1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまで

運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまで

運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまでのタイトル画像

「ロコモ」という言葉、みなさんはご存知でしょうか?正式名称は「ロコモティブシンドローム」別名、運動器症候群と言います。高齢者によくみられると言れてるこのシンドローム、なんと今や子どもたちにもみられるそう…!

ロコモって知ってますか?

初めて聞いたときは、「なんだろう、食べ物??」なんて思っていました。

正式名称は「ロコモティブシンドローム」というそうです。
これは、運動器の障害のために移動機能が低下している状態のこと。

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。
進行すると日常生活にも支障が生じてきます。2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。

立つ、歩く、が低下する…?
それって高齢者の病気なのかな?

と、感じる方もいるかと思います。

ところが・・・ちょっと待ってください!

今や、子どもにまで、その危険性がおよんでいるとのことなんです。

これは、ロコモかも?体を支えられない、しゃがめない…

運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまでの画像1

なぜ子どもにもロコモが拡がっているのか??

それは、外遊びの減少と技術の発達により、
日常生活で、体をたっぷりと動かす機会が減ったから、と言われています。

ゲーム機やパソコンで遊ぶことが増え、「蛇口をひねる」「ドアノブを回す」など生活上の細かい作業も減った。関節や筋肉をいろんな方向に動かす機会がないことが影響している。


野球やサッカー、水泳など、
何かしらスポーツをしていても大丈夫とは言えないとのこと。

…うーん、なんかちょっと心配になってきました。。。

ロコモかどうか?はどう判断すれば良いのだろう…

運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまでの画像2

我が子がロコモかどうか?を調べるための4つのチェックがあります。

①片足で5秒以上立つ
②かかとをつけてしゃがむ
③手をまっすぐ上げる
④膝を曲げずに指先を床に着ける(体前屈)


について、どれか一つでもできないものがあると、何らかの運動機能不全といえるそう。

我が子にもやってもらい、なんとかできましたが、
①や②はちょっとぐらぐら。。
私自身も危ないな~、、と感じました。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ころ

お菓子づくりが趣味のワーママです。
旦那さま、娘と3人家族です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 運動器の障害「ロコモ」が増加!?その危険は子どもにまで