1. >
  2. >
  3. >
  4. おたふくかぜ~子どもの病気~

おたふくかぜ~子どもの病気~

おたふくかぜ~子どもの病気~のタイトル画像

おたふくかぜは、正式には流行性耳下腺炎といいます。子どもの病気としてもよく知られていますが、大人がかかると重症化したり、後遺症を残すこともあります。今回はこのおたふくかぜについて解説していきます。

おたふくかぜにかかると現れる症状

おたふくかぜの特徴として、耳下腺という耳から頬にかけての組織が腫れて痛む症状があります。その時、頬が腫れておたふくのように見えるのが病名の由来です。耳下腺だけでなく、唾液腺や顎下腺といったあごの下あたりにある組織も腫れてきますが、腫れは1週間程度で引いてくることがほとんどです。腫れは左右同時とは限らず、片方が先に腫れてきて、後でもう片方が腫れてくるという経過をたどることもあります。そのほか、風邪の症状に似た咳や鼻水、発熱などがみられます。

おたふくかぜを引き起こす原因と予防

おたふくかぜは、「ムンプスウイルス」というウイルスが原因となって引き起こされる病気です。耳下腺や唾液腺などに感染することで、頬周りの腫れが起こります。感染している人の咳やくしゃみによって飛沫感染しますが、3割ほどの人は症状が出ずに済みます。ウイルスに直接触れることで感染することもあります。2週間から3週間の潜伏期間があり、潜伏期間を過ぎた後に、症状が出る場合は耳から顎にかけての部分に腫れが出てきます。ワクチン接種によって予防ができます。

おたふくかぜ~子どもの病気~の画像1

おたふくかぜには合併症の危険がいっぱい

おたふくかぜの合併症として知られるものには複数あり、まずかかった人の約1割に髄膜炎の症状が出る可能性があるとされています。脳炎、難聴などは確率は低いものの、おたふくかぜの合併症として知られています。大人になってからおたふくかぜにかかり重症化した場合は、精巣や卵巣などに影響することがあります。ただし、重症化による炎症が、器官の両側で同時に起こることはまれなので、おたふくかぜによって不妊症になることはほぼありません。

おたふくかぜの診断と治療法は?

おたふくかぜは見た目に頬や顎のあたりが腫れてくるので、頬の両側にわたって特徴的なこの症状が出た場合は診断が出やすくなります。片方だけが腫れたりと見た目の症状がはっきりしない場合は、血液検査を行いウイルスの抗体があるかどうかを調べます。ムンプスウイルスに直接働きかける薬はないので、対症療法をしながら自然治癒させていくことになります。腫れや痛みがひどい場合は、冷やしたり痛みを緩和する薬などを処方されることもあります。

成人でもおたふくかぜにかかる!?

子どもの病気としてよく知られる病気ですが、大人になってからもかかる可能性があります。ワクチンの接種をしても1割ほどの人は抗体ができないため、忘れた頃にウイルスに感染してしまうことがあるのです。成人がかかると重症化するケースも多いため、もしもおたふくかぜに似た症状を感じたら、ワクチン接種をしたかどうかにかかわらず受診して検査を受けておくと安心です。ウイルスの抗体ができれば、二度とかかることはありません。

おたふくかぜ~子どもの病気~の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 予防接種

この記事を書いた人

りな

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. おたふくかぜ~子どもの病気~