1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」

ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」

ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」のタイトル画像

第2子が生まれてちょうど2ヶ月、2人の子どもたちの育児にヘトヘトになり、上の子からは怒っていないのに「ママ、こわい顔しないで…」と言われる始末。でも本当は家族で楽しく過ごしたいなぁ…。そんな時、こんなメガネを思いつきました。

ニコニコママ・メガネが生まれたきっかけ

ちょうど1年ほど前のこと。第二子であるムスメが産まれ、我が家は楽しい4人家族になりました。連日の深夜授乳と、「ママ、背中かゆいー!」と何度も起き出す上の子(ムスコ・当時3歳)の背中を掻くためは寝不足の日々が続き、ちょっとしたことでイライラしてしまうこともよくありました。

「イライラ!」が特に発生しやすいのは、ムスコが保育園から帰ってきた夕方。夫もまだ家に帰らず、親子3人で夕飯を食べる時間です。

ムスコが「お腹すいたー!」と言い出し、夕飯の支度をしたいけど、ムスメは「ぎゃー!!!(おっぱい!)」と泣き、授乳をしなければ…。授乳している間にまたムスコが「ママ、ご飯は!?」とか言ってくるんだろうなぁ…。あ〜早く夫が定時で帰って来ればいいのに…!

そんなある日、ムスコに、「まま、こわい顔しないで!」と言われてしまいました。特に怒っているつもりはなかったのに、「イライラ!」している時の私は、厳しい表情になってしまっていたようです。本当は、家族の時間は楽しく過ごしたいんだけどな…。

ニコニコママ・メガネの作り方

そこで私は、心はイライラしても、表情だけでも「笑顔」になれるメガネを作ることを思いつきました!その名も「ニコニコママ・メガネ」です!

では早速、「ニコニコママ・メガネ」の作り方をご紹介しましょう。まずは、ニコニコの写真を用意します。

私はご機嫌時の自分の写真を使うことにしました。

ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」の画像1

目の部分をトリミングして、印刷してみます。
むむ…ちょっとこわい…。
この印刷したものを、メガネのレンズのサイズにカットして…。

ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」の画像2
ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」の画像3

メガネに入れて、完成!!

「ニコニコママ・メガネ」です。いつでもニコニコしている自分の顔に…なれます!前が見えるように、瞳の部分に穴を開けました。

ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」の画像4

掛けてみました。どうですか、この、アルカイックスマイル!(この写真を撮っているとき、お隣さんが訪ねてきました。そのまま出るところでした…。)

さあ、ムスコが帰って来たらこのメガネを掛けてみよう。

ニコニコママ・メガネを使ってみると・・・

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

育児とくらしの工作家 吉田麻理子

1985年神奈川県生まれ。東京都多摩地区在住。2児(長男・長女)の母。
慶應義塾大学総合政策学部(SFC)卒。株式会社リクルートライフスタイルにて営業・企画職...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ついクスっと笑っちゃう!「ママの顔怖い」と言われない子育ての珍道具「ニコニコママ・メガネ」