1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!

本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!

本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!のタイトル画像

息子が通うアメリカの保育園で、毎年恒例のハロウィンパーティーが開催されました。朝からみんなで仮装したり、お祭りが開かれたりと賑やかな1日でした。その様子をちょっとだけご紹介しましょう。

日本でも急速に普及しつつあるハロウィン。でも、アメリカに来て知ったのは「想像以上にみんな本気」ということでした。子どもたちは当然、職場でも、そして保育園でもハロウィンは一大行事です。そんなハロウィンのイベントをご紹介します。

大人も仮装!!アメリカの保育園のハロウィンパーティー

ハロウィンの時期になると、息子が通う保育園では"Fall Festival (秋祭り)"が開催されます。いつもより早く保育園を閉め、夕方18時から保育園を使ってお祭りをするのです。実質ハロウィンパーティーなのですが、園内のお祭りなので、家を回って「お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ」的なイベントはありません。そして名称はなぜか"Fall Festival"です。

その日は朝から仮装してきてよいことになっていて、子どもたちはみんな好きなキャラクターに扮して通園します。アナと雪の女王のキャラや、アベンジャーズのキャラが人気です。子どもだけでなく、先生と職員もしっかり仮装しています。

受付には魔女、隣の部屋にはカメ、食堂にはエルサ、息子の担任はゾウでした。

本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!の画像1

フォールフェスティバルはお金がかかる!

フォールフェスティバルは有料で、大人1人が15ドル(約1800円)もします。その代わり、ピザが沢山食べられるのに加え、バルーンアーティストがいたり、クッキーデコレーションやフェイスペインティングをしたり、フォトセクションがあったりと、有料ならではの催し物が盛り沢山です。

さらに、有料の抽選券を購入した人は、保護者が持ち寄った、数万円相当するであろう福袋に応募できます。たくさんお金を払って抽選券をたくさん買えば買うほど当選しやすくなるので、かなりのお金が投じられたようでした。

本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!の画像2

園内にはDJブースも!大人も子どももノリノリ

息子の通う保育園は0歳児から5歳児までが通う保育園なのですが、フォールフェスティバルは18時から18時半頃まで開催されます。園庭にはなぜかDJブースまであって、ジョッキーがパソコンを音響につないでDJをやっていました。

子ども向けとはいえ、童謡をかけるわけではなく、最近流行った曲を中心にかけていて、2歳児から5歳児、ときに保護者や先生たちがノリノリで踊っておりました。

息子もテンション高く遊んで、いつもより早く寝てしまった、そんな保育園のハロウィンイベントでした。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ブルース(駐在夫)

妻の海外転勤に伴い、育児を優先すべく大手IT企業を退職してアメリカに引っ越しました。
自身の育児体験をリンク1に、日々調べている各地の保育園事情をリンク2で公...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 本当に子ども向け?!本場アメリカの保育園のハロウィンパーティーは大人も本気!