1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!

【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!

【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!のタイトル画像

ノロウィルスが流行り始める季節になりました。ノロウイルスにかかったら、感染の危険を防がなければいけません。ところが、石鹸もアルコール消毒もノロウイルスには効果が少ないようです。家庭内感染の危機を避けるため、簡単にできる消毒液の作り方を覚えて、対策しましょう。

突然の嘔吐から始まるノロウイルスの感染力

毎年寒くなるとノロウイルスが流行ることが多いですよね。

ノロウイルスにかかると下痢と嘔吐が突然来ます。
しかも、小さな子どもや高齢者の場合、重症化することもあるそうなので注意が必要です。

先ほども書いたように、ノロウイルスは嘔吐から始まります。

そして、感染力が非常に強いので家族内で感染してしまうことも。

我が家の経験談から、行っている対策をご紹介します。

ノロウイルスに効果のある消毒液は?

【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!の画像1

予防策として、手洗い・うがいは基本ですが、ここでは、実際にノロウイルスにかかってしまったときの対策として、我が家でつくっている消毒液の作り方、消毒の仕方をご紹介します。

まず、ノロウイルスはアルコール(エタノール)も石鹸もほとんど効かないそうです。
ノロウイルスに効くのは「次亜塩素酸ナトリウム」とのこと。

え?なにそれ?と恐れることはありません。

次亜塩素酸ナトリウムとは、みなさんおなじみの家庭用塩素系漂白剤、ブリーチです。

他に用意するものとしては、

・ペットボトル
・使い捨ての手袋
・古タオルやペーパータオル

これらがあれば十分です。

【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!の画像2
ペットボトルとブリーチ。使い捨て手袋と古タオルやペーパーでOK

消毒液の作り方

消毒液は2種類必要です。

1つは部屋のなかを除菌するための消毒液、もう1つは排泄物や吐いたものを処理するための消毒液です。

<部屋用>
部屋の中を除菌するための消毒液は、塩素濃度約5%の原液(ハイターなど)を0.02%の割合で混ぜて作ります。
具体的には、2リットルのペットボトル1本の水に10ミリリットルの塩素濃度約5%の原液を混ぜます。
トイレのドアやテーブルなど、多くの人が触れる場所を中心に消毒しましょう。

<排泄物や嘔吐物用>
排泄物や吐いたものを処理するための消毒液は、塩素濃度約5%の原液を0.1%の割合で混ぜます。
この消毒液は、500ミリリットルのペットボトル1本の水に、10ミリリットルの塩素濃度約5%の原液を加えることで作ることができます。
排泄物や吐いたものが落ちた床などを拭くときに使用しましょう。

なお、消毒をする際に塩素ガスが発生することがあるため、部屋の換気に注意して使用するようにしましょう。

この記事を書いた人
宗像陽子の画像
宗像陽子

こんにちは。宗像陽子です。子育て支援サイトココフル♪http://www.cocoful.jp/の編集長です。
自身は3人の子育てを終え、夫と猫と暮らしていま...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 病気・怪我・健康
  4. >
  5. 【ノロウイルス対策】消毒液の作り方を覚えて家庭内感染を防ごう!