1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 必要なのは、たった一枚の模造紙。エンジニアとコンサルタント夫婦のチーム作り術

必要なのは、たった一枚の模造紙。エンジニアとコンサルタント夫婦のチーム作り術

必要なのは、たった一枚の模造紙。エンジニアとコンサルタント夫婦のチーム作り術のタイトル画像

パートナーの夢を応援したい、支えてあげたい、そう思って結婚する方は多いとおもいます。実際に結婚してみると、夫婦で仕事が忙しくてなかなかお互いのことを理解する時間が持てなかったり、子育てをする中でどちらかがやりたいことを諦めたりすることもまた多いのではないでしょうか。
夫婦というチームでより良い人生を歩んでいくために私たちが取り組んだことをご紹介します。

私たち夫婦は結婚して3年、都内在住です。

私はベンチャー企業でエンジニアとして働き、妻はコンサルタントとして働いています。

やりがいは十分ですが、仕事柄お互いに忙しく、土日も関係なく働いています。

そのため、なかなか二人でゆっくり話す時間が取れず、だんだんと些細なことで喧嘩したり、すれ違うことが多くなりました。

子どもはまだいませんが、この状態で子どもができたらどうなってしまうんだろう?
と思うこともありました。

互いを尊重し、支え合いたいと思って結婚したのに、どうしてすれ違うのか?

いろいろと考えていく中で、

「日々の仕事/生活に追われていること」
「互いに相手が目指していることを理解していないこと」

が原因なのではないかと気付きました。

つまり、

お互いの人生をより良いものとしていくために、「夫婦というチーム」をうまく機能させられていないのでは
と考えたのです。

パートナーがやりたいこと、夫婦でチームとして目指すことを可視化する!

そこで私たちは次のようなことを始めました。

寝室のベッドから良く見える壁に大きな模造紙を貼り、
互いがやりたいこと、目指したいことを時系列で上からしたに書いていくというものです。

その中には、

・このタイミングでこんな仕事をしたい
・子どもをこのくらいのタイミングで作りたい
・2人で旅行したい、こんな事業をしたい・・

というようなことを書いています。

必要なのは、たった一枚の模造紙。エンジニアとコンサルタント夫婦のチーム作り術の画像2

可視化したことで、チームとして動けるようになった!

お互いがどういうタイミングで何をしたいかがわかってきたことで、

このタイミングは夫(私)が仕事が落ち着きそうだから家のことを頑張ろう、とか、
このタイミングは妻が仕事に集中できる環境を作ろう、

というように先読みして、戦略的に動いていくことができるようになりました。

また、目標が常に目に入る場所にあることで、

お互いのポジティブな会話が増えたり、

本当にこういうことをやりたかったんだろうか?
ということを改めて考えて話し合うきっかけにもなりました。

おわりに

誰しも結婚するときは、相手のやりたいことを支えてあげたい、尊重してあげたい、
という思いがあるのではないでしょうか。

しかし、忙しく日々を過ごしていううちにその気持ちを忘れてしまったり、
相手のことを気にかける余裕を無くしてしまうということもあると思います。

私たちが始めたことは簡単なことですが、
パートナーのことを改めて見つめ直し、
夫婦というチームとしてより良い人生を歩んでいく一つのきっかけになったと考えています。

もし悩んでいる方がいたら、よければ試してみていただければ幸いです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

夫婦・家族 夫婦関係(パートナーシップ) 共働き

この記事を書いた人

しず

しずです。

ITベンチャーでエンジニアとして働くプレパパです。
都内在住で、妻と猫と暮らしています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 必要なのは、たった一枚の模造紙。エンジニアとコンサルタント夫婦のチーム作り術