1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 安心感を生む、機能的抱っこ紐「スリング」の使い方とメリット

安心感を生む、機能的抱っこ紐「スリング」の使い方とメリット

安心感を生む、機能的抱っこ紐「スリング」の使い方とメリットのタイトル画像

スリングって、たまに聞くけど実際どうなの?使いにくいんじゃないの?何がいいの?お祝いでいただいたけど、全く使えてない。そんな方も多いのではないでしょうか?今回は赤ちゃんから3歳まで使える、袋状の抱っこ紐「スリング」の使い方とメリットについてご紹介します。ぜひ一度、使ってみるチャンスがあれば試してみてください。慣れたらやみつきになりますよ!!

1枚の布でできた抱っこ紐「スリング」とは?

スリングは赤ちゃんから3歳頃まで使えます。1枚の布でできていて、その布にすっぽり収まるサイズで、布の強度に耐えられる体重であれば、大きくなっても使えるんですよ。スリングにも様々なものがあります。リングなし、リング付き、バックル付き…。なかでも一番フィット感があり使いやすいと感じるのは「リング付き」です。

一番難しいと感じていらっしゃる方が多いのですが、ママもパパも同じものが使えますし、調整も簡単!器用じゃないから心配…とおっしゃる方は、慣れるまで頑張りましょう!リンゴの皮むきも1回で上手にできるようになる方もいれば、たくさんの練習が必要な方もいますよね。それでも練習すれば必ずできるようになります。コツをつかめば装着時間も1分とかかりません。

メリット1.子どもの安心感を生む密着感が大きな特徴

ベビーやキッズの抱っこ、どうするのが一番楽かって、それはもうできる限り密着することなんです。ママと子どもの距離が離れれば離れるるほど、重心の位置が変わってきますから不安定になります。ママの肩や背中・腰に負担がかかります。密着することで、ママと子どもの一体感が生まれます。子どもの安心感につながります。ママの身体への負担が少なくなります。

そんな密着度に関しては、スリングはピカイチです。逆に言えば、密着しなければスリングの使用は危ないんです。何といっても1枚布で、安全ベルトなどがあるわけではありませんから。密着することがとても大切な抱っこひもです。

メリット2.何通りもの抱き方が可能で機能的!

新生児の頃は横抱き、首や腰がしっかりしてきたら縦抱き、周囲に興味が出てきたら前向き、ママが手を離せない家事などしているときにはおんぶ。他にも様々な抱っこができてとても機能的です。まぁるくコロンとしたフォルムで前向き抱っこしていたら、注目の的間違いなしです!

安心感を生む、機能的抱っこ紐「スリング」の使い方とメリットの画像1

メリット3.ママの姿勢の矯正にも一役買ってくれます

スリング抱っこで過ごす時間、ママは姿勢をシャンとしていないといけません。ママが猫背になってしまうと密着感が少なくなってしまうのです。密着感が減るということは、赤ちゃんが布から抜けてしまう可能性があるということ。だからこそ、背筋をシャンと伸ばして抱っこしてほしいのです。

育児中のママは、背中が丸くなりがち。授乳やオムツ替えなど、前かがみになってしまうことが多いので仕方ありません。でも、ママの姿勢が悪いことは、ママ自身の健康のために、あまりよくありませんよね?スリング抱っこの時間だけでも、必然的に姿勢を意識することができるのは、良いことだと思いませんか?

「ママの腕=スリングの布」

説明書通りに行っても、なかなかうまくいかないスリング。助産師すべてがスリングに精通しているわけではありませんが、産院にひとりくらい詳しい助産師もいると思います。まずは聞いてみてくださいね。

そして、子どもの発育発達に応じて使い方も変わってきます。違う抱き方をしてみようかな、と考えた時、「ママの腕=スリングの布」ということを頭の隅に置いておいてください。

ママがお子さんを抱え上げた時、楽になるように身体と腕を使って抱っこされることと思います。スリングは、その腕の役割をしてくれるものです。抱っこひもなしで抱っこした姿勢にスリングの布を巻き付けるイメージです。ちなみに冒頭の写真もそうです。よくある腰抱きをスリングを使ってしています。

そして、もし、公民館や児童館などでスリングを使いこなしているママに出会えたら、話しかけてみましょう。自分では気づけていないコツを教えてもらえるかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

抱っこ紐・スリング ベビー用品 赤ちゃんのお世話

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 安心感を生む、機能的抱っこ紐「スリング」の使い方とメリット