1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!

新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!

新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!のタイトル画像

赤ちゃんのおでこから頭のあたりに「かさぶた湿疹」が出ることがあります。早くつるんとしたお肌に治してあげたい!と思いますよね。病院で「きれいに洗うように」と言われたり、おばあちゃんに「自然にきれいになるよ」と言われたりと、ケアの方法に迷う方も多いはず。そんな「かさぶた湿疹」をきれいにするために、自宅で簡単にできるケアをご紹介します。

新生児によくある「かさぶた湿疹」

赤ちゃんが生まれて1ヶ月から2ヶ月頃から出ることがある、うろこのようなかさぶた湿疹。ピークは一般的に1ヶ月半頃。この時期を過ぎると脂漏の分泌が減り、自然と治っていくことが多いようです。
原因として、お母さんのおなかにいたときのホルモンの影響や、赤ちゃんの脂腺の機能亢進があります。赤ちゃんの体質によって、よく出る子とそうでない子がいますが、「なんとなく脂くさいにおい」がするのが特徴です。

かさぶた湿疹には、このような例がみられます

新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!の画像1
新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!の画像2
新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!の画像3
新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!の画像4

かさぶた湿疹のには、こんなケアがおすすめ!

もしお風呂で洗ったばかりなのに「なんとなく脂くさいにおい」があるようなら、洗い方が優しすぎるのかもしれません。石鹸できれいに洗う方法として、湿疹ができている部分だけ、美容院でシャンプーしてもらう時のようにシャカシャカと洗います。湿疹に痒みを伴うことも多いので、この洗い方をするだけで赤ちゃんはうっとりするかもしれませんよ。

また、石鹸で洗っても取れないときは、「オイル湿布」をして脂をふやかすと早く治ります。

このときに使うオイルは「天然の植物油」をおすすめします。セサミやホホバ、オリーブ、グレープシードなど、ベビーマッサージで使うオイルが天然の植物油です。ガーゼにオイルをひたして頭皮にパック。15分くらいしてからふき取ると、面白いほどよく取れます。頭皮が特に乾燥している子には、たっぷりとオイルをつけてあげてください。

意外と知られていませんが、市販の「ベビーオイル」は鉱物油なので、脂をますます固くしてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!の画像5

オイルパックはお風呂に入る前が特におすすめです。

オイルパックの後に、お風呂に入って石鹸でシャカシャカ洗うと、3日もあればすっきりきれいな頭皮になります。お風呂上りに「なんとなく脂くさいにおい」が残っているようなら、2度洗いしてあげると効果的です。

このオイルパックをした後は、つるんとゆで卵肌になる子もいます。ぜひお試しくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児の「かさぶた湿疹」には、オイルパックが効く!