1. >
  2. >
  3. >
  4. No.1営業マンの営業テクニックは、育児にも応用可能なのか?

No.1営業マンの営業テクニックは、育児にも応用可能なのか?

No.1営業マンの営業テクニックは、育児にも応用可能なのか?のタイトル画像

優れたビジネスマンの証である「No.1営業マン」。数々のMVPなどを受賞し、どんな相手をも虜にする素晴らしいスキルをもっていても、なぜか育児はうまくいかない?!そんなときに、自分がもっている営業手法を思い出して、育児に対応してみてはいかがでしょうか?

育児って、じつは営業の連続じゃないだろうかという仮説。

営業スキルとは、いうなれば「問題解決」をするということ。

顧客の問題を見つけて、課題をあぶりだし、そして打ち手を提案し、最終的に相手に買ってもらったり、何かを受注する。というこのステップ。

このステップを新入社員の頃から、常に意識して体系的にやっていた人が、繰り返していくうちに、いずれはNo.1営業マンと成長していくと言われていますね。

そこで今回の本題。

実はこの営業スキル。どうやら育児にも大いに活かせる(ものもある)のです!

子どもを顧客。してほしいことを「受注」とみなし、実際にシュミレーションをしてみました。
この営業スキルを使って、育児という「問題解決」をするべく一つ一つ、分解してみていきましょう!

6つの鉄板営業テクニックがこちら

まず、営業職なら誰でも知っている有名な6つのテクニックをご紹介します。

相手の問題解決をすることが目的の営業職では、

①ニ者択一法

②動作訴求法

③例話法

④部分承諾法

⑤所有暗示法

⑥疑問解消法


以上の6つが有効だと言われています。

①ニ者択一法 ~どちらかを選んでもらう~

これは、何かの契約に迷っている顧客がいるとしても、契約前提で2つのうちどちらか一方へ誘い込むという営業手法です。
お客様はつい、どちらかを選ぶことにより、躊躇いを断ち切るケースが少なくないという話法。

例:「お支払いは一括になさいますか、それとも分割になさいますか。」

これは非常に登場する回数が多いです。

・風邪薬を飲むために少しでも食べて欲しい時 「自分で食べる?ママが食べさせる?」
・勉強してほしい宿題がある時「算数にする?それとも国語にする?」


など、子どもに片方を選択してもらう手法です。

イヤイヤ期のときなどにも応用できます。
「ご飯食べない!」と言っていても「ご飯がいい?パンがいい?」と聞けば「パンー」と言って食べ始めてくれることも少なくありません。

しかしながら、営業の場合は「受注」前提で退路がないような選択肢を提示しますが、子育てでは退路をたつような使用方法はおすすめしません。

②動作訴求法 ~踏ん切りをつけるため、動作を誘発する~

やってほしい動作を誘発することで、踏ん切りをつけるテクニックです。

例:「実際の申し込み手続きは大変簡単でございます。お手元に「入会申込書」があるかと思いますので、まずお手元に出して頂けますか。簡単に説明させて頂きます」

相手にハードルの低い初動を喚起させることで、その後に続くアクションに結び付けやすくする、というものです。

例えばそろそろ幼稚園に行く時間。
でも行かないと言って、子どもが大騒ぎしだしたら・・?

まずは玄関のドアを開けてしまいます!(子どもにとってハードルが低い初動を親がやってしまいます)
目の前の風景が変わると子どもは一気に気分が変わります。
「お?目の前が変わった」と思わせたらしめたもの。
次は一気に「かっこいい(かわいい)靴、はいてみようか?」と誘導します。

靴をはくことだけだったら子どもにとっても精神的ハードルが低く取り組んでくれる可能性が高いです。
靴まではいてしまったら、その後はもう出かけるだけなので、ここで目的であった「受注」が達成されます。

例え話は外出のときでしたが、これは勉強など、子どもにとって精神的ハードルが高いものを取り組んでほしい
時にも非常に有効かと思います。

手始めにかなり簡単なところ、いすに座る。というところから取り組んでもらったり、とりあえず参考書の1ページ目に塗り絵を差し込んだり、と、とにかくかなり低いハードルを用意して、成功体験から入ってもらうということが肝心です。

③例話法 ~身近なもののたとえ話から入る~

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

しつけ・お世話 子育て・育児

この記事を書いた人

ゆきパパ

ゆきパパです。子どもにとって理想の教育や、方法論を妄想するのが好きです。理論と実践!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. No.1営業マンの営業テクニックは、育児にも応用可能なのか?