1. >
  2. >
  3. >
  4. えっ?スターウォーズ!?友達に自慢したくなる最先端の義手がスゴイ

えっ?スターウォーズ!?友達に自慢したくなる最先端の義手がスゴイ

えっ?スターウォーズ!?友達に自慢したくなる最先端の義手がスゴイのタイトル画像

「義肢」は事故や病気などで切断された手足などを補うための代替品。海外話題となっている、思わず可愛い!カッコイイ!と言ってしまう、義肢をご紹介します!

思わず自慢したくなる義肢がここに!

義足ファッションショーなどが開催されるくらい、
義肢に関する技術が上がってきた昨今。

子どもたちが、思わず自慢したくなる、そんな義肢を見つけました!
彼らの大好きな「スターウォーズ」、「アイアンマン」や「エルサ」になれちゃう!?

そんなかわいい、カッコイイ義肢が登場!

こちら、見た目がスマートなだけじゃなく、
機能もかなり充実。

筋肉発達をモニターする機能がついていて、
かつ、個々にカスタマイズして装着が可能とのことです。

そして、「アイアンマン」バージョンは、ロケットの発射の音まで出ちゃう、
機能と遊びを兼ね備えた義手なんです。

これは、お友だちに自慢したくなりそうですね!

価値観を変える、子どもたちの人生を変える

「つけている義肢を自慢できる」
これまでの世の中の常識を覆す取り組みですよね。

更に、この取り組みの背景には
ただのコラボレーションではなく、
「社会の認識を変える」というものもあるようです。

開発者のギバード氏は、こう語ります。

“All of a sudden they're not being asked how they lost their hand, they're being asked where they got their cool robot hand, how does it feel, and how does it work?"

「こどもたちはこの義肢によって、どうして手を失ったの?と尋ねられることは無くなり、『そのカッコイイ ロボットの手をどこで手に入れたの!?』と尋ねらるようになったのです。『どう感じる?』『ねえ、どうやって動くの?』といったように。」

"It completely flips the perception 180 degrees," he said "What might have been perceived as their greatest weakness is seen as their greatest strength."

「子どもたちの認識は完全に180度変わるのです。」
「最も"弱み"だとみなされていたところが、彼らの最も大きな強みにすることができるかもしれません」と、彼は言いました。

「障害」という認知自体が変わっていく

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

キッズ用品 子育て・育児

この記事を書いた人

ころ

お菓子づくりが趣味のワーママです。
旦那さま、娘と3人家族です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. えっ?スターウォーズ!?友達に自慢したくなる最先端の義手がスゴイ