1. >
  2. >
  3. >
  4. 社会で成功するために必要なのは、IQじゃなくてEQ?それともHQ??

社会で成功するために必要なのは、IQじゃなくてEQ?それともHQ??

社会で成功するために必要なのは、IQじゃなくてEQ?それともHQ??のタイトル画像

昔から言われているIQや心の知能指数を伸ばすEQ、はたまた最近新しく出てきたHQ?子どもにとって本当に必要な能力指数って本当はなんなの?と思っている方に指標としている数値と伸ばし方についてご説明します!

子どもの能力をはかる指標ってなにがあるの?

昔から知能指数をはかる指数として「IQ」が主に使われているかと思いますが、最近はその他に心の知能指数と言われる「EQ」や、IQに代わるのではと言われている知能指数をはかる「HQ」という指数も登場してきていますね。

何がなんだか分からない・・と私も思っているのですが、具体的にひとつひとつどんなものなのか調べてみました!

IQってなに?

知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)とは、数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。IQとは、知能検査の結果を表す数値である。「生活年齢と精神(知能)年齢の比」を基準とした「従来の知能検査」と、「同年齢集団内での位置」を基準とした「知能検査」の2種類があるが、従来の知能検査はあまり使われなくなりつつある。また、検査によってはより細かい「言語性知能検査」と「動作性知能検査」も決定する。

皆さんも、学生のときにIQテストというものを受けたことがあるかもしれません。
そのくらい昔から使われている、知能をはかる指標のようです。

EQってなに?

心の知能指数(こころのちのうしすう、英: Emotional Intelligence Quotient、EQ)は、心の知能 (英: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標である。心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、また自分の感情をコントロールする知能を指す。
比較的新しい概念のため、定義はいまだはっきりとしていない。後述するジョン・D・メイヤー[1]のように、感情表現の技術とその知能指数を区別する研究者もいる。

うーん、難しくってよくわかりませんね。
色々と調べてみた結果、EQとは私の解釈によると以下の通りです。

知能指数が高い、いわゆる世の中的に頭がよいと言われているだけでは、どうも社会的成功が難しい側面がありそうだとわかった。
そこで新たな指標として生まれたのが、知能指数以外で、
社会で生きるために必要な能力のひとつとして捉えられている、EQという心の知能指数である、ということ。


EQを構成していると考えられる概念は以下の5つです。

社会で成功するために必要なのは、IQじゃなくてEQ?それともHQ??の画像1

自分を認識する力

自分の感情を理解して、自分を落ち着かせることができる能力。
例えば「日記をつける」ことなどによって、自分の感情と向かい合い、それを認識する。
また、そういった風に自分を振り返る時間をもつことが必要。

自分をコントロールする力

怒りを感じたとき、すぐに手が出てしまうなどの行動をしてしまわないよう、自分をコントロールする能力が必要です。
例えば怒りを感じた時には、○○をすると自分は落ち着く、などという、自分を制御したりクールダウンするすべを持っていると良いです。

楽観的で前向きであること

日本人はアメリカ人よりも物事を深刻に受け取る傾向があるらしいので、楽観的で前向きに物事に取り組めるように感情をコントロールする必要があるとのこと。
失敗してもこのくらいの損失だから大丈夫だ、などと、失敗の大きさを把握できていれば失敗することの怖さが少し減るかも?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子どもの成長・発達 子育て・育児 教育 遊び・教育

この記事を書いた人

hiroko3

2人の子どものママです。
ただいま育児真っ最中ー!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 社会で成功するために必要なのは、IQじゃなくてEQ?それともHQ??