1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 【保活体験談】認可と認可外の違いはどこ?私があえて“認可外”保育園を選んだ理由とは

【保活体験談】認可と認可外の違いはどこ?私があえて“認可外”保育園を選んだ理由とは(2ページ目)

【保活体験談】認可と認可外の違いはどこ?私があえて“認可外”保育園を選んだ理由とはのタイトル画像

認可と認可外。保育園を探そうと思った人なら必ず勉強することになるこの2つの保育園。一体何が違うのでしょうか。そして、私はなぜ認可外保育園(東京都認証)を選んだのか、その理由についてご紹介したいと思います。

私は、自宅で子どもを育てるならそんなに広い場所にいるわけでもないのだから、施設の大きさはそんなに重要ではないと考えていましたし、今もそう信じています。重要なのは、室内は狭くても、一日1回は外に出て遊ぶことができること、栄養の取れる食事を食べられることだと思っています。

現在、我が子の通う認可外保育園は、都の認証保育園でもあり、認可保育園に比べれば狭いものの日当たりはよく、何よりもほぼ毎日散歩に行く点が息子の希望とも合致しているので、私も安心して毎日通わせることができます。食事も園内で手作り、おやつはふかし芋やおにぎりやパンなど、お腹にたまる甘くないもので、この点も私の希望と合致しており、非常に満足しています。

ただし、認可保育園と違い、園によって利用料が設定されているため、認可保育園に通わせるよりも高額になる場合があります。

【保活体験談】認可と認可外の違いはどこ?私があえて“認可外”保育園を選んだ理由とはの画像1

保育園選びで忘れないでほしいポイント

我が家は昨年、認可保育園から入園承諾の連絡がありましたが、延長時間の利便性をとって認可外保育園(東京都認証)の継続利用を決めました。保育料が高額になるものの、それによって私はフルタイムの勤務が可能になりましたし、自分のペースで勤務先の業務をこなせる今の状況に非常に満足しています。もちろんこれは基本的にお迎えを担っている夫があって初めて実現するのですが。

実際には、保育園に入園することは難しく、私のように施設の条件を見て選ぶということはほとんど機会がないかもしれません。でももしもこの先、保育園を選ぶときには「保育園は、安ければいいのではない」「狭かったら悪いのではない」という点を忘れないで欲しいのです。

保育園を選ぶときには、
●そこで行われている保育が自分の方針に合致しているかどうか
●保育園の利用条件が自分の勤務を妨げないかどうか

この2つのポイントを意識してみてください。

保育園を利用することは、子どものためにも自分のためにもなる

保育料は安くありません。
給与の大半を保育料に持って行かれてしまうなら働く意味があるのかと、私も考えたこともあります。条件がいいとはいえ、わざわざ高額な保育園を選ぶ意味があるのか、と悩んだこともあります。

でも、もし仕事も大切にしたいと思うなら、保育料を払っても、子どもを保育園にあずけて働くことを選ぶことを私はおすすめします。仕事をすることで得られるものは金銭だけではないですし、私の息子は仕事を優先する私に悲しむことはありません。むしろ、7時過ぎに迎えに行ってもまだまだ遊んで、私を待たせているくらいです(笑)

ぜひ、自分の人生を充実させてください。充実した人生を楽しむ親を子どもは誇りに思ってくれるでしょう。そのために保育園を利用することは、自分のためにも子どものためにも、最良の選択肢だと私は信じています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まっかちんの画像
まっかちん

東京都在住、5歳男児の母。25歳年上の旦那さんと三人暮らしで生活しています。

息子2歳時に時短(残業、休日出有)で再就職、1年後からフルタイム勤務に。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 【保活体験談】認可と認可外の違いはどこ?私があえて“認可外”保育園を選んだ理由とは