1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの目の病気について

子どもの目の病気について

子どもの目の病気についてのタイトル画像

子どもの目の病気には、生まれつきのものやウイルスや細菌に感染して起こるものなどがあります。今回は目の病気について、症状にあわせた治療方法や改善方法を解説していきます。

細菌性とウイルス性がある「結膜炎」

白目部分、まぶたの裏側部分が炎症を起こした状態です。見た目の症状としては、白目の部分が充血していたり、目やにがたくさん出てまぶたが開きにくくなるなどがあります。結膜炎はウイルス性のものか細菌性のものがほとんどです。ウイルス性で起こる炎症の場合は高熱をともなうことが多く、細菌性の場合は目やにがたくさん出ます。治療には抗菌薬の入った点眼薬を処方され、1週間程度で治っていきます。感染しやすいので、手洗いをしっかりし、タオルなどは家族と別のものを使うようにしましょう。

眼頭のマッサージがおすすめ「鼻涙管閉塞症」

鼻涙管閉塞症は、涙が通っていくための鼻涙管が詰まってしまっている状態です。鼻へと流れていくはずの涙がとどまるので、常に涙目で目やにが出やすい状態になります。生まれつきの場合と、鼻炎などが原因で起こる後天性の場合があります。結膜炎など他の症状が出てきたら、早めに受診するようにしましょう。抗菌薬の入った点眼薬を使いながら、時折目頭をやさしくマッサージすると、症状が改善していくことがあります。

子どもの目の病気についての画像1

眼鏡による矯正が必要な視力

遠くのものが見えにくい「近視」が一般的です。小学校に上がってから症状が出てくることが多く、幼児の頃に出てくるものは他の病気が原因となる場合があるので検査が必要です。遠くのものも近くのものも見えにくいのが「遠視」です。強い遠視は内斜視に繋がったり、弱視へ移行する場合もあるので早めに眼鏡で矯正することが大切になります。角膜の表面のカーブに異常があることで、物の輪郭がはっきり見えないのが「乱視」です。症状にあわせた眼鏡をかけることで矯正することができます。

1歳を過ぎると治療が必要になる「斜視」

斜視は、左右の視線が一致しない状態のことをいいます。常に片方の目を使うことになるので、あまり使わない方の目が発達せず弱視になっていきます。原因はさまざまで、眼球の筋肉にかたよりがある場合、脳の機能がうまく調整できていない場合、遠視が強すぎる場合などがあります。原因によって、手術での治療や眼鏡での矯正を行います。乳幼児の場合は鼻に近い側の白目が見えにくく、一見斜視と見間違われることもありますが、この場合は成長とともに治ります。

3歳頃までは経過観察を「逆さまつげ」

逆さまつげは、正式には睫毛内反症と呼ばれています。まつげが内側に向けて生えているために眼球にあたっている状態をいいます。赤ちゃんはまぶたが分厚いので逆さまつげになりやすく、幼児になるにつれて自然と改善していきます。3歳を過ぎてもまつげが外向きにならなかったり、まつげが角膜を傷つけるようなら手術をする場合もあります。目やにが出てきたり、外の光をよくまぶしがるなどの症状が出るようであれば、受診するようにしましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 健康管理

この記事を書いた人

りな

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの目の病気について