1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. あなたのミルクの作り方、安全ですか?調乳温度は70度以上!その理由とは?

あなたのミルクの作り方、安全ですか?調乳温度は70度以上!その理由とは?

あなたのミルクの作り方、安全ですか?調乳温度は70度以上!その理由とは?のタイトル画像

知っているようで知らない、赤ちゃんのミルクの作り方。何となく作っていませんか?特に大切な調乳温度についておさらいしてみましょう。

望ましいミルクの調乳温度は何度?

乳児用ミルクのパッケージには、調乳方法が記載されていますよね。その通りに作っていただいて、何ら問題はありません。ただ、どうしてこの温度なのでしょうか。

ミルクの調乳温度は70度以上です。その理由を考えていきましょう。

ミルクは”無菌”ではない

ミルクの製造過程で、無菌にすることはできないと言われています。また、ミルク缶開封後には空気中の細菌にも曝されます。中でも心配なのは『サカザキ菌』。空気中にもいますので、避けることはできません。避けることが不可能であれば、人にとって、赤ちゃんにとって、無害な状態にしてあげるしかないのです。

80度以上のお湯で調乳するのがベスト!

サカザキ菌が不活化し、人にとって無害な状態になる温度が70度なのです。つまり、ポイントは、サカザキ菌に触れる温度を70度以上にすること。

お湯を容器から容器へ移すと、その温度は約10度下がると言われています。一度沸騰したお湯を70度にまで下げたものを哺乳瓶に移すと、70度がキープできません。そのため、できれば80度以上のお湯で調乳するということが望ましいです。

温度が高すぎても心配

それでは逆に沸騰したお湯であれば良いのか、と言われるとそうではありません。確かに、菌に対しては高い温度の方が良いのです。しかし、温度が上がりすぎると、ミルクの栄養素を破壊してしまう可能性が出てきます。

ミルクに含まれる栄養素、たんぱく質や栄養素を破壊せずに調乳するベストな温度は…80~90度と言えます。

湯冷ましを上手に使おう

高い温度で調乳することで、ミルクを冷ますのに時間がかかると思います。そこで多くの方が利用されているのが湯冷まし。一度沸騰したお湯を冷ましたものです。粉ミルクを完全に溶かすために必要な温度が80~90度ですので、少ない湯量で完全に溶かしてしまえば、あとから追加するお湯の温度が低くても大丈夫なのです。

例えば…100mlのミルクを作るために、50mlの適切なお湯で完全に粉ミルクを溶かして、残り50ml湯冷ましを入れる、これはOKです。

あなたのミルクの作り方、安全ですか?調乳温度は70度以上!その理由とは?の画像1

今一度、安全性を確かめてみては?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. あなたのミルクの作り方、安全ですか?調乳温度は70度以上!その理由とは?