1. >
  2. >
  3. >
  4. 男の子ママ必読!マンガで読める「叱らないしつけ」の方法

男の子ママ必読!マンガで読める「叱らないしつけ」の方法

男の子ママ必読!マンガで読める「叱らないしつけ」の方法のタイトル画像

「こどもコンサルタント」のアドバイスを元に、自身も3歳の男の子を持つ漫画家さんが手がけた育児コミックエッセイです。毎日叱ってばかり、周囲に謝ってばかりで疲れたというママ、「叱らないしつけ」がラクに学べます、そしてママ自身もラクになることができるはずです!

amiのアイコン ami

マンガだからこそ気軽に読み始められる!

この本は「一部分だけマンガ」ではなく、本当に全部マンガで説明してくれています。本を読むのが苦手なママでも、マンガを読んでいるだけでしつけについて楽しく学ぶことができます。まえだゆずこさんの絵も可愛いので、ほっこりした気持ちになることができます。

特に「シーン別4コマ」は、NGパターンとOKパターンの両方を載せてくれているので「あ、普段の自分はNGパターンだ」とわかり易いですし、OKパターンも視覚で吸収できます。いざ日常生活で同じ場面に出くわした時にも絵で思い出すことができるのが、育児マンガの良い点だと思いました。

また、育児について少し悩んだり行き詰った時、ペラペラとめくることで「そうだ、こういうやり方だった!」とすぐ思い返すことができるのも、一般的な育児本とは違う点です。

子どもに注意するときは疑問形や単語、言葉のみはNG!

この本によると、子どもに注意するときは疑問形や単語、言葉のみはNGだそうです。

【NGな注意の仕方】
 ・どこにいくの!
 ・何してるの!
 ・なんでそんなことするの!

【OKな注意の仕方】
 ・こっちへ戻っておいで
 ・危ないからやめなさい
 ・お箸で食べなさい

ついNGの方ばかり言ってしまっていませんか?

私自身そうなのですが、「叱る・注意するママ像」=「NGワードを言うイメージ」なのです。でもこの本を読むことで、それは間違ったイメージだということがよく分かります。そして、実際には何と言うべきなのかがダイレクトに分かるのです。

子どもに10回言って理解してくれたらラッキー?!

この本を読んだ中で一番衝撃的だった箇所です。

「できないことを強く言われたらイヤなのは大人も子どもも同じ。たとえ何度目だろうがその教え方が普通だったからこそ“わかる10回目”がくる。だから叱るのではなく穏やかに普通の言い方で何度も教えてあげてください」

私も「何度言っても同じことして!」「も~、なんで分かってくれないの!」と、毎日イライラしてばかりでした。ですが、子どもなんですもの、まだ分からなくてもしょうがないんですよね。分かってもらえる日がくるまで、今日から穏やかに伝えるしつけ、実践してみようと思います。

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させていただいたアドバイスの他にも、「何回言ってもやめないとき」「お片付けをしないとき」「お店でおねだりしたとき」「“順番”や“列”のルールを教えたいとき」「友達づくりが苦手なとき」など状況別にたくさんのアドバイスが記載されています。

実はすごく情報量が多いのですが、マンガゆえに量を感じさせない作りになっています。「いろんな育児本を読んだけれど、ピンとくるものがなかった」というママには、「これだ!」と思える一冊になるかもしれません。私も繰り返し読んで、日々実践に生かしています。


また、この本のマンガを書いているまえだゆずこさんは、Conobieでも連載をされているので、ぜひ読んでみてくださいね♪

ゆずぽんさんの連載 おやこぐらし 男・女・男・女の4人きょうだい育ててます

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 男の子ママ必読!マンガで読める「叱らないしつけ」の方法