1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一人の少年のため、10月にクリスマスを祝った街。その理由とは

一人の少年のため、10月にクリスマスを祝った街。その理由とは

一人の少年のため、10月にクリスマスを祝った街。その理由とはのタイトル画像

クリスマスは12月。ところが、アメリカのオンタリオ州、セントジョーンズでは、10月にクリスマスをお祝いしました。その理由が、多くの感動をよんでいます。

12月まで生きれるかどうかが分からない男の子、エヴァンくん

7歳のエヴァンくんは、ガンのため、その人生のほとんどを病室で過ごしてきました。
医師からは、おそらく12月25日まで生きることはないと言われていたようです。

余命わずかの息子のために、家族がどうしてもしたかったのは「クリスマスを祝ってあげたい」ということ。

少しでもクリスマス気分を味わってほしく、街のお店に、「少し早めにクリスマスの飾りつけをしていただけませんか?」とお願いして回ったそう。

また、最初は家族で小さいパーティーをしようと思っていたのですが…

街全体の協力で実現した、10月のクリスマス

街で花屋を経営するキング氏は、その家族の思いに共感し、
facebookでその内容を拡散し、協力してもらえないかを呼びかけ。

その結果、なんと10月24にクリスマスのパレードを開催し、
街の人口は3,000人にも関わらず、当日は7,000もの人々がお祝いに集まった
のです。

家族同士が支え合えるコミュニティ

そのクリスマスパレードの後、いとこが寄付金を募ったところ、現在までにアメリカ中の人から4万ドル以上の寄付金が集まっているそうです。

また、この呼びかけの発起人である、キング氏はこう語ります。


「村のみんなに気がついてほしかったのは、皆一人ひとりが、“自分たちの村”の一員であるということ。」

「たとえどんなに大きな都市であっても、あなたは“自分たちの村”の一員なのです。そう感じることで、みんながお互いを隣人のように思い接することができるようになるのです。」

"What I hope that people will realize is that everyone has their own village," King said. "Even if you live in a big city, the borough that you live in is your village, and start treating people like your neighbors again."

街の大小は関係なく、どんな場所でも、それぞれのコミュニティがあるはず。

これは、一つの家族の想いが形となり、
街というコミュニティ全体を動かした、素敵なエピソードでした。

参照:When a boy's doctors said he might not live through December, his town moved Christmas to October.

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ころ

お菓子づくりが趣味のワーママです。
旦那さま、娘と3人家族です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一人の少年のため、10月にクリスマスを祝った街。その理由とは