1. >
  2. >
  3. >
  4. どこにも売っていない人形をねだった男の子。それに応えた母親の大胆な行動がすごい

どこにも売っていない人形をねだった男の子。それに応えた母親の大胆な行動がすごい

どこにも売っていない人形をねだった男の子。それに応えた母親の大胆な行動がすごいのタイトル画像

6歳の誕生日を迎える息子フレッドがプレゼントに欲しがったのは、おもちゃ屋さんも思いつかなかったあんなもの。どこにも売っていないものをプレゼントしなくてはいけなくなったお母さんは、果たして、どうしたでしょうか?

目次 フレッドが誕生日に欲しがったものとは?
男の子なのに、人形?
ないなら、作ればいい!!
世界中から共感の嵐!

フレッドが誕生日に欲しがったものとは?

アメリカに住む、ワーグナー親子。
一つ年上のお姉ちゃんがいるフレッドはお人形遊びが大好きです。

そんなフレッドが6歳の誕生日に欲しいものリストに書いたのは、なんと……


アメリカンドールの男の子!!!!


アメリカンガールドールとは、アメリカでとても人気のある人形で、子どもたちが自分に似た人形をカスタマイズ出来ます。
しかし残念ながら、その人形の男の子バージョンは売っていませんでした。
そのおもちゃ会社も、男の子が同じものを欲しがると想像もしなかったのでしょう。

どこにも売っていない人形をねだった男の子。それに応えた母親の大胆な行動がすごいの画像1

男の子なのに、人形?

もしあなたの息子さんが人形を欲しがったらどうしますか?

普通のお母さんだったら、
「男の子なんだから、別のものにしたら?電車なんてどう?」
なんて言ってしまいそうなシチュエーション。

しかし、フレッドのママはその時のことを、このようにブログに書いていました。

I wasn’t surprised to see a doll on his list. He has an older sister, and they play together every day. She loves playing superheroes and various sports with him, and he loves playing My Little Pony and American Girl with her.

A year ago, when my daughter turned 7, she received one of American Girl’s popular “Truly Me” dolls, customized to look like her. My son, naturally, wanted a doll that looks like him, too. Trouble is, there are no 18-inch “American Boy” dolls available.

私はフレッドが人形を欲しがったことに、ちっとも驚かなかったの。

彼には、年上のお姉ちゃんがいて、ふたりはいつも一緒に遊んでいて、
お姉ちゃんは、フレッドと一緒にスーパーヒーローごっこや色々なスポーツをすることが好きだし、
フレッドは、お姉ちゃんと一緒にリトルポニーやアメリカンガールドールで遊ぶのが好き。


1年前にお姉ちゃんが7歳の誕生日に、彼女にそっくりなアメリカンガールドールをプレゼントされたから、フレッドが同じように自分に似た人形を欲しがるのは、とってもナチュラルなことだと思ったわ。

問題があるとしたら、彼が欲しがっているアメリカンボーイの人形がないことくらい。

ないなら、作ればいい!!

そこで、フレッドのママはすごいアイディアを思いつきます。


ないなら、自分で作ればいい!!!


彼女は、フレッドに似たアメリカンドールを買ってきて、DIYすることに決めたのです。

1.除光液と綿棒を使って人形の口紅とアイメイクを取る

2.髪の毛をフレッドに似せて切る

3.男の子の赤ちゃんの洋服を着せる

出来あがった人形、フレッドとそっくりですよね!!

ママが自分のために作ってくれた人形を、フレッドはとっても喜んだそうです。

世界中から共感の嵐!

この話は、さまざまなメディアで取り上げられ、世界中の人から

「男の子も人形で遊びたかったら遊ぶべき!」

「うちの息子も人形で遊ぶのが大好き。」

「とってもいいアイディア!!!」

と、たくさんの人の共感を得ました。

また、フレッドのママを真似をして、自分の息子の為に人形を作るママも続出したそうです!


男の子だから、女の子だからと言って子どもの行動を制限するのではなく、その子の気持ちをそのまま受け入れる姿は、同じ母親として本当にステキだなと感じました。

世間体普通という枠に捉われがちになりやすいのが子育てですが、そこから飛び出して、その子らしさを大切に子育てを出来たらいいですよね!

参考元:HOW I CREATED AN “AMERICAN BOY” DOLL FOR MY SON

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

個性と自己肯定感 個性・多様性

この記事を書いた人

あけみ

初めまして!2児のママあけみです。
“自分たちらしい家族を築くこと”をモットーに日々子育てに奮闘中!
皆さんと色々な情報を共有出来ればと思っています^^
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. どこにも売っていない人形をねだった男の子。それに応えた母親の大胆な行動がすごい