった赤ちゃんだったものの、子宮破裂により、赤ちゃんが助からないだけでなく子宮全摘というケースが描かれます。

ペルソナ総合医療センターへ腹痛と出血を訴えた妊娠31週の妊婦が運ばれてきた。
すぐに緊急開腹手術を行うが、子宮破裂を起こしていたため子宮は全摘、赤ちゃんも助からなかった。妊婦は43歳。2年前に子宮筋腫を切除する手術を受け、不妊治療の上の妊娠だったのだが…。

5年間の不妊治療の末授かった命。無事臨月を迎えるが・・・

鴻鳥サクラ先生が診察するのは、43歳、5年間の不妊治療の末妊娠し、臨月を向かえた女性。
妊娠高血圧症候群を懸念され、入院することになります。

帝王切開で出産の日を迎えるものの、手術中の母体に予期せぬ事態が起こり、果たして命は助かるのか・・・!?という内容。

また、第2話で出演した小栗旬も、6ヶ月になった子どもの容態がおかしくなったとのことで出演するようです。

そんなある夜、鴻鳥サクラのもとへ娘の芽依を抱えた永井浩之(小栗旬)が飛び込んでくる。芽依は、健康に生まれ現在6ヶ月になるが、この日、浩之が保育園から芽依を連れて職場に戻って仕事しているうちに様子がおかしくなったと言う…。

35歳以上の高齢出産、10年で倍増に

今回のテーマである「高齢出産」とは、35歳以上で子どもを出産すること。

「高齢出産が増えている」というフレーズはよく聞くと思いますが、果たしてどのくらいの割合で増えているのでしょうか?


厚生労働省の調査によると、およそこの10年間で、35歳以上の高齢出産の割合は倍増しているとのこと。
35歳以上の出産は24.7%、40歳以上の出産は3.6%いるそうです。

働く女性が増えたり、ライフスタイル・価値観が変化したことによって、結婚の時期が以前よりも遅くなったことから、出産の時期も遅れ、高齢出産の割合が増えているといわれています。

【金曜10時コウノドリ】不妊治療の末に授かった命、だが妊娠高血圧症候群にかかって・・・の画像1

高齢出産と不妊治療。数が増え続ける理由とは?

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 高齢不妊

この記事を書いた人

Caren

テレビとねこ、食べあるきが趣味。
まだどこにもない情報をいち早くお届けします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【金曜10時コウノドリ】不妊治療の末に授かった命、だが妊娠高血圧症候群にかかって・・・