1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの「悪」と付き合える?「悪」こそが子どもを成長させる理由とは

子どもの「悪」と付き合える?「悪」こそが子どもを成長させる理由とは

子どもの「悪」と付き合える?「悪」こそが子どもを成長させる理由とはのタイトル画像

子どもの「悪」と聞いて何を思いますか?親としては、子どもの「悪」は何とか避けたいことではないでしょうか?ただし、ちょっと見方を変えると、それは成長のための必要「悪」かもしれません。それを決めるのは親の心の持ちよう一つだというのですが…。

幼稚園の悪ガキ大将

これは少し前の話です。

うちの長男、いつのまにか幼稚園で悪ガキになっていまして、休みの日になるたびにホッとしていました。

というのも毎日のように、「◯◯ちゃんを泣かしました。」「ふさげて、◯◯ちゃんのお弁当を投げました」などの注意を幼稚園から受けていたからです。夏休みに入る時に、教会で行われた幼稚園の終業式では、「教会がつまらないから」ということで、ただ一人、教会に入らなかったりもしていたようです。(終業式に参加しなかった)

”子は親の鏡”、と言いますので親としては反省しつつも、「どうしてこうなったんだろう?」というのが正直なところ。それなりにちゃんと育ててたつもりだったのに…。

ちなみに幼稚園の先生は、この問題児をやみくもに怒らずに見守っている、というスタンスでした。

この幼稚園の先生の態度にも通ずるものを、心理学者の河合隼雄さんの著書「『子どもと悪』(1997)岩波書店」を読んでいて見つけたので紹介します。

「子どもの幸福を願って」は余計なお世話

<日本で、子どもを取り巻く悪として考えねばならぬことは、大人の「善意」による悪ではなかろうか。「子どもの幸福を願って」大人がすることが、子どもの不幸につながっていることが多いように思う。>

親は自分の経験から、”出来るだけ子どもには苦労させたくない”、という思いが強く、いわば子ともにとって、”おせっかい”とも言えるようなことをしてしまっていると言います。

<日本の親や教師は、教えたり、指導したりすることにせっかちで、子どもの中から自ら育ってくるのを待つことができない。>

そして、これが”子どもの悪”の表出を無くしてしまっている、というのです。では一体、子どもの「悪」とは、そもそもどういうものなのでしょうか?

子どもにとって「悪」とは何か?

本書によると「悪」とは

<悪というのは自立へのひとつの契機>、<個性の顕現は、どこかで「悪」の臭いがする>

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

しつけ・お世話 子育て・育児

この記事を書いた人

吉田 和充

クリエイティブコンサルタント
経営戦略、広報広告戦略の立案、実施、プロデュース、商品開発、新規事業立ち上げ、海外進出プロデュースなど
日本と世界をつなぎなが...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの「悪」と付き合える?「悪」こそが子どもを成長させる理由とは