1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイント

子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイント

子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイントのタイトル画像

幼稚園や保育園のお支度、自分でやってくれたら大助かりですよね!うちの子には無理ってあきらめていませんか?親が環境を整えてあげれば、幼児だって自分一人でできます。我が家が実践している方法を紹介します。

まずは心の準備から始めよう

幼稚園や保育園のお支度、自分でやってくれたら大助かりですよね!では、どんなタイミングで、どうしたら自分でお支度ができるようになるのでしょうか?我が家の実践方法をご紹介します。

子どもに「今日から自分でお支度しなさい!」と言っても、子どもだって戸惑ってしまいます。
タイミングを決めたら、子どもにも事前に伝えて、心の準備をする期間を作ってあげましょう。

自分でお支度を始めるタイミングは、
・幼稚園(保育園)に慣れた頃
・誕生日や進級、新学期の節目
など、子どもの負担が少なく、分かりやすい節目がよいと思います。

そして、タイミングを決めたら、「1歳お兄ちゃんになるから、誕生日が過ぎたら自分でお支度しようね」「年長さんのお姉さんになったら自分でやってみようね」と事前に声をかけておくことで、心の準備が整い、自分でやるんだ!という責任感が芽生えるのではないかと思います。

持ち物リストを作って見やすい場所に貼る!親の声かけも一言で十分!

ここからは親があらかじめ準備しておくことです。

幼稚園(保育園)に持って行く必要な物リストを作成し、壁など見やすい場所に掲示します。ひらがながまだ読めない子には、絵や写真を使います。行ったり来たりすると面倒なので、洋服などの収納場所に近い方がいいでしょう。

「アレ持ったの?」「コレは準備したの?」と口でイチイチ言われると、子どもは嫌な気持ちになるし、親の方も疲れてしまいます。ただ一言、「持ち物リストを見てごらん」と言うだけなら、子どもは自分で忘れ物を発見できるし、親は一つ一つ声かけしなくて済みます。

子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイントの画像1

我が家が壁に貼っている持ち物リストです。

子どもが着替えやすい収納づくりを心がけよう!

お着替えの準備をする時、引出しの中がぐちゃぐちゃになっていたら、それだけで子どものやる気がなくなってしまいます。まずは親がわかりやすい収納を作ってあげましょう。

子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイントの画像2

我が家の子どもの着替えを入れている引出しです。我が家では畳み下収納を使用しています。100円ショップのボックスを使って仕切りを作りました。Tシャツ、ズボン、靴下、ハンカチ&タオルと、必要な物がこの一か所で全部取り出せるようになっています。また、揃えたお着替えを置く場所も用意しました。

子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイントの画像3

引出しのすぐ上にカゴを用意し、ここに着替えをポンポン放り込むようにしています。ぐちゃぐちゃでもOKです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

いえしごと

5歳の息子のママです。
育児になにより大切なのはママの笑顔!
そのために時短家事や効率のいい育児を研究し、試行錯誤しています。
子育てに役立つ情報を、私の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもが幼稚園のお支度を自分でできるようになる5つのポイント