1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選

赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選

赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選のタイトル画像

赤ちゃんってしゃっくりをすることが多いですよね。大人の場合しゃっくりが続くとつらいのですが、赤ちゃんのしゃっくりは大丈夫なのでしょうか?気になっているママたちも多いので、赤ちゃんのしゃっくりの原因と止め方をご紹介します。

目次 赤ちゃんはしゃっくりが多い?
赤ちゃんのしゃっくりの原因は何?
赤ちゃんのしゃっくりの止め方5選
これはダメ!間違ったしゃっくりの止め方
しゃっくりが止まらないときは病院に行くべき?
小さなしゃっくりを見守ろう

赤ちゃんはしゃっくりが多い?

赤ちゃんはよくしゃっくりしていますが、苦しそうですか?結構笑いながらヒックヒックしていたりしませんか?寝ながらしゃっくりしていることもありますよね。
赤ちゃんは大人よりも心拍数が早いため、しゃっくりの間隔も短くなります。必然的に回数が多くなるので、見ている方は放っておいても大丈夫なのか、心配になりますね。

でも、赤ちゃんのしゃっくりが多いのは普通のことなので、あまり気にしなくても大丈夫です。
赤ちゃんはまだ内蔵も未発達で産まれてきますので、ちょっとした刺激でもしゃっくりがおこります。
また、赤ちゃんはママのおなかにいるときからしゃっくりをしています。これは呼吸の練習とも、体内に入ってくる異物を横隔膜のけいれんを利用して体外に出しているともいわれています。

赤ちゃんのしゃっくりの原因は何?

しゃっくりは赤ちゃんでも大人でも同じ原理で起こります。

おなかの中の横隔膜と呼ばれる薄い膜のような筋肉は、縮んだり緩んだりをすることで呼吸の補助的な役割をしています。しかし、食事などの刺激やストレスの影響でけいれんを起こすと、しゃっくりになります。

皆さんも経験があるでしょうが、けいれんと言っても一時的なものなので、たいていは放置していても自然に出なくなります。赤ちゃんも同じなので、心配はいりません。
赤ちゃんの横隔膜は発達途中なので、少しの刺激でも軽くけいれんを起こします。よく授乳するとしゃっくりをしますが、胃や食道の動きが活発になる事が刺激となるので、授乳後にしゃっくりをすることが多いです。特に新生児の場合は未発達ですので、頻繁にしゃっくりをします。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方5選

大人の場合しゃっくりが出た時は水を飲んだり、息を止めたりといくつか止め方がありますが、これらの方法は赤ちゃんには難しいです。

赤ちゃんの場合はちょっとしたことが刺激になっているので、何が原因でしゃっくりが出ているかを見極めてそれを取り除いてあげる必要があります。

1.おむつを変える
おむつが濡れているとお尻から体が冷えやすくなります。体が冷えたことが刺激となりしゃっくりが出る場合があります。赤ちゃんがしゃっくりをはじめたら、まず、おむつが濡れていないかを確認し、濡れているようならおむつを変えましょう。

2.体を温める
おむつを交換してもまだしゃっくりが止まらない場合は体が冷えているかもしれません。気温の変化やエアコンの風が当たる、などで体が冷えている場合もあります。そんな時は風が直接赤ちゃんにあたらないように向きを変えたり、1枚バスタオルなどをかけて体を温めてあげます。特にみぞおちのあたりを温かいタオルなどで温めるといいみたいです。また、靴下やおくるみなどで温かくしてあげます。

3.げっぷを出させる
授乳後にしゃっくりが出やすくなりますので、授乳した後は背中をトントンと軽くたたいたり、さすったりしてげっぷを出させるように縦抱きにします。げっぷが出るとしゃっくりもたいてい止まります。

4.母乳やミルクを飲ませる
大人でもしゃっくりが出た時に水を飲んだりしますので、赤ちゃんもしゃっくりが出たら何かを飲みこんだ刺激でしゃっくりが収まることがあります。でも、授乳後にしゃっくりがでるのに、止めるためにも結局授乳するというおかしなことですが、ちょっとした刺激でしゃっくりがおこったり止まったりするので、それもありうるのです。

5.意外なツボ
足の甲の真ん中あたりに横隔膜のツボがあります。足への刺激で横隔膜のけいれんを抑えることができます。でも赤ちゃんの足はとても小さいので、大人のようにツボ押しをすることは難しいです。ママの手を温めて赤ちゃんの足全体をさするように刺激するとツボも刺激されるので効果的です。

