いかがでしたでしょうか?
この記事を読んで、改めて思ったのは、

誰もが、その背景に何かを抱え、理由があってその行動をしている

ということです。
ブログにも書かれていましたが、

・電車に乗った途端 YouTubeに子守をさせる親
・子どもが大きな声を出しても 怒らない親
・3歳になってもベビーカーで通勤時間帯に乗る親

そういった見方は、あくまで一側面。だから、

「子どもを叱れない母親だ!」
「通勤時間帯にベビーカーで乗り込んでくるなんて!」

と、そう単純に思ってしまうのはきっと違うのだと思いました。

つい瞬間的に、誰もが自分の経験則から物事を考えたり、何かを発したりします。

でも、そうする前に、一息おいて
「この人の行動にはどんな理由があるんだろう?」
「どんな背景があるんだろう?」


そう考えてみると、もっと目の前の世界が開けるのではないかと思いました。

育児には、“こうしなければいけない、こうすべきだ!”ということはないはず!
こういったことを大切にして、毎日楽しく過ごしたいですね。