1. >
  2. >
  3. >
  4. 【吸引分娩】障害・後遺症のリスクは?頭の形戻る?黄疸に影響する?

【吸引分娩】障害・後遺症のリスクは?頭の形戻る?黄疸に影響する?

【吸引分娩】障害・後遺症のリスクは?頭の形戻る?黄疸に影響する?のタイトル画像

「吸引分娩」とはどのような分娩方法なのでしょうか?また、赤ちゃんやママへのリスクはあるのでしょうか?
このまとめでは吸引分娩が必要な理由や、赤ちゃんやママに与えるリスク、赤ちゃんの頭の形への影響など、吸引分娩について知っておきたい情報を詳しくご紹介します。

目次 吸引分娩とは?
吸引分娩ってどんな時に必要なの?
吸引分娩の母と赤ちゃんへのリスクは?障害のリスクはあるの?
吸引分娩は頭の形に影響する?出産後に頭の形は治るの?
吸引分娩は黄疸に影響する?
吸引分娩に保険は適用される?
最後に

吸引分娩とは?

「吸引分娩」とは赤ちゃんやママの状態から、赤ちゃんを速やかに出してあげた方がよいと判断された場合に行われる緊急の処置です。子宮口が全開大になり、赤ちゃんが下りてきた段階で判断・処置が行われます。

具体的には、まず金属またはシリコンで作られた丸いカップを赤ちゃんの頭に当て、カップ内を真空状態にすることでカップと頭を密着させます。その後、ママのいきみに合わせて赤ちゃんの頭をゆっくりと引き出していきます。

吸引分娩と同じように分娩を補助する処置として「鉗子分娩」という方法もありますが、こちらはカップではなく、トングのような専用の器具を使って赤ちゃんの頭を挟んで引き出します。どちらの方法を用いるかはその時の赤ちゃんの状態で判断されますが、一般的にはまず吸引分娩を行い、それでも引き出せないときに鉗子分娩を行うことが多いようです。

吸引分娩ってどんな時に必要なの?

吸引分娩は主に以下の場合において、速やかに赤ちゃんを取り出したい時に行われます。

・子宮口が全開大になったのにもかかわらず赤ちゃんが下りてこない
・ママの疲労が限界に達している
・陣痛が弱くてお産が進行しない(微弱陣痛)
・赤ちゃんが産道を通る際にうまく回れずお産が進行しない(胎児の回旋異常)
・赤ちゃんの心拍が落ちて仮死状態になっている

吸引分娩はこのような状態に陥った時に行われますが、無事に吸引分娩を成功させるためには以下の条件が満たされている必要があります。

・子宮口が全開大である
・すでに破水している
・赤ちゃんが経膣分娩に耐えられる
・赤ちゃんの頭がママの骨盤に対して大きすぎず、無事通り抜けることができる(児頭骨盤内不均等ではないこと)
・帝王切開に切り替えられる体制である

これらの条件が満たされなかったり、吸引分娩での分娩が難しかったりした場合には鉗子分娩や帝王切開での処置が行われます。

吸引分娩の母と赤ちゃんへのリスクは?障害のリスクはあるの?

吸引分娩ではカップの吸着力に限界があり、それを超えて引っ張るとカップが赤ちゃんの頭から外れてしまいます。そのため、赤ちゃんを引き出す力は鉗子分娩の時よりも弱く、ママや赤ちゃんへの負担は少ないと考えられています。
しかし、吸引分娩ではママのいきみに合わせて行うものの、力をかけて引き出す方法ではあるので、母子ともに影響がでてしまう可能性は0ではありません。

