1. >
  2. >
  3. >
  4. 【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択

【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択

【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択のタイトル画像

とにかくゲーム好きだった私に、父親が問いかけた一週間の家族旅行か、ゲームし放題の一週間という選択。
ゲーマーの私には簡単すぎる結果だったのですが、選択の後で心境に変化が生じてきました。なぜ気持ちに変化が現れたのか?子育て全般に通じる大切な考え方についてまとめました。

とにかくゲームが大好きだった小学生時代

私が小学生の頃は、とにかくゲームが大好きで、熱中を通り越して熱狂的にやってました。
私が子どもの頃はファミコン全盛期。

・マリオカートでドリフトを極める
・ボンバーマンはもはや敵なし
・ドンキーコングは攻略本必須


例え親に時間制限を設けられても、おかまいなしにやってました。


だって、おもしろいから。


そんな私が、
ゲームを「選択する意識」を持ち始めた、ある事件が起きたのです。

1週間の家族旅行 vs ゲームし放題 という簡単な選択

ある夏休みに、父が突然、「来週1週間、福岡の実家に家族で帰ろう!」と言い出しました。

当然のように、家族全員ノリノリなわけでありまして。
私は当然のようにマリオサーキットをグルグルしていたわけでありまして。
福岡の実家には祖父母しかいないため、当然のようにファミコンはないわけで。

カブトムシ!カマキリ!大自然!!!

というようにゲームオタクの私には全く刺さらない単語が並ぶイメージしかなく、あまり楽しみではありませんでした。


「おい、お前はどうする?向こうではゲームできないぞ。一緒に行くか、ゲームするかどっちにする?」

「(まじかよ、選択して良いのかよ、テレパシーわっほい。)マリカー」(もはやゲームの内容まで指定する意識の高さをいかんなく発揮)

「そっか。それじゃあ鍵は渡しておくから、家から出るときは自宅に電話するんだぞ。」

「うん。」(華麗なるドリフトを決めつつ、半分聞いていない)

家族「いってきまーす(ガチャ)」


という流れがあり、私は初めて自分1人で好き放題ゲームに熱中できる環境を手に入れました。
気分としては、年末ジャンボで10万円当たったときの感覚ぐらいの圧倒的な高揚感。

【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択の画像1

【初日】マリカーとドンキーコングで乗り切る
【二日目】同じく

しかし。

ゲーム没頭3日目。異変が起こる

ゲームに熱中すること 3日目、違和感を感じ始めました。

あれ、家ってこんなに静かだったっけ?

普段はゲームしている横に、弟・妹がいて、ある種の歓声を浴びている感じがあったのですが、その日にはありませんでした。

違和感を感じてから、さらに1時間を経過した時には、色んな感情が渦巻いていました。

家族はいつ帰ってくるのかな?
今頃何食べてるのかな?
カップラーメンもう飽きた
ちょっと寂しい…

あれ???
「圧倒的に大好きなゲームを、ありったけしても良いんだぞ!おれ!」

自らの選択に、迷いが生じてきました。
それからの残りの日々は、言わずもがな。


・・・寂しかった。

「自分で選択している」と自覚して、初めて気がついたこと

【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択の画像2

そういえば、この時が初めて、
ゲームをするか他のことをするかを、意識的に選択しました。

自ら選択しているということを自覚すると、なぜ自分がその選択をしたのか、自然と考え始めるようになりました。

それから、ゲームをする量を減らそう!とすぐに思ったわけではありませんが、ゲーム以外にも自分が興味をもつものがあるかもしれない、もっと楽しいことはないかと探すようになり、自分の興味関心の幅が広がっていった実感があります。
現在エンジニアとしてのキャリアを歩むことになったのも、そうした気づきがあったからだと思います。

子どもがゲームをし過ぎている場合、普通なら、
・もうゲームは辞めなさい
・ゲームは1時間だけね
・勉強が終わったらゲームをしても良いよ

と言われることがほとんどだと思うのですが、正直そういう言葉では私みたいなゲームマスターは気持ちは動かなかったと思うのです。だってゲームが好きなんだから。(笑)


しかし、以下のような問いかけをすることで、子ども自身が大切にしているものと、自然に向き合うように変化していくと思うのです。


・ゲーム本当に好きね。なんでゲームをしているの?
(→自分が好きな理由を探すと、他にあてはまるものにも興味を示すかも)

・今週末、家族でお出かけするのと、ゲームとどっちが良い?
(→ゲームより好きなものの存在を意識するようになる)

世の中には、想像以上に多様な選択肢が溢れています。
しかし、多くは自分の興味関心のセンサーに引っかからず、流してしまっているのがほとんどです。

子どもの可能性を伸ばすために、子ども自身がまだ気付いていない「好き」を、親子で一緒に探してみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

よしやパパ

とある会社でエンジニアをしているパパです。
同じ年の妻ともうすぐ1歳になる息子と1匹の猫と都内に住んでます。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【家族旅行 vs ゲームし放題】小学生の僕の選択