そのほかには、空気の変化や光の変化なども刺激となります。音のなるおもちゃをならしてみたり、散歩に連れ出して外の風や日光に当たるとしゃっくりが出ていたことも忘れたようにケロッとしていることが多く、機嫌が悪くぐずったりする時にも有効です。


基本的にしゃっくりは放っておいても自然に止まります。赤ちゃんの場合、しゃっくりは頻繁におこりますが、大人が思うほど苦しんでいないことが多いです。頻度も成長とともに少なくなります。

赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選の画像1

これはダメ!間違ったしゃっくりの止め方

しゃっくりは体の生理現象です。ママが何とか止めようとして、次のようなことをするのはやめましょう。

■うつぶせ寝
普段、仰向けに寝ている赤ちゃんがうつぶせになると、視界が変わるので、それが刺激となりしゃっくりが止まることがありますが、うつぶせ寝は危険もいっぱいです。うつぶせ寝は突然死の原因ともいわれ、赤ちゃんへの負担が大きく、窒息の原因にもなります。しゃっくりしながらうつぶせになると間違ってミルクを吐いたときにも窒息する可能性も大きくなりますので、できるだけこの方法は避けた方がいいでしょう。

■大泣きをさせる
ミルクも飲ませたし、おむつも変えた。抱っこして背中をトントンしてみたけどそれでも止まらないしゃっくり。泣くと確かにしゃっくりは止まりますが、しゃっくりは放っておいてもそのうち自然に止まるものなので、しゃっくりを止めるためだけに泣かせるのはやめましょう。

■くしゃみをさせる
くしゃみも刺激となるので、しゃっくりは止まります。でもこよりなどでわざわざ鼻をコチョコチョしてくしゃみをさせると鼻の粘膜を傷つけることもあります。赤ちゃんの鼻の粘膜はとても敏感なので、無理にくしゃみをさせるのは避けましょう。

しゃっくりが止まらないときは病院に行くべき?

しゃっくりは生理現象なので、自然に止まります。少し長引くとママは心配になりますが、たいていは大丈夫です。でもいつもと違った様子があった場合は、病院を受診することも考えましょう。

■呼吸がいつも様子が違う
新生児の赤ちゃんは口呼吸ができません。鼻からしか呼吸できないので、鼻が詰まったままでしゃっくりが起きると呼吸が苦しくなって呼吸困難がおこることがあります。その場合は早く病院を受診してみてもらってください。赤ちゃんは、特に生まれたばかりの赤ちゃんは仰向けに寝ていることが多いので、意外と鼻がほこりを吸って詰まっていることがありますので、注意してあげてください。

■吐き気やよだれが出てくるしゃっくり
しゃっくりと同時によだれをダラダラ垂らしていたり、吐き気がする場合、「逆流性食道炎」かもしれません。胃酸が胃から食道に向かって逆流する病気なので、一度病院で診てもらいましょう。

■しゃっくりが長引くとき
たいていのしゃっくりは長く続いても数時間で、放っておいても自然に止まります。ですが、2日以上続くしゃっくりは要注意です。「難治性しゃっくり」とよばれています。これは中枢神経や脳の病気がもとでしゃっくりが引き起こされていると言われています。なかなか止まらず、長時間に及ぶ場合は受診することをおすすめします。

小さなしゃっくりを見守ろう

生後1歳ぐらいまでは赤ちゃんの内蔵機能も発達途中なので、ちょっとした刺激でしゃっくりがおこることは自然なことです。体が成長するにつれ内臓もしっかりしてきますので、しゃっくりがおこる頻度も減ってきます。

しゃっくりは放っておいても自然に止まりますから、赤ちゃんの機嫌が悪くないようなら心配はいりません。ちょっとした刺激でしゃっくりは出ますが、ちょとした刺激や変化で止まります。無理やりあれこれとせず、抱っこして外へ出てみるなど少し気分を変えてあげるだけで十分だと思います。

うちの子たちもよくしゃっくりをしていましたが、「しゃっくりマンが出たなー!」と言って遊んでいるうちに止まったりしていました。赤ちゃんがよくしゃっくりするのは普通のことだととらえ、おおらかに見守っていきましょう。

赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選の画像2

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク

この記事を書いた人

じゅんこママ

はじめまして。
じゅんこママと申します。
中学生の女の子と幼稚園児の男の子のママです。
仕事も子育ても全力投球です!

好きなことはガーデニングとサイ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃん(新生児)のしゃっくりが多い原因は?しゃっくりの止め方5選