1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. “おむつハラスメント”に苦しむママたち。あなたも加害者になってませんか?

“おむつハラスメント”に苦しむママたち。あなたも加害者になってませんか?

“おむつハラスメント”に苦しむママたち。あなたも加害者になってませんか?のタイトル画像

おむつハラスメントという言葉を聞いたことがありますか?実は最近、おむつ外しやトイレトレーニングをめぐって、周りからのプレッシャーに苦しんでいる親がいると言われています。あなたも知らず知らずのうちに、加害者になっているかも・・・?

おむつハラスメントとは?

「おむつハラスメント」という言葉、聞いたことありますか?

おむつハラスメントとは

「いつまで子どもにおむつさせてるの?」
「トイレトレーニング、うまくできていないんじゃない?」


と、おむつが外れる時期について、周りからプレッシャーをかけられることを指します。

特に近親者(妻の場合、夫、父母・義父母など)からの言葉かけに対して、「おむつが外れないのは、私のせい・・・?」と感じてしまう人が多いようです。

トイレトレーニング中の子供を持つママへのアンケート結果によると、配偶者や近親者からのプレッシャーがあると答えたママは、47.1%。さらにおむつはずれを自分のせいであるかのように言われたケースは50%にも登るのです。これがママたちを悩ませるおむつハラスメントです。(2015年9月26日・インターネット調査)

どうして、おむつ外しを急かされるのか?

一昔前までは、早くおむつを外すべき!という考えが強く、祖父母世代(今の親の親世代)としては、「いつまでおむつをしているの!?」と、イライラしてしまうのかもしれません。

実は私も、トイレトレーニングを親から急かされた一人。

親の言い分としては、
「今のおむつは性能が良いから、不快感を感じづらい。だから、おむつがなかなか取れないのだ」
とのことでしたが、あまりに焦って無理やりトイレトレーニングをさせなくても、小学校にあがるまでになんとかなっていればいいか・・・と、私は気長にかまえていました。

おむつが外れていないと、幼稚園に入れない!?

ところが、いくら親が気長にかまえていたとしても、トイレトレーニングを急がなくてはならないケースが発生するようです。

それは、入園を希望する幼稚園の方針。

なんと、
おむつが外れていないと、幼稚園に入れないケースがあるらしいのです・・・!

この事実を知らなかった私はかなり驚きました。

保育園では子どものトイレトレーニングもしっかりしてくれるところがほとんどかと思いますが、幼稚園は「未就学児の教育を行う場」であり、保育する場ではないため、おむつ替えやトイトレを期待することはできない、という見解が多いようです。

子どものペースに合わせ、ゆったりとトイトレを。

トイトレが終わっていないと幼稚園から入園拒否されてしまう…という幼稚園もあるそうですが、トイレトレーニングが不安な方は、入園説明会で詳細を聞くことができます。

もちろん、おむつが取れていなくても入園できる幼稚園もありますし、トイトレがうまくいかない場合は先生に相談してみてもよいでしょう。


トイトレはあまり急かしすぎても、子どもにとっても親にとってもストレスになってしまいます。
大人になってまで、おむつが外れない人は滅多にいないし・・・と、ゆったり構えながら、トイトレしてみてはいかがでしょうか。

おむつハラスメントの加害者にならないために

幼稚園の入園に合わせて・・・
周りがおむつ取れるまでに・・・

と、親は皆、ただでさえトイレトレーニングに必死になっています。

そんな中、近親者が
「おむつ、まだ取れないの?」
と言ってしまうと、さらにプレッシャーをかけることになりかねません。


トイトレがうまくいっていない様子が見られたら、「まあ、いつか取れるわよ」「焦らなくてもいいんじゃない?」と、優しく声をかけてもらえると、余裕を持って子育てができるのではないのでしょうか。

すでにトイトレを終えた方も、トイトレ真っ只中の親御さんと話すときは、声掛けに気をつけてみるといいかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Caren

テレビとねこ、食べあるきが趣味。
まだどこにもない情報をいち早くお届けします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. “おむつハラスメント”に苦しむママたち。あなたも加害者になってませんか?