1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コウノドリ第4話『小さな命・切迫流産』を終えて、視聴者の感想は?

コウノドリ第4話『小さな命・切迫流産』を終えて、視聴者の感想は?

コウノドリ第4話『小さな命・切迫流産』を終えて、視聴者の感想は?のタイトル画像

大人気のドラマ『コウノドリ』第4話、ご覧になられたみなさま、感想はいかがでしたか?テーマは切迫流産と、NISCUと低体重出生児。気になるその内容は・・・

気になる今夜のテーマは、切迫流産

大人気ドラマ『コウノドリ』

毎週この日を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?
私もその一人。今日もドラマを見ながら、この記事を書いています。

今日のテーマは、切迫流産。

妊娠21週1日の妊婦・田中陽子(河井青葉)が、夫の淳(和田正人)に抱きかかえられるようにしてやって来た。異変を感じて病院へ来る途中に破水してしまい、流産しかかっている危険な状態だ。

前日の健診でお腹の張りを訴える陽子に、担当医の下屋加江(松岡茉優)は問題ないと帰したばかり。どういうことかと詰め寄る陽子に、下屋は言葉が出ない。

鴻鳥サクラ(綾野剛)が切迫流産は予測が難しいこと、そして赤ちゃんがとても危険な状況なことを説明すると、そのあまりの厳しい状況に夫婦は呆然とする。そんなふたりに、サクラはある過酷な選択を委ねる。

夫婦に迫られた、過酷な選択とは

切迫流産とは、妊娠22週未満までに、出血や痛み、破水等の症状を伴い、流産しかかってしまっている危険な状態を指します。
切迫早産は、その症状が22週〜37週の頃に出るもの。

切迫流産や切迫早産を経験された、という方は多いと思いますが、母子ともに体験危険な状態のため、絶対安静を言い渡されたり、出産まで入院の措置をとる場合もあります。


ドラマの夫婦は、21週で破水が起きたことでお腹の中の羊水が減ってしまったため、赤ちゃんがどのくらいお腹の中にいられるかも分からない状態。前日に検診をしていた下屋先生は、なぜわからなかったのか?と責められてしまいます。

生まれてくる赤ちゃんは、超低体重児。
障害が残ってしまう可能性もあるため、「重い障害が残ったらどうしよう・・・」と、お母さんは天井を見つめながら悩みます。


そんな中状態での陣痛。

胎児の心拍が落ちてきて、自然分娩だと赤ちゃんは助からない可能性は高く、緊急帝王切開が必要となります。
しかし、超早期の帝王切開になるので、子宮を大きく切る必要があり、次の妊娠に大してもリスクが大きくなるとのこと。

それだけのリスクを冒しても、赤ちゃんが生存できる確率は50%。

母体の安全を原則とする産科医としては帝王切開は勧められない・・・

そのリスクを、下屋先生は夫婦に伝えなくてはなりません。

夫婦と、新人・下屋先生の決断。果たして赤ちゃんの命は・・・

田中さん(母):医者としてじゃなくて、個人としてどう思いますか?

下屋先生:赤ちゃんも母体も両方助けたいです!!

田中さん(母):わたしもです。私も赤ちゃんあきらめたくないです。私、生みたい。生まれてきてほしい。

夫:この子のためにできることは何だってしてやるって決めたんです。だから手術してください!


夫婦は悩んだ末、授かった尊い命を守りきることに決めました。

無事出産することができたものの、片手の手のひらに収まるほどの小さな小さな赤ちゃん。
NICU(新生児特定集中治療室)にて、大きく育つまで保育器の中で赤ちゃんを育てていくこととなります。

ドラマを見ながら、低出生体重児を産んだママたち、そして、切迫早産や切迫流産、流産死産を経験したママたちからは、たくさんの声が寄せられていました。

いま、ここで生きていることが、奇跡。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 出産の基本情報 早産・切迫早産

この記事を書いた人

みなみ

兵庫県在住、アラフォーです。
子どもの寝顔を見ているときと、編み物をしている時が一番シアワセな時間。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. コウノドリ第4話『小さな命・切迫流産』を終えて、視聴者の感想は?