1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?

子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?

子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?のタイトル画像

子育てをしている中で、子どもの成長が遅いと感じて不安になる方も少なくありません。そんな時、どんなところに相談したらよいのでしょう。ここでは、子どもの成長に関する相談先について解説します。

不安を覚えたら幼稚園か保育園の先生へ

子どもが幼稚園や保育園に入ると、周りに同じ年の子どもが多くなるため、ついつい我が子の成長と比べてしまいがちです。中には自分の子どもの成長が遅いと感じ、不安を覚える方もいるかもしれません。「不安だけど、専門機関に行くのはちょっと・・・」というときは、まず通っている幼稚園や保育園の先生に相談してみましょう。先生たちは毎年何人も子どもたちを見て来ているスペシャリストです。こちらから相談すれば、先生が気づいたことを教えてくれたり、疑問に答えてくれたりするはずです。

成長が遅いと悩んでいる子は多くいます

文部科学省の資料によると、言語障害教育を受けている子どもの割合は0.41%。1000人に4人程度の子どもが支援を受けているということです。しかし、実際には相談や支援までに至っていないケースもあるので、成長が遅いと悩んでいる子はもっと多いと考えられます。言語指導をしてくれる「ことばの教室」などは、地域によっては予約がいっぱいで空き待ちの場合もあります。子どもの成長について悩んでいる人はたくさんいるので、ママパパが自分たちで不安を抱え込みすぎず、相談につなげていくことが大切です。

子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?の画像1

市町村の窓口で、受診先を紹介してもらえます

幼稚園や保育園の先生に相談することで解決できる場合も多くありますが、それでも不安なときには、市町村の窓口に相談してみましょう。市町村の窓口では、受診先の医療機関や支援センターなどの専門機関を紹介してくれます。言葉の遅れやコミュニケーションの難しさなどがある発達障害などの場合は、早い段階で障害に気がつくことが大切です。市町村の窓口から専門機関を紹介してもらえれば、早期に適切な療育を受けさせることができるため、子どもの力を伸ばしてあげることができます。

専門機関ではHP等で情報提供を行っています

発達障害の場合には、各都道府県や指定都市に「発達障害者支援センター」があります。ここは、発達障害がある子ども(人)とその家族が豊かな社会生活を送れるように支援することを目的としており、保健・医療・福祉・労働などさまざまな機関と連携しています。また、「発達障害情報・支援センター」や「発達障害教育支援センター」などは発達障害に関する調査・研究の情報収集や分析を行っており、ホームページでその情報を公開しています。

支援に関する情報も専門機関へ確認しよう

専門機関から得られる情報は、障害の種類や症状だけに留まりません。子どもにとってどのような支援が有効なのか、支援が受けられる機関はどのような場所があるのか、支援の頻度や費用はどのくらいかかるのかなど、専門機関は支援に関する情報も豊富に公開しています。子どもが自分の能力を伸ばし、社会の中で適応して生活していくためには適切な支援が必要です。不安なことは、きちんと専門機関に確認するようにしましょう。

子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

みゆきママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの成長が遅いと感じた時の相談先は?