1. >
  2. >
  3. >
  4. 「誕生日プレゼントはいらないから」引っ込み思案な息子がテニスに出会って一変した

「誕生日プレゼントはいらないから」引っ込み思案な息子がテニスに出会って一変した

「誕生日プレゼントはいらないから」引っ込み思案な息子がテニスに出会って一変したのタイトル画像

ずっと引っ込み思案で、一人遊びが好きだった息子でしたが、あることをきっかけにお友達がたくさん出来て外に遊びにいく楽しみを見つけてくれました。

私の息子は小さい時から引っ込み思案な男の子でした。

お友達と遊ぶというよりは一人で遊んでいるのが好きなようで、小さい時からおとなしく一人で遊んでる印象がおおい子でした。
幼稚園から帰ってきた後や、休日なども家にいることが多く、お友達と遊んだりしないのかなー?と親がみていて、すこし心配になってしまうくらいでした。

習い事は幼稚園の頃からサッカーとスイミングを習っていました。

サッカーをやっていたからなのか、元々気性がやさしいからなのか、女の子にはモテているようでしたが、だからといってお友達がたくさんいる訳でもなさそうでした。

今でもそうみたいですが、人と一緒にチームで頑張る。というよりかは自分で突き詰めるというほうが本人的に好きなようで、サッカーよりはスイミングのほうが好きそうではありました。自分のタイムとの戦いにのめり込むのが楽しいようでした。

その点サッカーはチームワーク。
あまりチーム戦に夢中になれなかったことと、あまりにも他のメンバーが本気すぎて、ついていけなくなったようで、小学4年生の時に、サッカーを辞めたい。と本人が言い出しました。

横浜マリノスのアカデミーだったので男の子も女の子もみんな本気で、上手すぎるのです。
そして...自己主張も強い。

自分と向き合って自分との戦いにのめり込むことが好きな息子にはそのような競技はあまり向いていなかったようです。

そして今年の小学6年生になった春、錦織圭のテニスをテレビで見た息子は、テニスの魅力に取り付かれたようで、急に「テニスを習いたい!」と言ってきました。

進学する予定の中学には、硬式テニス部はないので、1年だけの習い事になってしまわないかなーなどと思っておりましたが、本人から、誕生日プレゼントはいらないから、代わりに通わせてくれと、強い熱意で私に訴えてきたのでした。

お母さんは、受験のために通ってた塾を続けられずに辞めたことや、サッカーも辞めてしまったことで、
テニスもまた同じようにすぐ辞めるんじゃないか。中学に向けてテニスより勉強するようにした方がいいんじゃないか。というようなことを心配し、息子をテニススクールに通わせるのに反対しているようでした。

なので、私のところに強い熱意できたのでしょう。

確かに、息子は、勉強は嫌いじゃない様子ですが、自分から積極的にやるわけではないかもしれません。
また成績も良くない。

でも、スポーツは見るのも、やるのも好きそうです。
サッカーやテニスの試合は真剣にテレビで見ていますし、イヤで辞めたサッカーでも、横浜マリノスの試合にはユニフォーム着て応援に出かけたりしています。

息子がお誕生日プレゼントをいらないとまでいって、習いたいといってきたテニスだったので、私としては通わせてもいいかな、と思い、日曜日に2人で見学に行ってみました。

息子がテニス教室に通いたい理由は二つあって、

1. 錦織圭がかっこよかった
2. 数少ない友達が通っている

具体的にどこがすごく気に入ったのは聞いてませんが、とにかく楽しいようで、気がついたら、一人で家で遊んでいることがなくなりました。

テニス教室に行くのは週に1時間だけですが、お友達と広場や空き地でテニスをやったり、バスケやったりする時間もすごく増え、外に出て行く活発な子になってきました。

週末も常に誰かが遊びの誘いに来ています。いろんな子が来るから顔と名前を覚えられないくらい。
息子は本質的には引っ込み思案なまま、で、何も変わっていないのかもしれませんが、テニス教室に通うことで、お友達がとても増えて楽しそうです。

チーム戦ではない「テニス」を習った、ということで息子の世界が広がったことがとてもいいことだなと思っています。

サッカーは向いていなかったから、塾に通えなかったから、1年しか習うことができないかもしれないから、という色々な理由で習わせないことは出来ますが、そういうことで、子どもの可能性を狭めず、いろいろなことにチャレンジさせて、その子自身にあった可能性をこれからも見つけてあげたいと思っています。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事

この記事を書いた人

ひろし

音楽をこよなく愛する。
二人の子供がいます。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「誕生日プレゼントはいらないから」引っ込み思案な息子がテニスに出会って一変した