■ママへの影響
・出血
・会陰裂傷
・膣壁裂傷
・子宮頸管裂傷
・尿道・膀胱裂傷

母体には無理な力がかかることで、会陰や膣壁などが裂けて傷ができる可能性があります。これらの傷は自然治癒による経過観察をしたり、状態に合わせて縫合をしたりします。

■赤ちゃんの影響
・頭皮を傷つけてしまう(皮膚剥離)
・産瘤が大きくなる
 ※産瘤とは頭皮と頭蓋骨の間にできるむくみのようなもので、正常な分娩でも起こります。2~3日ほどで自然になくなるものなので心配はありません。
・頭血腫が起こる
 ※頭血腫とは内出血のようなもので、頭に強い力がかかることで頭蓋骨の骨膜の一部がはがれ、そこに血がたまった状態を指します。産瘤と比べてなくなるまでには2~3か月ほどかかりますが、基本的には治療は行わず経過を観察します。
・帽状腱膜下出血
 ※頭皮の下にある「帽状腱膜」と皮下組織が裂けてしまうことで思わぬ大出血を招く可能性があります。
・頭蓋内出血
 ※急な血圧の変化や頭への圧迫が原因で起こります。大出血がおこった場合には障害が残る可能性もあります。

最近は医療技術の発展により、吸引分娩による障害のリスクはとても低くなっています。あまり過度な心配をせずに医師の判断に従いましょう。

吸引分娩は頭の形に影響する?出産後に頭の形は治るの?

吸引分娩では先ほどもご紹介した産瘤や頭血腫ができたり、カップで吸引した箇所が長く伸びたりする可能性があります。しかし、これらは成長とともに治まってきますのでご安心ください!また吸引分娩をした赤ちゃんでも頭の形に影響が出なかった子もいます。

頭の形は吸引分娩だけでなく、両親からの遺伝や寝ているときの向き癖にも影響されますので、もし頭の形が気になってしまった場合は医師に相談してみるのもよいでしょう。

吸引分娩は黄疸に影響する?

「黄疸」とは皮膚や粘膜が黄色く見える現象です。吸引分娩自体は黄疸を引き起こす原因ではないのですが、吸引分娩によって頭血腫ができてしまった場合には黄疸がみられることがあります。

黄疸は血液中のビリルビンという物質が血液内に増えすぎることで起こります。ビリルビンは古くなったり、壊れてしまったりした赤血球からできるもので、頭血腫がある場合には内にたまった血液から多く発生してしまいます。通常ビリルビンは肝臓で処理されるものなのですが、赤ちゃんはまだ肝臓の機能が未発達なため十分にビリルビンを処理することができません。そのため、頭血腫があると黄疸が強く出やすくなってしまうのです。

黄疸は通常のお産をした新生児にも見られるもので自然に消えていくことが多いのですが、もし血液中のビリルビンの濃度が一定値を超える場合には光を当てる「光療法」や「交換輸血」などの治療が行われます。

吸引分娩に保険は適用される?

吸引分娩では健康保険、医療保険が適用されます。

吸引分娩を行った場合には「通常のお産にかかる費用+吸引分娩の処置費用」が請求されますが、この中で「吸引分娩の処置費用」が保険適用とされて3割負担になります。吸引分娩の処置費用は病院によって差がありますが、一般的には保険適用されて6000円~15000円ほどになることが多いようです。

また、吸引分娩は医療保険が適用される「異常分娩」に含まれますので、保険金が下りる可能性があります。保険金が降りるかどうかは加入している保険内容にもよりますので、まずは保険会社に連絡をしてみましょう。
保険適用となった場合には病院にて診断書(3000円~5000円程度かかります)を作成してもらい、保険の申請書類とともに提出します。もし出産から時間が経ってしまっていても、過去に遡って請求ができる可能性もありますので、まずは保険会社に確認をしてみましょう。

最後に

吸引分娩は赤ちゃんとママの命を守るために必要な処置です。最近では医療技術の進歩により、吸引分娩による障害のリスクはとても少なくなっています。赤ちゃんへの影響が気になってしまうママも多いかと思いますが、安心してくださいね。頭の形も成長するにつれてもとに戻ってくれますので、無事に生まれてきてくれた「勲章」として前向きにとらえてみるのもよいのではないでしょうか?
また、吸引分娩は医療保険が適用されますので、保険に加入している方は保険金のもらいそびれがないようチェックしてみましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産の基本情報 出産・産後 分娩方法

この記事を書いた人

まいちむ

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【吸引分娩】障害・後遺症のリスクは?頭の形戻る?黄疸に影響する?