1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 発熱~子どもの病気~

発熱~子どもの病気~

発熱~子どもの病気~のタイトル画像

子どもの具合が悪くなった時、発熱の有無によって病院に行くタイミングを決めていることも多いのではないでしょうか。急な発熱にも慌てないように、発熱のメカニズムや発熱した際の注意点などを理解しておきましょう。

子どもが発熱した時の対処の方法

子どもの発熱は、風邪などのウイルスの病気によることが多いです。熱が高いと心配になりますが、40度前後までは熱そのものが原因で危険な状態になることはほとんどありませんので、冷静に対応してください。夜間に発熱した場合、緊急性がなければ水分補給をしっかりと行い、熱がこもらないように、服や布団などを調節してください。また、熱の高さには個人差があるため、子どもの平熱を知っておくことも大切です。

どうして熱が出るの?発熱のメカニズム

人間の体は、運動したり気温が高い時には発汗し、寒いときには毛穴を閉じることで体温の調節を行っています。ウイルスなどが体内に侵入すると、ウイルスや細菌を退治するために、平熱よりも高い体温が必要になります。そこで、いつもは平熱を維持している温熱中枢が、免疫細胞の活動を活性化するために体温を上げる指令を出すのです。つまり、発熱は免疫力を高めるための生体防御反応で、人間の体がウイルスなどと闘っている証拠ともいえます。

発熱~子どもの病気~の画像1

発熱以外の症状をこまかくチェック

熱以外の症状があるか子どもの様子を観察すると、どのような病気なのかの手がかりとなります。例えば、咳がひどく、喘鳴(ぜいぜい、ヒューヒューという呼吸音)がある時は気管支炎や肺炎の可能性がありますし、下痢や嘔吐を伴う場合は急性胃腸炎が考えられます。また、熱中症でも発熱することがあります。病院で受診した際に、いつから発熱しているのか、熱以外にどのような症状が見られるかなどについて、きちんと説明できるようにしておきましょう。

医療機関の受診は必要?目安と注意点

どのような状態の場合に医療機関を受診すればよいのか悩んでしまいますが、基本的には熱が高くても子どもが元気で機嫌も良い様子なら、慌てなくても大丈夫なことがほとんどです。逆に、熱が低くてもぐったりして機嫌が悪かったり、普段とは違う泣き方をするなどの様子が見られる時は、すぐに受診しましょう。また、それ以外に重要なポイントは水分が取れているかどうかです。水分をあまり飲んでくれなかったりおしっこの出方が少ない場合は、脱水症状を起こしている可能性もあるため、早めの受診が必要です。

発熱時、家庭で注意すべきことは?

熱の上がり始めは、手足が冷たくなり寒気を感じることがあります。子どもが寒がっている場合は暖かくしてあげてください。逆に熱が上がり汗をかき始めたら、濡れタオルや氷まくらを使って熱を逃がしてあげましょう。汗で体が冷えないようにこまめに着替えさせることも大切です。また、脱水症状を防ぐために水分は多めに取らせるようにしましょう。水やお茶だけでは汗で流れ出たミネラル分が不足するため、子ども用のイオン飲料や経口補水液などを与えるようにしてくさだい。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 風邪・発熱 小児科 病院

この記事を書いた人

さちえ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 発熱~子どもの病気~